主婦に鬱が多いの何故か?

専業主婦の方に比較的軽いうつ病の方が多いように思います。

(※これは日頃の臨床から感じることで、この手のビックデーターから割り出したものではありません)

 

骨折で自宅療養を余儀なくされ2週間。

この初めての体験から感じたことは達成感がないということです。

最初1週間は原稿書きがあったのでそれほど感じませんでしたが、後半1週間は達成感がない。

もちろん、動けないなりに食事や洗濯、掃除などルーティーンなことはこなします。

それでも今日はあれができた、これがやれたという感じが出てこないのです。

もちろん年代的なものも加味しなければなならないと思います。

若い頃は子供を育てなければという使命感があります。

様々な問題が出ては消えまた起こるという中で、無我夢中で対処している感があります。

子供も自立し精神的な余裕が芽生えると、楽しい、大変だった、生き生きしてたという感覚が失われ、達成感より喪失感が全面に出る感じです。

年代的にも更年期を迎えホルモンバランスの乱れから情緒不安定になり、さらなる喪失感を生む下地が形成されます。

人それぞれですが、使命感、達成感を失わないように趣味の世界、ボランティア活動、お仕事などを適時挟むことが肝要です。

とかくこのよう心持ちをちょっとでも感じたら外の世界に飛び出してみましょう。

親戚の僧侶はこの時期は第2の青春であり「熟春」と呼んでいます。

鍼灸では滋陰・養血のツボを中心に治療を組み立て、さらに補気(気を益す)・安神(精神を安定させる)をツボも加味します。

FullSizeRender (5).jpgさくら堂 扉.png


 

 

 

神経症

鍼灸臨床でよく診る神経症は、ある事象に執着することで起こる心理的葛藤及び自律神経失調による諸症状タイプが多いと感じてします。よれゆえ、症状は不眠症、頭痛、ときに肩こりなどであらわれることもあります。

気質的ケースと一過性で起こるケースとがある。

『中医学的解釈』

○まず血の消耗がある。長期の寝不足、心配事、女性ホルモンの減少などが因となりやすい。

○中医学では血を精神の栄養と捉えている。血の消耗により、思考回路の停止や、さらなる不安な感情が起こる。思考停止は、ボッーとして考えがまとまらないこともあるが、過去に捉われて、そこから頭が離れない感じになりやすい。不安は自身の存在に対する自信を失う感じになる。人の言葉に過敏に反応することもある。

○血の不足が進行するすると陰虚になり、虚熱による自律神経失調があらわれやすい。不眠、動悸、便秘あるいは排尿異常が多い。

○血の不足から気血両虚に展開すると、鬱的状態が加わる。極度の倦怠感、全身の重だるさ、食欲不振などが顕在化する。

 

『問題点』

思考回路の変更不可。捉われている間は考え方を切り替えるのがなかなか難しい。

不安の呼び込み。不安が不安を増大させる悪循環に陥りやすい。思考が内に内に入りやすいため、世間との隔離を感じやすく、そのため焦燥感があらわれる。

喜び、楽しさの減少。笑うことが少なくなり、日々の感動や幸福感が損なわれる。

 

 『目標』

○思考回路の論理性や穏やかな感情を思い出す。穏やかな感情を思い出すには、今の一瞬を大事にする。それには一つ一つの日常の所作に注意を向けながら、丁寧に行うようにする。

○治療は補血を主体に、気血両虚では補気にウェートをかけ、陰虚では滋陰降下にウェートをかけ、まずは肉体症状の改善を図る。

○補血で精神状態にアプローチしながら、 『具体的な処方箋』として 自己認識の改善に心がける。最善の方法のひとつとして自身を思考を聞く。つまり、自身が何を頭の中でしゃべっているかを聴くもうひとりの自分を想定する(決して善悪は決めないこと)。

血虚が高レベルな人ほど、頭内言語は過去の嫌な体験、不安、嫉妬、愚痴、怒りなどで埋められていることがわかる。

また 逆転思考(終わりから考える)なども効果的である。思考転換でなりたい自分になったと仮定して、行動する(演技的行動学習法)。

 

 

自律神経失調症と鍼灸治療

2020/5

鍼灸院に自律神経失調の改善を求めてくる人そうそう多くない。年に数人といったところだろう。

ただ、自立神経の安バランスから起こる動悸、不眠、発汗、眩暈、ほてり、頭痛、胃痛、腹痛、嘔吐、下痢、ふるえ、筋肉痛、咽の詰まり、息切れとなれば枚挙にいとまがないというか毎日診る。

この中でも自律神経のアンバランスが絡んでいるかどうかを見る手立ては3つ。

※情緒不安定であるかどうか?

※症状の目まぐるしく変わるかどうか?

※気分により症状の程度がかわるかどうか?

情緒不安定で、症状が良く変わり、気分が👇とき症状が増悪するなら自律神経との因果が高いと見る。

 

鍼灸治療ではこの折は心か肝から調整するのが常道。

呼吸と眼の動きに注意しながら進めてゆく。

ツボなら神門、ダン中、太衝、血海あたりよく使う。

 

DSC_0769.jpg

 

多汗症

2015/4

35歳、女性

主訴は多汗症、足の裏に汗をかき、日に何回も靴下を換えなければなりません。

意外に多汗症の方は多いものです。

湿度が高いことも悪化条件ですが、原因は別です。

この方の場合、脾胃湿熱にカテゴリー化されました。

元来消化器が弱いところへ、多忙、ストレスが重なり、

水分代謝に影響したケースです。

かなりうまく行き2回で落ちついてきました。

普通はもっとかかります。

臭いに対して過敏になる精神状態がなかったのが早期に回復した要因と考えられます。

よかったです。

 

 

 

 

 

 

 

パニック障害

2012/2

 

《症例・パニック障害》

パニック障害&不安神経症のOLさんです。
時間があったので、小さい頃からの気質、今でも思い出す象徴的な出来事などを聴くことができました。
概ね、否定的な決断をしたい場面で、それを出来ない自分いる。

そんな自分を肯定も否定も出来ずにいるという事実。
彼女の場合、このような心理的状態(葛藤)とパニックが連動しているようです。
励ましも、同情も、分析も無意味でしょう。


中医でいえば心脾両虚です。

呼吸を合わせながら、黙々とツボを探し、淡々と鍼を打つしか出来ません。


治法は健脾安神。

神門、ダン中、内庭、合谷などが安神(精神を落ち着かせる)作用が高いのです。

膏肓や首の凝りも少しさばいたほうが効果的。

効を焦ったり、無理に心を開いたりせず、ゆっくり行きましょう。

ある程度体調、心理面で自信が持てた特に間髪入れず疏肝的に治療を挟みます。

この疏肝のタイミングが極めて重要になります。

 

sakura4.jpg

※この記事は新着時期を過ぎても左サイドバー《神経症、うつなど》の中に収められています。

 

精神のどの段階が詰まるの?

伝統医学には独特の精神構造体系がある。

治療中は患者さんがどこの部分で詰まっているかを考える。 

「霊枢」によれば、まず有形の体に神〔しん〕が宿る。 

あーしよう、こうこうしようと思案する気持ちを意という。 

決断して、これで行こうとする気持ちを志という。 

決断の後具体的な計画を練る心を思という。 

そしてその結果を先取りして予想する気持ちを慮という。 

結果予想に対して対策を練る気持ちを智という。 

神、意、志、思、慮、智は、それぞれ臓腑と結びつく。 

思考発露から実際の行動までのどこの段階で苦悩が現れるかをみれば、結びつく臓腑を治療することになる。

不安とは

 最近とみに不安感を抱える患者さんが増えています。ひどくなれば「・・・神経症」という病名がつくのでしょうが・・・・。
 ◯映像不安
 台風が一段落したと思ったら、今度は地震です。
 皆さんの心のなかに、少しずつ地球が壊れてきている、という思いがあるのではないでしょうか。
 毎日メデイアを通じて辛い映像を見せられると、直接に被害がなくとも、心のなかにその映像がおりのように溜まってきます。たとえば大地震など体験すると、肉体的に被害がなかった人でも、その後に眠れなかったり、動悸が止まらなかったりします。
 映像はある意味で疑似体験をすることにつながります。
 ○競争不安
 「ハンディキヤップは隠さなければいけない」。
 これが、悲しいかな競争社会のコンセンサスです。心はいつも何かに追い立てられるように不安だけど、そのことを公にすると、競争社会では除外されます。
 そこで無理にから元気を装うため、ますます心がしんどくなります。
 不安感をわるいもの、良くないものと捉えると、心にハンディキャップを背負った状態になるのです。それを他人に気取られないように元気を装うわけです。
 心と体がバラバラの方向を向いてしまいます。
 ○睡眠習慣
 12時前に寝ると寝ないでは免疫力に差が出るといいます。
 現代は、過去のどの時代より、最も遅くまで起きている習慣が定着しているようです(日本の話ですが・・・・もうやだ〜(悲しい顔)


 家に帰れば映像から不安を煽る要素を取り入れ、寝不足のまま重い体を引きずり会社に向かいます。そして競争社会の荒波のなかで、から元気を出せば、体はヘトヘ ト、ヘロヘロになり、不安が不安を呼び込む心理状態に追い込まれて行きます。
○僕なら患者さんには、『不安感は体と心を見つめ直す警告反応ですよ』といいます。警告反応ですから 《いいわるい》 で語ることはできません。隠すと体内に深く入るだけです。と、付け加えます。そして鍼で気と血を十分補い、体への影響は排除します。
 不安は笑うことと同じようにただの反応なのです。決して、いけないものと考えないで下さい。御願いします。