月経量が多くなる@漏れ出る編

●「月経過多」とは?

生理は1カ月に1回おき、1回につき3〜5日間にわたって持続することものとされる。月経量が通常よりも多いものを「月経過多」という(周期は正常である)。

 

●月経量が多くなる原因について

月経量が多くなる原因は大きく二つに分類される。ひとつめは「子宮内に血液を留めておくことが出来なくて出血が持続すること(漏れ出るタイプ)」。二つ目は「熱により子宮が過活動状態になること(熱タイプ)が挙げられる。

 

●「漏れ出るタイプの月経過多」(東洋医学的分類)

「子宮内の血液」は五臓の役割によって保持されている(主には消化器(脾)・腎が担っている)。「脾」および「腎」の働きが弱くなることは、血液を子宮内に留めておく力の低下を意味する。漏れ出るような形となり、通常よりも経血量が増加してしまう。以下、代表的な2パターンについて解説する。


@脾虚弱月経過多(消化器虚弱・内臓下垂タイプ)

脾(消化器)のはたらきの低下に起因する。五臓の「脾」は脈管に血液を留めておく役割を有する。月経においては子宮内に血液を留めて力が低下することで月経過多が生じる。主に飲食の不摂生が続くこと・過度の労働や思い悩みなどが原因となる。

(特徴)経色は希薄か淡紅色・腹部の下垂感を伴う

(全身症状)疲労感・ボソボソ声で話す・顔色は黄色い・食欲不振・下痢・手足のむくみ

 

A衝任虚寒月経過多(冷えタイプ)

冷えは子宮の働きを低下させてしまう。子宮の働きである血液を子宮内に留めておく作用が低下し、月経量の増加が確認される。もともと身体の温める力が弱い体質であったり、若年の出産・出産過多などが原因となる。

(特徴)月経後半に下腹部の痛み(温めると痛みは軽減し、冷えると痛みは増強する)

(全身症状)下腹部の冷え・腰が冷えて重だるい・小便の量が多い・下痢など

 

「熱タイプの月経過多」はまた次の機会に・・・・。

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医症候鑑別診断学」 人民衛生出版社

「問診のすすめ」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《生理痛/生理不順》に収められています。

月経量が多くなるA過活動編

先日の続き。本日は熱(過活動)タイプの月経過多について解説していきます。

 

●「過活動タイプの月経過多」(東洋医学的分類)

活動を活発にする要素は何をイメージされるだろうか?東洋医学では「熱」が身体の活動を活発にすることが多い。体の中の熱が盛んになること(実熱)はもちろん体の中の潤い・保湿成分を損傷すること(虚熱)ことからも「熱」は生み出される。五臓六腑の失調・または気候を感受することにより生じた熱が子宮内におよぶことで、子宮は活動が活発になり、通常よりも経血量が増加してしまう。以下、代表的な3パターンについて解説する。


@肝火上炎月経過多(ストレスタイプ)

突発的な感情刺激や身体の中を巡る力の低下が長期間続くことは体内に激しい熱を生じさせる。生じた熱が子宮ないし子宮へ血液を供給するルートに侵襲することで、子宮は活動が活発になり月経量の増加が現れる。

(特徴)月経周期は早まることが多い・経色は鮮紅色ないしく暗紅色

(全身症状)胸脇部分の張り感・口が苦い・イライラ感・眩暈・頭痛など

 

A肝腎陰虚月経過多(潤い不足タイプ)

身体の潤い成分の不足は身体の中に微弱な熱を生じてしまう。生じた熱が子宮ないし子宮への血液供給ルートへ侵襲することで、子宮は過活動状態となり月経量は増加する。潤いが不足する原因としては、出血過多・慢性病を患っていること・過剰な性生活・飲酒過度などが挙げられる。

(特徴)経色は鮮紅色または暗紅色

(全身症状)目の渇き・膝腰が重だるい・寝汗をかく・痩せる・便秘など

 

B湿熱阻滞月経過多(冷えタイプ)

体内の余剰水分が長期間停滞することで熱をおびてしまう。生じた熱が子宮内および子宮への血液供給ルートへ侵襲することで子宮は過活動状態となり月経量の増加が生じる。余剰水分・熱を生じさせる原因としては、湿気の強い環境・油濃いもの・味の濃いもの・甘いもの・味の濃いものの過食などの飲食不摂生に由来することが多い。

(特徴)経血は粘液が混じることがある・月経前後に黄帯が増える

(全身症状)陰部の湿り感・手足の湿り感やむくみ・口がねばるなど

 

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医症候鑑別診断学」 人民衛生出版社

「問診のすすめ」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《生理痛/生理不順》に収められています。

月経量が少なくなる@不足編

●「月経過小」とは?

生理は1カ月に1回おき、1回につき3〜5日間にわたって持続することものとされる。出血量が正常時に比べて顕著に減少し、月経期間が短くなることがある。これは、東洋医学では「月経過小」と称され、婦人科疾患の原因となることも多い。

 

●月経量が少なくなる原因について

多くは、「栄養や血液不足のため子宮内の血液が空っぽになること(血液不足)」が原因と考えられている。その他、「子宮へと血液を供給するルートに何かしらの滞る物質が生成されること(滞り)が挙げられる。

 

●「血液不足タイプの月経過小」(東洋医学的分類)

「月経量が少ない」とはどういうことであろうか?まず最初に、子宮に溜まっている血液の量が少ないことが挙げられる。子宮内の血液は、五臓六腑で生成された血液が衝脈任脈(五臓六腑と子宮をつなぐ血液の通り道)を通じて供給される。つまり五臓六腑の失調により体内の血液が不足してしまうと、子宮内の血液も不足してしまうのである。五臓は大きく「脾(消化器)」・「肝(血液の貯蔵庫)」・「腎(生まれながらに保持いているもの)」が密接にかかわっている。

 

@血虚月経過小(血液不足タイプ)

体内に保有する血液が不足することに由来する。大病・長患い・慢性出血・出産過多などにより血液不足を生じ、経血量が顕著に少なくなる。甚だしい場合にはほとんど出血量は見られない。

(特徴)経血量は著しく減少・滴下上の出血が見られ、経色は淡色、経質は清希(黄色い水のようになることも)である。

(全身症状)小腹部がなんとなく痛む、動悸、眩暈、ドライアイ、顔色は青白いなど


A脾胃虚弱月経過小(消化機能低下タイプ)

脾胃(消化器)の消化・吸収機能の低下に起因する。飲食物の栄養素か血液を生成するための必要量が不足しているため、月経時の経血量が顕著に少なくなってしまう。甚だしい場合にはほとんど出血量は見られない。飲食の不摂生が続くこと・過度の労働や思い悩みなどが原因となる。

(特徴)経血量は著しく減少・滴下上の出血が見られ、経色は淡色、経質は清希である。

(全身症状)帯下の量は多い・顔色は黄色い・食欲不振・下痢・手足のむくみ

 

B腎虚月経過小(先天不足タイプ)

五臓の「腎」の損傷による。生まれながらにして生殖機能が弱いこと・性生活の不摂生・出産過多・加齢などにより、「腎」のはたらきが弱まることでを血液生成の源が減少・尽きてしまい出血量の著しい減少・月経期間の短縮がみられる。甚だしいケースではほとんど出血は見られない。

(特徴)経血量は顕著に減少する・経色は鮮紅色・淡紅色となる

(全身症状)膝腰の無力感・かかとの痛み・めまい・耳鳴りなど

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医症候鑑別診断学」 人民衛生出版社

「問診のすすめ」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《生理痛/生理不順》に収められています。

月経量が少なくなるA滞り編

先日の続き。本日は「滞りタイプの月経過小」について説明したいと思う。


●「滞りタイプの月経過小」(東洋医学的分類)

体内へきちんと血液を作りだすことができたとしても、子宮へ血液を供給するルートに何かしらの滞る物質が生じることでルートの運行に障害が出来る。血液の運搬を阻害する原因としては、冷えや余剰な水液物質(ベタベタしており他の物質の運行を邪魔する)などが挙げられる。多くは五臓六腑の失調・外的環境要因(寒冷・多湿・長時間の同一姿勢・ストレス)などにより生じることが多い。以下、代表的3パターンの解説に移りたい。


B痰湿阻滞月経過小(水液ベタベタタイプ)

体内に生じた余剰水分が血液の運行を阻害すること・また子宮内に入り子宮の活動を停滞されるため生じる。余剰水分は食事の不摂生により消化・吸収機能が低下することや多湿な環境により生じることが多い。

(特徴)経量が少なく色は淡い・ネバネバしている・白帯を排出することが見られる。

(全身症状)手足や陰部、全身の湿り気を伴う・肥満体形であることが多い・食欲不振・全身倦怠感・むくみ・下痢など

 

C血オ月経過小(血液凝固タイプ)

血液凝固した結果、血液運行が阻害されることにより生じる。長時間の同一姿勢やストレスフルな環境・精神抑鬱状況にさらされることにより全身の循環力の低下が低下することが原因となる。はなはだしければ出血はほとんど見られない。

(特徴)月経血量は顕著に減少・紫黒色で血塊を伴う・小腹部に張りや痛み(血塊排出後に痛みは軽減する)など

(全身症状)月経前に胸部が脹る・皮膚がカサカサする・舌に赤い点々が見られるなど


D寒凝胞宮月経過小(冷えタイプ)

体内に生じた冷えが子宮および子宮の活動低下をもたらし生じる。冷たいものや身体を冷やすものの食べ過ぎ・飲みすぎ・寒冷な環境や雨に濡れて身体をそのままの状態にし身体を冷やすことが原因となる。

(特徴)経血色は暗紅色〜暗黒色、血塊が混ざる・腹部は痛むがあたためると軽減することが多い。

(全身症状)顔色白い・手足は冷える・さむがるなど

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医症候鑑別診断学」 人民衛生出版社

「問診のすすめ」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《生理痛/生理不順》に収められています。

月経周期の延長@血虚編

月経開始が7日以上遅れるものや周期が40~50日になるものを「経行後期(けいこうこうき)」・「経期錯後(けいこうさくご)」・「経遅(けいち)」という。

 

代表的な原因としては、以下の3パターンが挙げられる。

「体内に保有する血液が少なく生理時に充血しないもの」(血虚)

「子宮の活動力の低下・子宮への血液流入スピードの低下」(血寒・陽虚)

「血流の運行が阻害されるもの」(気滞・血・湿阻)

 

●血虚による経遅について

血とはいわゆる血液を指す。血液が虚する(不足する)ことによって子宮内の血液がなかなか充足できないために月経周期の遅れが生じる。

血液不足ゆえに経血の量は少ない。色は淡紅色であり、腹痛を伴うことは少ない。

血虚が生じるパターンは以下の通り。随伴する身体症状も異なる。

 

@消化器虚弱型(脾胃虚損)

もともとの体質や飲食の不摂生が原因で消化器機能が低下することによる。飲食物より栄養分が吸収できないため、栄養、血液不足となる。

身体症状としては、食欲不振・食事量の低下・四肢の倦怠脱力感・下痢・顔色に艶がないなどが出現する。

 

A肝腎虚損型

体質や慢性出血・出産過多などが原因で血液不足状態となる。

また、五臓の「肝」は血液の余りを貯蔵するとされ、「腎」が貯蔵している「精」は「血液」に変化するとされている。ゆえに「肝」「腎」の機能低下は栄養、血液不足を招く。

身体症状としては、目のかすみ・筋肉がつる・めまい・膝腰が重だるいなどが出現する。

 

今回は「血虚」による月経周期の延長について解説致しました。

その他2パターンはまたの機会に。


スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医症候鑑別診断学」 人民衛生出版社

「問診のすすめ」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《生理痛/生理不順》に収められています。

月経周期の延長A冷え編

月経開始が7日以上遅れるものや周期が40~50日になるものを「経行後期(けいこうこうき)」・「経期錯後(けいこうさくご)」・「経遅(けいち)」という。

 

本日は、「子宮の活動力の低下・子宮への血液流入スピードの低下」(血寒・陽虚)について解説をしたいと思う。

 

●腎陽虚による経遅

体を温める力が少ないことが原因。冷えが血液の運行に影響(スピードを遅くする)した結果、月経が遅くなる。

もともとの体質や慢性病が原因で体の温める力が不足してしまう。

(月経の特徴)経量少なくサラサラとしている・経色は暗紅色で小さな血塊を伴うことも

全身症状)シクシクとお腹が痛むが温めると楽になる・下痢、小便の量は多く色は薄い・脈は弱々しいなど 


●血寒による経遅

冷えが体内に生じた結果、血液の運行を停滞させることが原因となる。

月経時に冷たいものを食べすぎたり、雨の中濡れて体を冷やすなどにより体内に冷えを生じさせる。

(月経の特徴)経量は少ない・経色は暗紅色・血塊を伴うことが多い。

(全身症状)下腹部にいる冷えと痛みがあり温めると軽減・寒さを恐れる・四肢の冷え・顔面が真っ白など

 

今回は「冷え」による『月経周期の延長』について解説致しました。次回は「滞りによる月経の延長」に続きます。

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医症候鑑別診断学」 人民衛生出版社

「問診のすすめ」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《生理痛/生理不順》に収められています。

月経周期の延長B滞り編

本日は「子宮への気血の運行が停滞して起こる月経周期の延長」(気滞・血オ・湿阻)について解説をしたいと思う。

 

●気滞による経遅

身体の循環力が低下した結果、血液の運行にも影響が及び、子宮へ血液が充満されることに時間がかかることで月経周期の遅れが生じる。

精神面が大きく関与するとされ、精神的な抑うつ状態が続くことや突発的な怒りの感情により生じることが多い。

(月経の特徴)1週間以上の月経の遅れ、経血の量は少なく、血塊を伴うこともある

(全身症状)胸の張り、ものを食べらがらないなど


●血オによる経遅

血液が凝滞してしまり、血流が悪くなってしまうために子宮へ経血が下らないことにより生じる。

血オ形成の原因としては、上記気滞(身体の巡りの低下)からの展開や冷えなどが挙げられる。

(月経の特徴)経量は少ない・経色は暗紅色・血塊を伴うことが多い・刺すような痛みがある。

(全身症状)胸の張り感・ものを食べたがらない…気滞によるもの

下腹部に冷えと痛みがあり温めると軽減・寒さを恐れる・四肢の冷え・顔面が真っ白…冷えによるもの

 

●痰湿阻滞による経遅

体内の水液物質の巡りが悪くなることにより生じる。同時に血液の運行も阻害されてしまい、血流が悪くなってしまうため子宮へ経血が下らずに生じる。

ジトジトと湿気の強い環境に長時間いること・油濃いもの味の濃いものアルコールの常飲などが血液運行の阻害要因となる。

(月経の特徴)経量は少ない・経色は淡く粘稠度がある

(全身症状)手足のむくみ・平素より白帯が多い・痰が多く出る・動悸・息切れ

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医症候鑑別診断学」 人民衛生出版社

「問診のすすめ」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《生理痛/生理不順》に収められています。

月経周期が早くなる@熱編

月経が正常の周期よりも1週間以上早くことを「経行先期」・「月経先期」・「経早」などという。

甚だしい場合には、生理が1カ月に二回くるものもある。

 

生理周期が早まる原因は東洋医学上では、『熱(ねつ)』や『気虚(ききょ)』によるものが多い。

今回は、『熱タイプにおける生理周期が早まる原因』を解説していきたいと思う。

 

●熱タイプの経行先期について

体内に生じた熱が子宮の活動および子宮へ血液などを供給するルートに作用することで経行先期が生じる。子宮内へ流入する血液のスピードが早まる、子宮の活動が活発になるイメージか。

どこの五臓が失調するか、熱の程度などによって、経血の量や色・身体に出現する症状が異なる。

 

@腎陰虚による経行先期(潤い不足タイプ)

体内の保湿物質が不足することで相対的な熱が生じ、生じた熱が子宮の活動を活発にさせることで経行先期が生じる。体内の潤い物質が不足は、出産過多・多産・長期間病を患うこと・加齢などにより出現する。

経血は鮮紅、暗紅でねばり気がある、量は少ないといった特徴がある。

痩せ、両頬が赤い、寝汗、手足胸がほてるなどの身体症状が見られる。


A血熱による経行先期(熱盛タイプ)

熱が血流スピードを上げ子宮内に流入することで生じる。もともと身体を温める力が盛んであったり、辛い食べ物の食べ過ぎ、高温な気候が体内に作用することなどが熱が生じる原因となる。

血量は比較的多く、紫紅色でネバネバすることが多いといった特徴がある。

口が乾いて冷たいものを飲みたがる、顔が赤い、便秘、小便は黄色いなどの症状が出現する。


B肝火による経行先期(ストレスタイプ)

熱が血流スピードを上げ子宮内に流入することが原因となる。熱が生じる原因としては精神抑鬱などで体の巡りが停滞した後、更に長期間停滞することや急激な精神刺激が加わることが挙げられる。

経血の量に増減が見られたり、色は赤、時に血塊が混ざることが特徴。

胸部やお腹の張った痛み、怒りやすいといった身体症状が見られる。

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「わかる中医学入門」 燎原出版社

「中医病因病機学」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《生理痛/生理不順》に収められています。

月経周期が早くなるA気虚編

月経が正常の周期よりも1週間以上早くことを「経行先期」・「月経先期」・「経早」などという。

甚だしい場合には、生理が1カ月に二回くるものもある。

 

生理周期が早まる原因は東洋医学上では、『熱(ねつ)』や『気虚(ききょ)』によるものが多い。

今回は、『気虚(エネルギー不足)タイプにおける生理周期が早まる原因』を解説していきたいと思う。

 

●気虚タイプの経行先期について

子宮内に存在する血液は五臓から供給されたエネルギー(気)によって子宮内に留められている。

五臓の力が弱まり子宮内のエネルギーが不足した結果、血液は子宮内へ留まることが出来ず月経が早く来潮してしまう。

子宮に血液を留めておく作用は、主に「脾」の「統血(とうけつ)作用」・「腎」の「封蔵(ふうぞう)作用」が関与する。

どちらが失調するかによって、経血の量や色・身体に出現する症状が異なる。(脾・腎双方が弱まるケースもある)

 

@脾気虚による経行先期(消化器虚弱タイプ)

血液が子宮内に留めておくことが出来ないことに由来する。これは、五臓の「脾」の「統血」作用(血液が漏れ出ないように留めておく力)の低下に由来する。脾の力が弱まる原因としては、もともと消化器が虚弱である・飲食の不摂生により消化器が損傷されることによって生じる。

経血は淡く、さらさらした性状、量は多いといった特徴がある。

全身倦怠感・落ち着きがない・息切れがする・食欲不振・下痢などの身体症状が見られる。


A腎気虚による経行先期(下半身虚弱タイプ)

血液が子宮内に留めておくことが出来ないことに由来する。これは、五臓の「腎」の「封蔵」(生理物質を体内に収め漏らさず蓄える力)作用の低下に由来する。腎の力が弱まる原因としては、加齢、早婚、生まれた時からの虚弱体質、多産などが挙げられる。

経血は淡く、さらさらした性状、量は多いといった特徴がある。

頻尿、膝腰の重だるさ、顔が青白いなどの身体症状が見られる。

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医症候鑑別診断学」 人民衛生出版社

「わかる中医学入門」 燎原出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《生理痛/生理不順》に収められています。

生理周期がはやくなるB血オ編

月経が正常の周期よりも1週間以上早くことを「経行先期」・「月経先期」・「経早」などという。

甚だしい場合には、生理が1カ月に二回くるものもある。

 

前回までに解説した『熱(ねつ)』や『気虚(ききょ)』によるものが多いとされるが、番外編として『血オにおける生理周期が早まる原因』を解説していきたいと思う。

 

●血オの経行先期について

経行先期の原因となる子宮の「血オ」状態とはどのような状態であろう?

シンプルなイメージでいうと、「血液を溜める器が小さくなった」状態である。

あくまで例であるが、今まで5リットル溜められていた器が、1リットルしか溜められない状態となる。

通常よりも小さい器となってしまい血液が少量しかないため生理周期の早まりが生じる。

 

●血オ状態となる原因について

長時間同一姿勢で過ごすことなどの物理的圧迫などが起因となる。

物理的圧迫は身体の循環力の低下をもたらす。子宮内の巡りが悪くなることは子宮内の活動力低下や血流低下を生じされるために、血オ状態が生じる。

その他にも手術跡・ストレス・湿気・冷え・熱なども血オ形成の原因となる。

 

●月経の特徴・身体症状

経血は紫暗色・血塊を伴うことが多い。一般的に初期に多くの出血が見られ、その後少量の出血が続く。

お腹が張って押されると苦しい・舌に赤い点々が見られるなどの身体症状が出現する。

 

上記より、@「血の巡りをよくする」(活血化オ)とともに、A「血オを形成する要因」にも着眼して治療を行っていきます。

(ex.冷え体質が原因で血オが形成されるのであれば@に加え、身体を温める力を高める治療を加える)


スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医症候鑑別診断学」 人民衛生出版社

「わかる中医学入門」 燎原出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

 

 ※新着時期を過ぎると左サイドバー《生理痛/生理不順》に収められています。

月経周期が不規則になる

月経周期が一定ではなく、早くなったり遅くなったり不安定となるものを「経乱」・「経行前後不定期」と指す。ただし、閉経期前後の周期の不安定な状態は除かれる。


以下、代表的な2パターンについての解説をする。

「月経周期の早まり(経早)」・「月経周期の延長(経遅)」が混在していることが確認できる。

 

@肝鬱腎虚経行前後不定期

「肝」は全身の気の動きを調整する。働きが悪くなることで子宮内への血液運行が停滞し充満するのに時間を要する。そのため「肝」の失調は、月経周期の延長(経遅)が生じる。

対して「腎」の封蔵作用は血液を子宮内に溜めておく作用を有する。そのため、「腎」の失調は子宮内にある血液を留めることができないため月経周期の短縮(経早)が生じる。

月経の短縮・延長が双方の失調により生じ、月経周期の乱れとして現れる。

(原因)

肝…長期間ストレスにさらされる、精神的な抑鬱が続く、突発的な精神的ショックを受けるなどの精神的な面なものに大きく左右される

腎…もともとの虚弱体質であること、長期間病を患うこと・出産時の失血過多など

(特徴)

経量がバラバラである

(身体症状)

イライラ感・精神抑鬱・胸脇部の張り感・よくため息がつく・お腹がガスっぽい・膝腰の重だるさ・めまい・耳鳴り・性欲減退など

 

A脾虚(心脾両虚)経行前後不定期

大きく「脾」に関与しており、@運化(うんか)の失調とA統血(とうけつ)作用の失調による。

「運化」の失調により、飲食物から栄養・エネルギーを生みだすことが出来ず全身の気血不足が生じる。子宮へ運搬される血液量も不足し、血液が充満されるために時間を要することから月経周期の延長(経遅)が生じる。

「統血」の失調により、子宮内に留めてある血液が漏れ出てしまうため、月経周期の早まり(経早)が生じる。統血作用は血液を脈管から漏れ出ないようにする作用があるとされる)。

月経周期の早まり・延長双方が生じ、月経周期の不規則が生まれる。

なお長期的な脾の失調により「心」にも波及するケースが見られる。

(原因)

飲食の不摂生・働き過ぎる・思い悩みすぎ

(特徴)

経色は淡紅色・量は少ない

(身体症状)

顔色は黄色い・倦怠感・息切れ・声に力ない・不眠・眩暈・動悸など

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医症候鑑別診断学」 人民衛生出版社

「問診のすすめ」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

 

 ※新着時期を過ぎると左サイドバー《生理痛/生理不順》に収められています。

経血がサラサラしている(経血清稀)

経血の性状がサラサラとしており、希薄な状態を中医学では「経血清稀」という。

経質が直接の治療対象となることは少ないが、婦人科系の症状の鑑別・診断や全身の状態を把握する上で重要な情報となる。

 

●経血がサラサラするということ

あくまでイメージであるが、血液は「血球成分」と「液体成分」により構成されている。通常に比べて血球・液体のバランスが崩れることで経血の状態に異常をきたすと考えられる。血球成分が少なくなるか、液体成分が過剰となるか。いずれかのパターンにより経血の性状がサラサラしてしまう。以下の情報をもとに、中医書における「経血清稀」の5パターンを解説していきたい。

 

@血虚経血清稀

体内に保有している血液成分の不足に由来する。失血過多や多産などにより体外への血液の排出により、子宮へ供給する割合が少なくなることが原因となる。失血・貧血症状が見受けれられる。

(特徴)月経の遅れ・量は少ない・月経後お腹がシクシク痛む

(身体症状)顔が白い・眩暈・動悸・不眠など


A気虚経血清稀

消化器の低下により飲食物から十分に栄養(ここでは血液成分を構成するものを指す)を消化・吸収できないことに由来する。消化機能の低下は飲食の不摂生他・考えすぎや働き過ぎによる疲労などにより生じる。

(特徴)経色は淡い・月経が早まる・量は多い・不正出血が伴うなど

(身体症状)息切れ・ボソボソ声で話す・寒がり・精神抑鬱感など


B肝腎陰虚経血清稀

血液成分に関わる五臓の失調に由来する。五臓の「肝」は血液の貯蔵庫とされ、「腎」は血液の元となる成分を貯蔵しているとされている。「肝」「腎」が損傷することは身体における血液不足を生じさせる。その結果、子宮に満たされる血球成分は不足してしまい、経質はサラサラとしてしまう。「肝」「腎」の虚損は長患いや飲酒過多などが原因となる。

(特徴)経色は鮮紅色・月経の遅れ・量は少ない

(身体症状)両頬が赤らむ・手足と胸部の熱感・動悸・不眠・眩暈・耳鳴り・膝腰が重だるい


C寒湿経血清稀

余剰水分が子宮に流入されることが原因となる。主に冷え・湿気により消化器の働きが低下することに由来する。湿気の強い環境に長期間居住していたり、月経時に雨に濡れたままの状態でいることなどが原因とされる。

(特徴)経色は紫暗色(黒豆汁のようとされる)・血塊を伴う・月経時の下腹部の冷えや痛み

(身体症状)白色のおりものが多い・腰がだるく体が重だるい・下痢など


D脾腎陽虚経血清稀

余剰水分が子宮に流入されることにより生じる。体内の水液代謝は臓腑の「脾」「腎」が強調して行っている。これらは一定の温かさがあることで正常に水液代謝を行うが、冷えることで代謝異常が生じ余剰水分が生み出されてしまう。冷えの原因としては、もともとの冷え体質はじめ生ものや冷たいものの過食、身体を冷やす作用がある食材を多量に食べることなどが挙げられる。

(特徴)経色が淡い(水のようとされる)・月経期に唇や顔が青白くなるなど

(身体症状)手足の冷え・下腹部の冷え・白色のおりものがおおい・下痢・頻尿など

 

血液がネバネバする解説は、コチラから。

 

スタッフ杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「漢方用語大辞典」燎原

「問診のすすめ」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「中医病因病機学」東洋学術出版社

経血がネバネバしている(経質粘稠)

月経の性状を「経質」という。正常な経血は、薄からず濃からず、凝結や血塊なく特殊な臭気をもたないものを指す。経質の変化(経血がネバネバすること)は重要な情報となることが多い。

 

●経血がネバネバするということ

理由の多くは「熱により血液が濃縮されること」が挙げられる。この「熱」がどのように発症するかによって分類が行われる。「感情」・「循環力低下(滞り)」・「余剰水分」などが代表的である。詳細については、下記3パターンを参照いただきたい。


@心肝火旺経質粘稠(ストレス・精神疲労タイプ)

熱により子宮の血液が濃縮されることにより生じる。体質として身体を温める力が旺盛であること・辛いものの食べ過ぎ・鬱々とした気分が長時間続くこと・心労などが熱を生じる原因となる。

(特徴)経血は紫赤色・量は多い(甚だしければ勢いよく排出される・ポタポタと点滴される)

(身体症状)動悸・怒りやすい・顔や目が赤い・眩暈・不眠・鼻血など


Aオ熱内結経質粘稠(滞りタイプ)

熱により子宮の血液が濃縮されることにより生じる。多くは体内の循環力が低下し血流が緩慢になっる事に加えて、長期間滞ってしまうことで熱化してしまうことが原因となる。その他、月経時や産後に熱性を伴った外的環境(気温・気候など)が子宮に侵襲することが挙げられる。

(特徴)月経周期が早まる・量は多い・経色は紫暗色・血塊を伴う

(身体症状)下腹部の刺すような痛み(押されると苦しい)・口の渇きなど

 

B湿熱結経質粘稠(水液余剰タイプ)

熱により子宮の血液が濃縮されることにより生じる。熱の発生原因は飲食の不摂生・働き過ぎ・考えすぎなどのよる消化機能の低下に由来する。消化・吸収機能の低下は体内に余剰な水分を生み出し、また長期間巡らず排出もされないことで水液物質は熱気をおびてしまう。熱気をおびた余剰水分が子宮へ侵襲することで子宮の血液が濃縮される。

(特徴)月経周期が早まる・経血量は多い・臭気を伴う・暗赤色

(身体症状)頭の張りや重さ・大便がベドベドしている・臭気を伴うおりものが多く排出される・陰部の痒みなど

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「漢方用語大辞典」燎原

「問診のすすめ」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「中医病因病機学」東洋学術出版社

経色が暗い(経色紫暗)

今回は「経色が赤みが濃い」という状態について東洋医学的に解説していきたいと思います。

「正常な経色」について・「経色が薄い」という状態の解説はコチラから。


●経色が暗くなるということはどのような状態か?

ポイントとしては、「血の運行障害」が考えられる。どうして運行障害が生じるのか?主な理由としては、血液循環が「滞る」こと・「冷え」により血分が凝集すること(脈管が収縮することも考えられる)・「熱」により血分が煎じ詰めることなどが挙げられる。以下、中医書に記載される4パターンについて解説を行うので詳細はそちらを参照にしていただきたい。

 

@オ熱内結経色紫暗(熱タイプ)

熱により血分が煎じ詰められることで、水分が蒸発し、血分濃度が上がることで経色が暗くなるイメージ。熱が生じる原因としては@産後・月経時など子宮が弱っている状態に外的環境(ここでは熱性)が侵襲すること・A素体として子宮に血が残留しており、長時間停留することで熱化することなどが挙げられる。

(特徴)経血はネバネバした性質・血塊を伴う

(身体症状)唇赤い・口あ淡く・お腹を押されると痛い・黄色く粘稠性あるおりものが出るなど


A気滞血オ経色紫暗(滞りタイプ)

ストレスなどの精神的な刺激が身体に作用し、全身の循環力が低下する。血液運行においても滞りが生じてしまい、子宮の血流も滞ってしまうことで経色が暗くなってしまう。精神的な刺激は、精神抑鬱・急激な感情の変化(急に怒る)など

(特徴)血塊を伴うことが多い

(身体症状)精神抑鬱感・胸の張り・腹部が刺すように痛いなど


B寒気凝滞経色紫暗(冷えタイプ)

冷えによる血液運行の滞りが原因となる。冷えは産後・月経期に身体を冷やす食べ物を摂取すること・雨に濡れたままの放置していること・あるいは寒冷な環境に身を置くことなどにより生じる。停滞した血液は冷えにより凝集することで血液濃度は上がり、経色は濃く(暗く)なる。

(特徴)経血はサラサラした性質・血塊を伴う腹痛は月経期・月経前に生じることは多い・絞られるような腹痛を伴う(冷やすと悪化し温めると緩和される)

(身体症状)手足の冷え・顔は青白い・唇は青いなど


C血虚有寒経色紫暗(冷え+血液不足タイプ)

B同様に子宮の冷えによるものであるが、子宮の血液不足が主として挙げられる。失血過多・慢性病などにより子宮の血液が不足した上に環境からの冷えが加わる。Bと比較し、全身的な血液不足症状が出現する。

(特徴)あんこ状の経血・サラサラとした性質・腹部はシクシクと痛む

(身体症状)顔色は血色ない・頭がクラクラする・目がかすむ・動悸など

 

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「漢方用語大辞典」燎原

「問診のすすめ」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「中医病因病機学」東洋学術出版社

経色が淡い(経色浅淡)

●望ましい経血の色とは?

月経の血色を「経色」という。正常の経血は紅色が望ましいとされている。

最初は薄い色で中間で深みを増し、最後にまた淡紅色なるものが望ましい。色が淡いまた反対に濃くなることは身体の異常所見とされ、身体の状態を考える中でも重要な情報となる。

 

●経色が薄くなるということ

紅色が薄くなるということは、現代医学の言葉を借りると「子宮内の血液量(血球成分)が少ないこと」が挙げられる。それは、出産・外傷など失血による血液不足・飲食物から生成することが出来ないことによる「量」の不足、体内では十分生成されているが子宮までの供給ルートに何らかの阻害因子が存在するなど「供給」の問題が挙げられる。また血液を構成する水液物質の割合が過剰となる場合も経色が薄くなるのではないかと考えている。

今回は以下、中医書に記載されている4パターンについての解説を行っていきたい。

 

@血虚月経浅淡(血液不足タイプ)

血液成分の不足のために生じる。出産過多・出血過多などの失血により身体に保有する血液が少ないことが原因となる。子宮内・子宮へと供給する血液が不足し、血液成分(赤みのある)が少ないため経色の赤みが薄いといった状況が生じる。

(特徴)月経期間は延長し、経量も少ない(子宮内の血液が少ないため)

(身体症状)シクシクしたお腹の痛み・顔色は彩ない・頭の揺れ・眩暈・動悸・不眠など


A気虚月経浅淡(血液生成不足タイプ)

@と同様に血液成分の不足により生じるが、違いとして飲食物から「血液成分が生み出せない」ことに由来する。主には消化器(脾)の機能低下に由来する。飲食物から血液成分が必要量生成できないために、子宮への供給量が不足することにより生じる。身体症状としても消化器の虚弱症状が見られる。

(特徴)経血はサラサラした性状である・周期は早まり量は多い・不正出血が生じることもある

(身体症状)顔色は白い・全身倦怠感・何もしなくても汗がでるなど


B脾腎陽虚(冷えタイプ)

冷えによる子宮の活動低下・余剰水液の生成により生じる。冷えは長患いや長時間の下痢症状により生じる。余剰水分は水液物質の消化・吸収機能の低下および排出機能の低下により生じる。余剰水分が子宮へ注がれ、血液構成の比重が高まることで、経色が薄まりが見られる。

(特徴)経血の性状はサラサラしている・血塊を伴うことも

(身体症状)手足の冷え・顔は青白い・お腹は冷えて痛む・下痢・膝腰が重だるいなど


C痰湿下焦(水液ベタベタタイプ)

余剰水分が子宮への血液供給ルートを阻害し、子宮へと注がれる血が少なくなることにより生じる。体内に存在する余剰水分は飲食の不摂生などによる消化器の消化・吸収機能の低下から生じる。

(特徴)ネバネバとした性状となる・おりものもネバネバしている

(身体症状)胸やお腹の張り・時折吐き気・痰や唾が多く出る・顔色は黄色いなど

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「漢方用語大辞典」燎原

「問診のすすめ」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「中医病因病機学」東洋学術出版社

月経の中断(経来しゅう止)

●経来しゅう止(けいらいしゅうし)とは?

月経の1〜2日目に突然月経が停止しその後再開するものを指す。「閉経」とは別の概念として分類されている。

 

●月経が中断する理由

中医書を眺めていく中で考えられる理由は大きく二つ。一時的に子宮の働きが低下するか・血液が凝固(血オ)状態になることが考えられる。環境・精神面から生じる記載が多く見られる。もちろん五臓六腑の失調によるものもある。

 

●月経の中断(東洋医学的分類)

@熱入血室経来しゅう止(熱タイプ)
高温な環境などを身体が感受し、感受した熱が子宮に侵入する。子宮内に及んだ熱が血液を煎じ詰めることで、月経の中断が生じる。月経が来潮したタイミング・産後などに生じやすい。
(特徴)
 お腹の刺すような痛み、風邪の初期症状が生じる(さむけ・発熱)。
(全身症状)
 胸脇部の脹満感・口が苦く咽が乾くなど


A寒凝血オ経来しゅう止(冷えタイプ)

冷えにより子宮の活動量の低下・血液凝固(血オ)状態となってしまうことで月経の中断が生じる。冷えが生じる原因は、生もの・冷たいもの・身体を冷やすものの食べ過ぎなど生活習慣によるものや、寒冷な環境、雨に濡れて長時間そのままでいるなどの外的環境によるものが挙げられる。

(特徴)

下腹部に絞めつけられるような痛みが生じる(温めると軽減し、冷やすと悪化する)
(全身症状)
顔色は白く唇が青い・四肢の冷え・寒がる。


Bオ血阻滞経来驟止(身体めぐりパワー停滞タイプ)

身体のめぐる(循環)する力が低下してしまい、血液運行に停滞が生じることで血液凝固(血オ状態)となってしまう。また子宮自体の活動量も低下してしまうことから月経の停止が生じる。長時間同一姿勢でいること・運動不足・精神的な抑鬱状態が続くことが原因として挙げられる
(特徴)
 腰部腹部の張った痛みおよび刺すような痛みがある(押すとさらに痛い)
(全身症状)
舌に多くの赤い点が見られるなど。

C肝気鬱結経来驟(ストレスタイプ)

全身のめぐる(循環)する力が低下してしまい、子宮のはたらきも低下してしまうことで月経の停止が生じる。五臓の「肝」の失調によるものである(「肝」は全身の気の動きの調整を担い、失調することで停滞が生じる)。長期間ストレスフルな環境にさらされること・突発的な精神的な刺激に遭うことなどが「肝」の働きを低下させる要因として挙げられる。
(特徴)
両胸肋部および腹部の張り感が出現する
(全身症状)
 ため息・ゲップが出る・食欲が低下するなど


スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医症候鑑別診断学」 人民衛生出版社

「問診のすすめ」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社



生理痛の東洋医学的分類A

D湿熱鬱結(しつねつうっけつ)タイプ

消化器の虚損から体内に余剰な水分が生じた後に、余剰水分が熱気を帯びることにより生じる。

熱気を帯びた水液物質が子宮・子宮への血液供給ルートに侵入することで血液の運行が阻害される。結果、血液の停滞及び凝固され生理痛が生じる。

 

●主な原因

食生活(普段より辛いもの・味が濃いもの・飲酒・甘いもの)を食する。

長期間精神抑鬱状態が続くこと

 

●月経の特徴

月経前や月経期にお腹の指すような痛みがある(熱感も伴う)・お腹を押されると苦しい

血液は黒い赤であり臭いも伴う

 

●全身症状

帯りものは黄色く濁っている・小便は赤く回数が多い・舌は赤く苔は黄色い・脈がはやいなど

 

E衝任虚寒(しょうにんきょかん)タイプ

身体の保有する温める力が不足していることが原因となる。子宮・子宮への血液供給ルートにも温める力が低下するために冷えが生じ生理痛がする。

 

●主な原因

もともとの陽虚(身体をあたためる力が不足している状態)体質

過度な性生活・若年での出産・出産過多など

 

●月経の特徴

月経後半・月経終了後に下腹部痛が生じる・温めると楽になる・色は淡く・量は少ない

 

●全身症状

寒がり・普段から下腹部が冷える・腰が冷えて重だるい・量が多く水様のオリモノが出る

 

F肝火上炎(かんかじょうえん)タイプ

全身の循環を担っている五臓の「肝」。働きが失調することで全身の生理物質の運行が停滞する。

停滞が長期間続くことで体内に熱が生じてしまい、生じた熱が子宮の運行をさせてしまうため月経痛が生じる。

 

●主な原因

長期間にわたるストレス・精神抑鬱・突発的な精神刺激を受けるなど

 

●月経の特徴

月経前・月経期におこる下腹部の張った痛み・経血は鮮紅で量が多い

 

全身症状

顔や目が赤くなる・口が苦い・怒りっぽい・頭痛・めまい・便秘など

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献◎

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版

「漢方用語大辞典」 創医会学術部

「430種疾病鍼灸表解」 中医古籍出版社

「中医症状鑑別診断学」人民衛生出版社

「イラストわかる指圧 生理痛・生理不順」 ユリシス出版部

生理痛の東洋医学的分類@

月経痛は東洋医学では「痛経(つうけい)」・「経行腹痛(けいこうふくつう)」ともいう。

月経前後あるいは月経期間中に発生する。腹部の痛みを指し、耐え難い痛みである場合もある。

また同時に顔面蒼白・頭面部の冷汗・悪心嘔吐などの症状を伴う。

本病は気血の運行が停滞することで痛みが生じる。

 

@気滞血オ(きたいけつお)タイプ

体内の巡り・循環力が停滞することで血液運行も滞るため、月経時に痛みが生じる。

全身の巡り、循環を担う五臓の「肝」の失調によるものが多い。子宮においては血液の運行が阻害される。

 

●主な原因

ストレスや発作的な怒りによるものが多い。


●月経の特徴

月経前・月経期の下腹部の脹満疼痛を主な症状とする。

月経量は少なく・ポタポタと滴下状に出血し、経血色は紫色で血の塊を伴う。

 

●全身症状

月経前に乳房・両脇肋部の張り・痛み・イライラ感など。


A寒湿阻滞(かんしつそたい)タイプ

寒冷・多湿な刺激が子宮に冷えを生じさせることが原因となる。冷えは血液を凝縮させる原因となるり、血液の運行が滞り、子宮に停滞することで月経痛が生じる。


●主な原因

月経前・月経中に雨に濡れて歩きまわる、水泳や冷たいもの生ものを食べることでなど。

 

●月経の特徴

月経前・月経時の下腹部の冷え・腰背部全体の痛み(温めると軽減)を主症状とし、経血量の減少・暗色で血の塊を伴うなどの所見を見る。


●全身症状

寒さを恐れる・下痢・舌の苔は白く厚い

 

B気血虚弱(きけつきょじゃく)タイプ

体内のエネルギー・栄養物質(東洋医学の気血)の不足によって子宮へ供給する血液の栄養を受けられられなくなることから生理痛が生じる。

 

●主な原因

もともとの虚弱体質・大病や長期間病を患うことによる気血の損傷

 

●月経の特徴

月経時・月経後における小腹部のかすかな痛み(手で押すとやわらぐ)・色は薄く・サラサラとした液状となる

 

●全身症状

顔色は青白い・精神倦怠感・手足に力が入らない・動悸・息切れ・物を食べたがらない・下痢・舌色は淡い・脈は細い。

 

C肝腎虚損(かんじんそんきょ)タイプ

子宮へ気血を供給する主な臓腑「肝」と「腎」の損傷による。「肝」と「腎」の機能が弱まり、「子宮」や「子宮への気血の運行ルート」が栄養不足の状態となり、生理痛が出現する。

 

●主な原因

過剰な性生活・出産過多・加齢などにより原因が精血が減少することによる。

 

●月経の特徴

月経時に小腹部痛・腰痛を生じる。時に耐え難い激痛に至ることもある。月経時・月経後の腹部のかすかな疼痛を主症状とし、色は淡く量は少ない。

 

●全身症状

めまい・耳鳴り・膝腰部がだるい・あるいは痛みといった症状が見られる。

 

分類が多いため、続きは「生理痛の東洋医学的分類A」にて。

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献◎

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版

「漢方用語大辞典」 創医会学術部

「430種疾病鍼灸表解」 中医古籍出版社

「中医症状鑑別診断学」人民衛生出版社

「イラストわかる指圧 生理痛・生理不順」 ユリシス出版部

ストレスは生理周期の長短に関わる

2020/10
生理周期の長短は思いのほかライフスタイルと関わる。
その節目が結婚。ほかに就職、転勤、出産、親との同居などを契機に生理周期が変化する症例を良く見る。
周期の長短はおもにストレス的な要素で変化しやすいので、これら環境変化は精神的ストレスを生みやすいということになるのだろう。
とくに結婚は、この中でも環境が激変することが多く、一人の生活から二人の生活に、家族との生活から二人に、舅・姑との同居もあれば尚更に気を遣うことになるのだろう。

生活を一にすると互いの見えなかった点も見えてくる。

つい最近も、結婚を機に周期が早まった人がいた。28日前後から24、5日前後に変化する。
鬱熱がたまってのであろう。
あれもこれもという感じで、やることが一挙に増えたようだ。
幸せ度合いが満たされれば、逆に正常周期に近づく傾向もある。
ストレスは頭で感じるものであり、予想と現実とのギャップに怒りや不満が生じたことが因となりやすい。

中庸が大事exclamation&question

最初から高い理想を求めずに二人で折り合いをつけながら作っていく、という意識でゆるり進めていくことが肝要ではないでしょうか。

※30年かけてこんな感じ👇くらいがちょうど良い。

※新着時期を過ぎると左サイドバー《生理痛/生理不順》に収められています。

睡眠が最も効果的なタイプは?

2020/7

伝統医学は現代医学とは異なる病理機序により症状を分析しながら治療する。

これは鍼灸も湯液(漢方薬)も同じ。

その中で、日常生活の有り様が体を作ってゆく、あるいは守ってゆくという考えがい色濃く治療学に反映される。


※今回は睡眠と月経の相関を取り上げる。

良質な睡眠というか熟睡レベルを保てないことが最も月経に影響する病理は肝血の不足である。

逆にいえば熟睡感の高い睡眠が得られれば、肝血不足が解消されやすいということだ。

 

肝血不足の月経の特徴は大きく4つある。

●月経周期が長い(32日~35日程度)

●月経機関が短い(3日程度で9割方排出)

●経色が比較的薄い

●月経痛が比較的弱いの4つ。

 

良質な睡眠が取れていないと自覚する方は、睡眠前2時間の過ごし方が大事。

2時間前には食事を済ませている。

興奮のピークを睡眠前にもってこない。

カフェインなどの刺激物も就寝前は抑える。

就寝の少し前に軽いストレッチなど工夫すると良いように思う。

 

それぞれの日常にあった形で眠りやすいスタイルを作ってゆく。

家庭できる簡易灸も効果的わーい(嬉しい顔)

入浴はできれば就寝1時間前までに済ませたほうが無難である。

 

myaku.jpg

※新着時期を過ぎると左サイドバー《生理痛/生理不順》に収められています。

 

 


 

 

肝気鬱と月経

2018/1

婦人科の鍼灸治療では肝気の疏泄が順調か否かを注意深く見ていきます。 これは肝が受け持つ気を流す力が適正を保っているかどうか、ということであり、これが保てない状態を疏泄失調といい、様々な障害の起点となって行くわけです。

D1〜D7まで肝の疏泄の子宮への影響が強まり、これにより経血か排出します。 D13まで一旦は疏泄の影響が弱まり、D14くらいから再び影響力を行使します。そこで排卵と頸管粘液の排出というプロセスが始まるわけです。

D21前後までは引き続き影響力を行使して行きます。この作用で子宮の中の気が十分に活動して、受精卵の形成、分裂、着床というプロセスを行うわけです。

とても大事な働きであることがお分かり頂けましたでしょうか?

この肝の疏泄は精神的なストレス、動揺、不安、怒りなどで容易に低下してしまいます。 ストレスとは特別なイベントだけで起こるわけではありません。面接があって緊張してストレスが溜まったこれもありですが、日常のちょっとしたことでも起こりうるものです。

不妊外来の門をくぐった瞬間、やたら待ち時間が長い、治療する側のちょとした言葉遣い、今日は足元が悪い天気だ!なんてこともあるでしょう。 

 

心の中で「嫌だなぁー」って呟く瞬間に起こるのです。 そういう所を捉えて適切な治療を行い、肝の疏泄を確保することも私達のお仕事だと思っています。

ときに好きなことをして、好きなものを食べて、好きな人とお喋りしましょう。手足を大きく伸ばす日はとても必要なことだと思います。

 

回数の少ない割に効果が出た例

この患者さんの治療は半年で6,7回くらいです。 月経を整えたいというご依頼でした。 45歳、女性、未婚。 

所作が凛とされた女性です(文脈とは関係ないでしょう笑) 北関東から来られるのでそうそう来ることが出来ないため治療回数は少なくなりました。

初診時のE2は20後半、FSHは10を少し超えた程度。 BBTにおける排卵期の上昇曲線がトップまで5日ほどかかる。 他にもありますが、公開できる情報はこの程度でしょうか。

1診 肝気虚による不安感が強かったので、そこを治療して腎虚の進行を抑える。 2〜5診 腎の陽気を上げること腎精を益すことに終始する。 E2は30の後半、FSHは7の後半、排卵期上昇曲線は上がりきるまでまだ4日ほどかかるが、予想以上に効果が上がる。

※以前から感じていたことだか、婦人科においては不安なり、ストレスなりを先に処理出来れば、思いのほか治療がうまくいく。        

b1.gif

 

 

遠方より来院の為どうして治療間隔が空いてしまいます。

拙著を使い家庭でできるツボ療法をご指導させて頂きました。

 


肛門痛と内膜症

 肛門痛  

肛門が痛む、ウーム痛い。

皆様このようなときにどんな疾患を思い浮かべるでしょうか?

痔ではないかと考える人が一番多いようです。内痔核などが典型ですね。切れ痔も要注意です。放っておくと肛門狭窄になることもあります。便が細くなる、下血を帯びるなどが出たら可能性が高いと考えてください。

つぎに考えられるのは何でしょう?。

子宮内膜症で、内膜様組織がダグラス窩に溜まったケースです。

突き上げるような激しい痛みの方、ズキンズキンとした痛みの方も少なくはありません。

始めは生理時に痛みが増悪しますが、ひどくなると生理時以外でも痛みがある人も少な

くありません。意外に多いのは排卵時痛です。排卵前から数日続くこともまれではありません。

内膜は剥奪と増殖を繰り返すので、内膜の増殖期である排卵時に痛みもでやすいようです。炎症的な痛みが特徴で、ズキンズキンとかズンズンとした感じになります。また腹壁など骨盤内の別の組織と癒着があれば、さらに痛みが増すようです。

出口を持たない卵巣に内膜様組織が出来るとチョコーレート嚢腫に発展します。

肛門痛が排卵時、生理時に痛みが限定し、かつ性交時痛があれば、迷わず婦人科を受診してください。問診ー内診ー超音波ー血液検査、必要に応じてCT、MRIという順に検査します。

変わったケースもありました。その代表が肛門神経痛です。肛門付近に突然起こる発作

性の疼痛を起こします。数分間発作した後、は多くの場合不規則で、5〜20分続いた

後、自然に治まるのが特徴。排便時に起こることもありますが、夜間の発作する方が多

いようです。これといった治療法が確立されていないのが現状です。患者さんを見る限

り肛門マッサージ(自分で)や患部を温める多少の 改善を見ます。ツボなら次リョウ

会陽を使用します。試してみて下さい。この2穴は内膜症緩和にも有効です。


tubo-5.gif

 

月経前症候群(PMS) の対処方法

月経前症候群(PMS) の対処方法

tubo25.gif
 月経の1週間程度前から起こるイライラ感、ザワザワした感じ、判断を誤る、頭痛、胸の張り、火照るなどを総称したものが月経前症候群です。
 排卵期〜高温期は子宮内の気が増える時期です。この気は妊娠したおり、受精卵を胎児にまで変化させる役目を担います。しかし受精卵が出来ないときは、余分な気となってしまいます。その気が鬱して体内上部で滞ると月経前症候群となります。
 月経1週間前から、就寝前に塗れタオルなどで頚を10分弱冷やし、さらにダン中(図あり)の千年灸を2壮据えます。その感、お灸の熱を気持ちよさを感じながら、深く深く深呼吸をします。かなり症状が改善されます。

 

生理痛その1

おはようございます!金澤です。

朝、布団から出づらくなってきましたねモバQ

職業柄、問診する時に生理痛の有無を聞くことがあります。もちろん主訴でいらっしゃる方もいます。

東洋医学では臓腑の虚実や気血が入る子宮の状態を問診の中から拾って分析します。

ただ問診しなくても、大半の方の共通する事が足首内側〜鼠径部(そけいぶ・コマネチのラインです)までラインが固いことが多いように思います。全体的に固い方もいらっしゃれば部分的な人もいらっしゃいます!

簡単な固さの自己チェックを挙げてみたいと思います。(※当てはまらなくても生理痛がある方もいます)

・かかとをつけたまま、しゃがむことができない

・床に足を伸ばして、床と膝に隙間ができる

・ももの裏が固い

・開脚が90度以上いかない

・仰向け時に床と腰の間に隙間ができるor腰が沿っている感じがある

 

今、関連付けて思い浮かぶのは上記に挙げたものになります。

また次の記事も生理痛に関してを書いていきたいと思います!!またシリーズにします手(チョキ)

生理痛その2

お疲れ様です。金澤です。

前回、生理痛をもっていらっしゃる方で多い特徴を挙げてみました。

東洋医学では臓腑気血(身体の内側)の状態も加味しなければ治療の方向性が定まりませんが、セルフチェックには最適かと思われます。

では、なぜ下半身の内側のラインなのでしょうか?東洋医学では子宮(子宮と卵巣と考えてください)に関連が強い臓腑が肝、脾、腎になります。そして、それらの経絡は足の内側を通ります。このラインが固いということは子宮内部に送り込む気血、及び子宮周辺に流れる気血が停滞しやすくなります。

もう少し分解して詳しく書きます。

内側のラインが固くなる肝脾腎から子宮内部へと流入する気血が滞りやすくなります。

この滞りが子宮内膜に影響すると内膜が固くなりやすい傾向になります。

イメージすると生理時に柔らかい内膜と固い内膜では剥がれ方や痛みの差が異なることが連想できます。

また子宮周辺に流れる気血の滞りも、子宮の機能や活動性を低下させる要素になりえます。

生理時に子宮が内膜を吐き出す力が弱い、寒冷刺激に弱い、痛みとして脹痛や重痛、激痛などが出やすくなるなどが出てきやすい傾向になります。

 

何度も申し上げますが足が固ければ生理痛があるわけではありません。あくまでも傾向として生理痛がある方は固いことが多くなります。

東洋医学、特に鍼灸は循環論であるので子宮との関連が強い経絡、臓腑または関連因子に関して、まずは回していくことが重要になってきます。

おしまい

    

生理の中休み

お疲れ様です。

時折、生理時に中休みをするという話を耳にします。

例えば、初日〜3日目まで出血し1、2日出血が止まり、また出血すると感じです。

伝統医学では子宮自体に血を貯める力、血を出す(生理)力があります。

子宮のサポート役として腎という臓腑が貯める、出すを手伝っています。

 

実は生理3日目、4日目辺りから次の生理の準備を始めていきます。

生理の血を出す期間に次の生理の準備する仕事が加わってきます。

一つの仕事で精一杯なところに2つ目の仕事が来ると経血を押し出す力がなくなってしまい1,2日お休みを作ってしまうのです。

 

このようなことが起きることとして概ね伝統医学でいう腎の力が弱い傾向性があります。    

治療では腎の力をつける補腎という方法をとります。

セルフケアをするのであれば足首を回すことや内ももを伸ばしてもらうことが効果的であります。

 

おしまい__sozai__/0016829.jpg

 

 

 

生理血塊その1

お疲れ様です。

婦人科系もしくは不妊治療の際に生理の状態を聞くことがあります。

ほぼ100%聞きます。

生理時の血塊は伝統医学では血オという部類に概ね当たります。

血オのわかりやすいイメージとしては生理時の血塊、子宮内膜が固さの指標、痛みが強いことなどがあります。

西洋医学でいう内膜症、チョコレート嚢胞、筋腫など疾患、不妊症で内膜の厚さがあるにも関わらず着床しない、不育症、流産傾向などがあたります。

 

次回はどういう症候が血オに当たるかを書いていきたいと思います。

問診のすすめ.gif

生理血塊 その2

お疲れ様です。

前回の続きで血オの話です。

前回は血オとは女性の生理でどのような症状に当たるかをお話ししてきました。

今回はどのようなことがあると子宮血オに当てはまるかお話していきたいと思います。

 

伝統医学の血オは2次病理のことが多く、何か他のことが起因して血オが起こります。

例えば気の滞りや気が巡らす力がない場合など例を出すと色々あります。

 

ではどんな症候が当たるかです。

伝統医学の中で子宮内の血オの柔軟度として考えてもらうとイメージがつきやすいかと思います。

子宮内膜が固くなり感じです。経中に塊、内膜が剥がれる時に伴う痛み、生理が始まってから経血になるまでの時間が長い、不妊症でいえば内膜の柔軟性がなく着床しない、育ちが悪いなど挙げられます。

 

治療は主訴に基づいて治療方針を立てていきます。

このような症状、症候があるから×なわけではありません。そういう傾向性があるくらいに留めてみてください。

 

もし気になるようでしたら前回ブログで挙げた、不妊の共通項ーうちももを参照してください。

婦人科、不妊どちらにも共通するものです。

 

sakura.jpg

力点が月経時より排卵時

2014/5/10

《症例・排卵時の眩暈》

月経時の痛みや違和感は日常よく診る

しかし、この例は月経時以上に排卵時に違和感が出ている。

 

33歳/女性。

主訴は排卵時の下腹部痛および眩暈である。

以前に月経時の失神の例を診たが、それ以来に希少な臨床例であった。

排卵時は、月経時とともに肝の気を動かす働き(疏泄)が重要になる。

この働きが正常を逸すると、通常の排卵時期のズレという形で現れる。

このケースでは、元よりこの働きが弱いため、排卵という働きに気を費やした分、ほかの部位の気を動かすことが疎かになる。

それが頭部に気を送れない理由、つまり眩暈を起こした原因と考えられる。

例えれば、この方の肝は弱く10の気を動かす力しかない(10馬力の肝パワーのイメージ)。

排卵という作業が加わったことで11の気を動かさなければならないとき、元より10しかないので、どこかの部位が疎かになる。

それが頭部というふうに見たわけである。

したがって証は肝気虚とした。

 

DSCN0903.JPG