月経量が多いA

先日の続き。本日は熱(過活動)タイプの月経過多について解説していきます。

 

●「過活動タイプの月経過多」(東洋医学的分類)

活動を活発にする要素は何をイメージされるだろうか?東洋医学では「熱」が身体の活動を活発にすることが多い。体の中の熱が盛んになること(実熱)はもちろん体の中の潤い・保湿成分を損傷すること(虚熱)ことからも「熱」は生み出される。五臓六腑の失調・または気候を感受することにより生じた熱が子宮内におよぶことで、子宮は活動が活発になり、通常よりも経血量が増加してしまう。以下、代表的な3パターンについて解説する。


@肝火上炎月経過多(ストレスタイプ)

突発的な感情刺激や身体の中を巡る力の低下が長期間続くことは体内に激しい熱を生じさせる。生じた熱が子宮ないし子宮へ血液を供給するルートに侵襲することで、子宮は活動が活発になり月経量の増加が現れる。

(特徴)月経周期は早まることが多い・経色は鮮紅色ないしく暗紅色

(全身症状)胸脇部分の張り感・口が苦い・イライラ感・眩暈・頭痛など

 

A肝腎陰虚月経過多(潤い不足タイプ)

身体の潤い成分の不足は身体の中に微弱な熱を生じてしまう。生じた熱が子宮ないし子宮への血液供給ルートへ侵襲することで、子宮は過活動状態となり月経量は増加する。潤いが不足する原因としては、出血過多・慢性病を患っていること・過剰な性生活・飲酒過度などが挙げられる。

(特徴)経色は鮮紅色または暗紅色

(全身症状)目の渇き・膝腰が重だるい・寝汗をかく・痩せる・便秘など

 

B湿熱阻滞月経過多(冷えタイプ)

体内の余剰水分が長期間停滞することで熱をおびてしまう。生じた熱が子宮内および子宮への血液供給ルートへ侵襲することで子宮は過活動状態となり月経量の増加が生じる。余剰水分・熱を生じさせる原因としては、湿気の強い環境・油濃いもの・味の濃いもの・甘いもの・味の濃いものの過食などの飲食不摂生に由来することが多い。

(特徴)経血は粘液が混じることがある・月経前後に黄帯が増える

(全身症状)陰部の湿り感・手足の湿り感やむくみ・口がねばるなど

 

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医症候鑑別診断学」 人民衛生出版社

「問診のすすめ」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

月経量が多い(月経過多)@

●「月経過多」とは?

生理は1カ月に1回おき、1回につき3〜5日間にわたって持続することものとされる。月経量が通常よりも多いものを「月経過多」という(周期は正常である)。

 

●月経量が多くなる原因について

月経量が多くなる原因は大きく二つに分類される。ひとつめは「子宮内に血液を留めておくことが出来なくて出血が持続すること(漏れ出るタイプ)」。二つ目は「熱により子宮が過活動状態になること(熱タイプ)が挙げられる。

 

●「漏れ出るタイプの月経過多」(東洋医学的分類)

「子宮内の血液」は五臓の役割によって保持されている(主には消化器(脾)・腎が担っている)。「脾」および「腎」の働きが弱くなることは、血液を子宮内に留めておく力の低下を意味する。漏れ出るような形となり、通常よりも経血量が増加してしまう。以下、代表的な2パターンについて解説する。


@脾虚弱月経過多(消化器虚弱・内臓下垂タイプ)

脾(消化器)のはたらきの低下に起因する。五臓の「脾」は脈管に血液を留めておく役割を有する。月経においては子宮内に血液を留めて力が低下することで月経過多が生じる。主に飲食の不摂生が続くこと・過度の労働や思い悩みなどが原因となる。

(特徴)経色は希薄か淡紅色・腹部の下垂感を伴う

(全身症状)疲労感・ボソボソ声で話す・顔色は黄色い・食欲不振・下痢・手足のむくみ

 

A衝任虚寒月経過多(冷えタイプ)

冷えは子宮の働きを低下させてしまう。子宮の働きである血液を子宮内に留めておく作用が低下し、月経量の増加が確認される。もともと身体の温める力が弱い体質であったり、若年の出産・出産過多などが原因となる。

(特徴)月経後半に下腹部の痛み(温めると痛みは軽減し、冷えると痛みは増強する)

(全身症状)下腹部の冷え・腰が冷えて重だるい・小便の量が多い・下痢など

 

「熱タイプの月経過多」はまた次の機会に・・・・。

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医症候鑑別診断学」 人民衛生出版社

「問診のすすめ」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

月経量が少ない(月経過小)A

先日の続き。本日は「滞りタイプの月経過小」について説明したいと思う。


●「滞りタイプの月経過小」(東洋医学的分類)

体内へきちんと血液を作りだすことができたとしても、子宮へ血液を供給するルートに何かしらの滞る物質が生じることでルートの運行に障害が出来る。血液の運搬を阻害する原因としては、冷えや余剰な水液物質(ベタベタしており他の物質の運行を邪魔する)などが挙げられる。多くは五臓六腑の失調・外的環境要因(寒冷・多湿・長時間の同一姿勢・ストレス)などにより生じることが多い。以下、代表的3パターンの解説に移りたい。


B痰湿阻滞月経過小(水液ベタベタタイプ)

体内に生じた余剰水分が血液の運行を阻害すること・また子宮内に入り子宮の活動を停滞されるため生じる。余剰水分は食事の不摂生により消化・吸収機能が低下することや多湿な環境により生じることが多い。

(特徴)経量が少なく色は淡い・ネバネバしている・白帯を排出することが見られる。

(全身症状)手足や陰部、全身の湿り気を伴う・肥満体形であることが多い・食欲不振・全身倦怠感・むくみ・下痢など

 

C血オ月経過小(血液凝固タイプ)

血液凝固した結果、血液運行が阻害されることにより生じる。長時間の同一姿勢やストレスフルな環境・精神抑鬱状況にさらされることにより全身の循環力の低下が低下することが原因となる。はなはだしければ出血はほとんど見られない。

(特徴)月経血量は顕著に減少・紫黒色で血塊を伴う・小腹部に張りや痛み(血塊排出後に痛みは軽減する)など

(全身症状)月経前に胸部が脹る・皮膚がカサカサする・舌に赤い点々が見られるなど


D寒凝胞宮月経過小(冷えタイプ)

体内に生じた冷えが子宮および子宮の活動低下をもたらし生じる。冷たいものや身体を冷やすものの食べ過ぎ・飲みすぎ・寒冷な環境や雨に濡れて身体をそのままの状態にし身体を冷やすことが原因となる。

(特徴)経血色は暗紅色〜暗黒色、血塊が混ざる・腹部は痛むがあたためると軽減することが多い。

(全身症状)顔色白い・手足は冷える・さむがるなど

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医症候鑑別診断学」 人民衛生出版社

「問診のすすめ」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

月経量が少ない(月経過小)@

●「月経過小」とは?

生理は1カ月に1回おき、1回につき3〜5日間にわたって持続することものとされる。出血量が正常時に比べて顕著に減少し、月経期間が短くなることがある。これは、東洋医学では「月経過小」と称され、婦人科疾患の原因となることも多い。

 

●月経量が少なくなる原因について

多くは、「栄養や血液不足のため子宮内の血液が空っぽになること(血液不足)」が原因と考えられている。その他、「子宮へと血液を供給するルートに何かしらの滞る物質が生成されること(滞り)が挙げられる。

 

●「血液不足タイプの月経過小」(東洋医学的分類)

「月経量が少ない」とはどういうことであろうか?まず最初に、子宮に溜まっている血液の量が少ないことが挙げられる。子宮内の血液は、五臓六腑で生成された血液が衝脈任脈(五臓六腑と子宮をつなぐ血液の通り道)を通じて供給される。つまり五臓六腑の失調により体内の血液が不足してしまうと、子宮内の血液も不足してしまうのである。五臓は大きく「脾(消化器)」・「肝(血液の貯蔵庫)」・「腎(生まれながらに保持いているもの)」が密接にかかわっている。

 

@血虚月経過小(血液不足タイプ)

体内に保有する血液が不足することに由来する。大病・長患い・慢性出血・出産過多などにより血液不足を生じ、経血量が顕著に少なくなる。甚だしい場合にはほとんど出血量は見られない。

(特徴)経血量は著しく減少・滴下上の出血が見られ、経色は淡色、経質は清希(黄色い水のようになることも)である。

(全身症状)小腹部がなんとなく痛む、動悸、眩暈、ドライアイ、顔色は青白いなど


A脾胃虚弱月経過小(消化機能低下タイプ)

脾胃(消化器)の消化・吸収機能の低下に起因する。飲食物の栄養素か血液を生成するための必要量が不足しているため、月経時の経血量が顕著に少なくなってしまう。甚だしい場合にはほとんど出血量は見られない。飲食の不摂生が続くこと・過度の労働や思い悩みなどが原因となる。

(特徴)経血量は著しく減少・滴下上の出血が見られ、経色は淡色、経質は清希である。

(全身症状)帯下の量は多い・顔色は黄色い・食欲不振・下痢・手足のむくみ

 

B腎虚月経過小(先天不足タイプ)

五臓の「腎」の損傷による。生まれながらにして生殖機能が弱いこと・性生活の不摂生・出産過多・加齢などにより、「腎」のはたらきが弱まることでを血液生成の源が減少・尽きてしまい出血量の著しい減少・月経期間の短縮がみられる。甚だしいケースではほとんど出血は見られない。

(特徴)経血量は顕著に減少する・経色は鮮紅色・淡紅色となる

(全身症状)膝腰の無力感・かかとの痛み・めまい・耳鳴りなど

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医症候鑑別診断学」 人民衛生出版社

「問診のすすめ」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

月経周期が不規則になる

月経周期が一定ではなく、早くなったり遅くなったり不安定となるものを「経乱」・「経行前後不定期」と指す。ただし、閉経期前後の周期の不安定な状態は除かれる。


以下、代表的な2パターンについての解説をする。

「月経周期の早まり(経早)」・「月経周期の延長(経遅)」が混在していることが確認できる。

 

@肝鬱腎虚経行前後不定期

「肝」は全身の気の動きを調整する。働きが悪くなることで子宮内への血液運行が停滞し充満するのに時間を要する。そのため「肝」の失調は、月経周期の延長(経遅)が生じる。

対して「腎」の封蔵作用は血液を子宮内に溜めておく作用を有する。そのため、「腎」の失調は子宮内にある血液を留めることができないため月経周期の短縮(経早)が生じる。

月経の短縮・延長が双方の失調により生じ、月経周期の乱れとして現れる。

(原因)

肝…長期間ストレスにさらされる、精神的な抑鬱が続く、突発的な精神的ショックを受けるなどの精神的な面なものに大きく左右される

腎…もともとの虚弱体質であること、長期間病を患うこと・出産時の失血過多など

(特徴)

経量がバラバラである

(身体症状)

イライラ感・精神抑鬱・胸脇部の張り感・よくため息がつく・お腹がガスっぽい・膝腰の重だるさ・めまい・耳鳴り・性欲減退など

 

A脾虚(心脾両虚)経行前後不定期

大きく「脾」に関与しており、@運化(うんか)の失調とA統血(とうけつ)作用の失調による。

「運化」の失調により、飲食物から栄養・エネルギーを生みだすことが出来ず全身の気血不足が生じる。子宮へ運搬される血液量も不足し、血液が充満されるために時間を要することから月経周期の延長(経遅)が生じる。

「統血」の失調により、子宮内に留めてある血液が漏れ出てしまうため、月経周期の早まり(経早)が生じる。統血作用は血液を脈管から漏れ出ないようにする作用があるとされる)。

月経周期の早まり・延長双方が生じ、月経周期の不規則が生まれる。

なお長期的な脾の失調により「心」にも波及するケースが見られる。

(原因)

飲食の不摂生・働き過ぎる・思い悩みすぎ

(特徴)

経色は淡紅色・量は少ない

(身体症状)

顔色は黄色い・倦怠感・息切れ・声に力ない・不眠・眩暈・動悸など

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医症候鑑別診断学」 人民衛生出版社

「問診のすすめ」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

月経周期の延長B停滞

本日は「子宮への気血の運行が停滞して起こる月経周期の延長」(気滞・血オ・湿阻)について解説をしたいと思う。

 

●気滞による経遅

身体の循環力が低下した結果、血液の運行にも影響が及び、子宮へ血液が充満されることに時間がかかることで月経周期の遅れが生じる。

精神面が大きく関与するとされ、精神的な抑うつ状態が続くことや突発的な怒りの感情により生じることが多い。

(月経の特徴)1週間以上の月経の遅れ、経血の量は少なく、血塊を伴うこともある

全身症状)胸の張り、ものを食べらがらないなど


●血オによる経遅

血液が凝滞してしまり、血流が悪くなってしまうために子宮へ経血が下らないことにより生じる。

血オ形成の原因としては、上記気滞(身体の巡りの低下)からの展開や冷えなどが挙げられる。

(月経の特徴)経量は少ない・経色は暗紅色・血塊を伴うことが多い・刺すような痛みがある。

(全身症状)胸の張り感・ものを食べたがらない…気滞によるもの

下腹部に冷えと痛みがあり温めると軽減・寒さを恐れる・四肢の冷え・顔面が真っ白…冷えによるもの

 

●痰湿阻滞による経遅

体内の水液物質の巡りが悪くなることにより生じる。同時に血液の運行も阻害されてしまい、血流が悪くなってしまうため子宮へ経血が下らずに生じる。

ジトジトと湿気の強い環境に長時間いること・油濃いもの味の濃いものアルコールの常飲などが血液運行の阻害要因となる。

(月経の特徴)経量は少ない・経色は淡く粘稠度がある

(全身症状)手足のむくみ・平素より白帯が多い・痰が多く出る・動悸・息切れ

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医症候鑑別診断学」 人民衛生出版社

「問診のすすめ」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

月経周期の延長A冷え

月経開始が7日以上遅れるものや周期が40~50日になるものを「経行後期(けいこうこうき)」・「経期錯後(けいこうさくご)」・「経遅(けいち)」という。

 

本日は、「子宮の活動力の低下・子宮への血液流入スピードの低下」(血寒・陽虚)について解説をしたいと思う。

 

●腎陽虚による経遅

体を温める力が少ないことが原因。冷えが血液の運行に影響(スピードを遅くする)した結果、月経が遅くなる。

もともとの体質や慢性病が原因で体の温める力が不足してしまう。

(月経の特徴)経量少なくサラサラとしている・経色は暗紅色で小さな血塊を伴うことも

全身症状)シクシクとお腹が痛むが温めると楽になる・下痢、小便の量は多く色は薄い・脈は弱々しいなど


●血寒による経遅

冷えが体内に生じた結果、血液の運行を停滞させることが原因となる。

月経時に冷たいものを食べすぎたり、雨の中濡れて体を冷やすなどにより体内に冷えを生じさせる。

(月経の特徴)経量は少ない・経色は暗紅色・血塊を伴うことが多い。

(全身症状)下腹部にいる冷えと痛みがあり温めると軽減・寒さを恐れる・四肢の冷え・顔面が真っ白など

 

今回は「冷え」による『月経周期の延長』について解説致しました。次回は「滞りによる月経の延長」に続きます。

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医症候鑑別診断学」 人民衛生出版社

「問診のすすめ」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

月経周期の延長@血虚編

月経開始が7日以上遅れるものや周期が40~50日になるものを「経行後期(けいこうこうき)」・「経期錯後(けいこうさくご)」・「経遅(けいち)」という。

 

代表的な原因としては、以下の3パターンが挙げられる。

「体内に保有する血液が少なく生理時に充血しないもの」(血虚)

「子宮の活動力の低下・子宮への血液流入スピードの低下」(血寒・陽虚)

「血流の運行が阻害されるもの」(気滞・血・湿阻)

 

●血虚による経遅について

血とはいわゆる血液を指す。血液が虚する(不足する)ことによって子宮内の血液がなかなか充足できないために月経周期の遅れが生じる。

血液不足ゆえに経血の量は少ない。色は淡紅色であり、腹痛を伴うことは少ない。

血虚が生じるパターンは以下の通り。随伴する身体症状も異なる。

 

@消化器虚弱型(脾胃虚損)

もともとの体質や飲食の不摂生が原因で消化器機能が低下することによる。飲食物より栄養分が吸収できないため、栄養、血液不足となる。

身体症状としては、食欲不振・食事量の低下・四肢の倦怠脱力感・下痢・顔色に艶がないなどが出現する。

 

A肝腎虚損型

体質や慢性出血・出産過多などが原因で血液不足状態となる。

また、五臓の「肝」は血液の余りを貯蔵するとされ、「腎」が貯蔵している「精」は「血液」に変化するとされている。ゆえに「肝」「腎」の機能低下は栄養、血液不足を招く。

身体症状としては、目のかすみ・筋肉がつる・めまい・膝腰が重だるいなどが出現する。

 

今回は「血虚」による月経周期の延長について解説致しました。

その他2パターンはまたの機会に。


スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医症候鑑別診断学」 人民衛生出版社

「問診のすすめ」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

生理周期が早くなるB(血オ編)

月経が正常の周期よりも1週間以上早くことを「経行先期」・「月経先期」・「経早」などという。

甚だしい場合には、生理が1カ月に二回くるものもある。

 

前回までに解説した『熱(ねつ)』や『気虚(ききょ)』によるものが多いとされるが、番外編として『血オにおける生理周期が早まる原因』を解説していきたいと思う。

 

●血オの経行先期について

経行先期の原因となる子宮の「血オ」状態とはどのような状態であろう?

シンプルなイメージでいうと、「血液を溜める器が小さくなった」状態である。

あくまで例であるが、今まで5リットル溜められていた器が、1リットルしか溜められない状態となる。

通常よりも小さい器となってしまい血液が少量しかないため生理周期の早まりが生じる。

 

●血オ状態となる原因について

長時間同一姿勢で過ごすことなどの物理的圧迫などが起因となる。

物理的圧迫は身体の循環力の低下をもたらす。子宮内の巡りが悪くなることは子宮内の活動力低下や血流低下を生じされるために、血オ状態が生じる。

その他にも手術跡・ストレス・湿気・冷え・熱なども血オ形成の原因となる。

 

●月経の特徴・身体症状

経血は紫暗色・血塊を伴うことが多い。一般的に初期に多くの出血が見られ、その後少量の出血が続く。

お腹が張って押されると苦しい・舌に赤い点々が見られるなどの身体症状が出現する。

 

上記より、@「血の巡りをよくする」(活血化オ)とともに、A「血オを形成する要因」にも着眼して治療を行っていきます。

(ex.冷え体質が原因で血オが形成されるのであれば@に加え、身体を温める力を高める治療を加える)


スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医症候鑑別診断学」 人民衛生出版社

「わかる中医学入門」 燎原出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

生理周期が早くなるA(気虚編)

月経が正常の周期よりも1週間以上早くことを「経行先期」・「月経先期」・「経早」などという。

甚だしい場合には、生理が1カ月に二回くるものもある。

 

生理周期が早まる原因は東洋医学上では、『熱(ねつ)』や『気虚(ききょ)』によるものが多い。

今回は、『気虚(エネルギー不足)タイプにおける生理周期が早まる原因』を解説していきたいと思う。

 

●気虚タイプの経行先期について

子宮内に存在する血液は五臓から供給されたエネルギー(気)によって子宮内に留められている。

五臓の力が弱まり子宮内のエネルギーが不足した結果、血液は子宮内へ留まることが出来ず月経が早く来潮してしまう。

子宮に血液を留めておく作用は、主に「脾」の「統血(とうけつ)作用」・「腎」の「封蔵(ふうぞう)作用」が関与する。

どちらが失調するかによって、経血の量や色・身体に出現する症状が異なる。(脾・腎双方が弱まるケースもある)

 

@脾気虚による経行先期(消化器虚弱タイプ)

血液が子宮内に留めておくことが出来ないことに由来する。これは、五臓の「脾」の「統血」作用(血液が漏れ出ないように留めておく力)の低下に由来する。脾の力が弱まる原因としては、もともと消化器が虚弱である・飲食の不摂生により消化器が損傷されることによって生じる。

経血は淡く、さらさらした性状、量は多いといった特徴がある。

全身倦怠感・落ち着きがない・息切れがする・食欲不振・下痢などの身体症状が見られる。


A腎気虚による経行先期(下半身虚弱タイプ)

血液が子宮内に留めておくことが出来ないことに由来する。これは、五臓の「腎」の「封蔵」(生理物質を体内に収め漏らさず蓄える力)作用の低下に由来する。腎の力が弱まる原因としては、加齢、早婚、生まれた時からの虚弱体質、多産などが挙げられる。

経血は淡く、さらさらした性状、量は多いといった特徴がある。

頻尿、膝腰の重だるさ、顔が青白いなどの身体症状が見られる。

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医症候鑑別診断学」 人民衛生出版社

「わかる中医学入門」 燎原出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

生理周期が早くなる@熱タイプ

月経が正常の周期よりも1週間以上早くことを「経行先期」・「月経先期」・「経早」などという。

甚だしい場合には、生理が1カ月に二回くるものもある。

 

生理周期が早まる原因は東洋医学上では、『熱(ねつ)』や『気虚(ききょ)』によるものが多い。

今回は、『熱タイプにおける生理周期が早まる原因』を解説していきたいと思う。

 

●熱タイプの経行先期について

体内に生じた熱が子宮の活動および子宮へ血液などを供給するルートに作用することで経行先期が生じる。子宮内へ流入する血液のスピードが早まる、子宮の活動が活発になるイメージか。

どこの五臓が失調するか、熱の程度などによって、経血の量や色・身体に出現する症状が異なる。

 

@腎陰虚による経行先期(潤い不足タイプ)

体内の保湿物質が不足することで相対的な熱が生じ、生じた熱が子宮の活動を活発にさせることで経行先期が生じる。体内の潤い物質が不足は、出産過多・多産・長期間病を患うこと・加齢などにより出現する。

経血は鮮紅、暗紅でねばり気がある、量は少ないといった特徴がある。

痩せ、両頬が赤い、寝汗、手足胸がほてるなどの身体症状が見られる。


A血熱による経行先期(熱盛タイプ)

熱が血流スピードを上げ子宮内に流入することで生じる。もともと身体を温める力が盛んであったり、辛い食べ物の食べ過ぎ、高温な気候が体内に作用することなどが熱が生じる原因となる。

血量は比較的多く、紫紅色でネバネバすることが多いといった特徴がある。

口が乾いて冷たいものを飲みたがる、顔が赤い、便秘、小便は黄色いなどの症状が出現する。


B肝火による経行先期(ストレスタイプ)

熱が血流スピードを上げ子宮内に流入することが原因となる。熱が生じる原因としては精神抑鬱などで体の巡りが停滞した後、更に長期間停滞することや急激な精神刺激が加わることが挙げられる。

経血の量に増減が見られたり、色は赤、時に血塊が混ざることが特徴。

胸部やお腹の張った痛み、怒りやすいといった身体症状が見られる。

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「わかる中医学入門」 燎原出版社

「中医病因病機学」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

基礎体温や月経から子宮の状態を自己診断

 


タイプ別チェックリスト
(中医学で自分の体質をチェック!)
あなたの月経はどのタイプ?

 

個々の体質は、毎月の月経に反映しやすいものです。

 

そこで月経の状態や基礎体温をチェックして自身の体質を
知ることが大切になるのです。

とはいえ、人と比べることも容易なことではありません。

今回、中医学からみた月経分類法を大枠ですが提示しました。

ご自身で調べてみてください。混合型の人もいます。

その結果に対処する方法として食事やツボがあります。

 

それぞれの体質にあった食事やツボは、メニューから『 中医基礎理論 』を開き、その中のペン 《知って得する体質&つぼ》の項を参考にしてください。                        

 


 @t1.gif
【経血の状態】
●色はピンク色に近い●または薄い赤色
●水っぽい・さらさらした感じ●量は少なくなってきた

(数年周期で考えてください)

【日  数】  
●短めで3〜5日
(4日目以後は極端に減ることも)
●5〜7日あったものが徐々に短くなる

【月経周期】  
●遅れ気味、40日以上のこともある

【月経前後の特徴】
●月経後半の疲労感●不眠や夢を見る
●肌の乾燥、カサつき
●集中力散漫
●物忘れが多い
●ひどい人は生理中に便秘になることも

【月経痛】  
●腰、お腹の鈍痛、シクシク痛む
●生理後半に多い

【基礎体温】
●低温期が長い(15日以上)
●高温期が短い(13日以下)

【その他の症状】
●子宮内膜が硬くて薄い●卵か小さい
●排卵誘発剤で卵ができないことも 
●稽留流産歴あり

【心理的特徴】
●不安感が強い
●自責の念が強い 
●落ち込みやすい
●鬱になりやすい
●不信感が強い
●心配症

【元気になるには】t5.gif
●血の源は食物です
●規則正しい食生活を●目の使いすぎは禁物
●夜更かしは厳禁●十分な睡眠

 

At2.gif
【経血の状態】  
●色は薄い赤色
●水っぽい
さらっとしている
●量は少ないか多いかのどちらか
●気虚がひどくなるとピンク色で量が多くなる

【日  数】
●一般的で4〜5日●ダラダラと10日も続く人も

【月経周期】  
●だんだん短くなる●周期は22日未満が多い
●血虚をあわせ持つと遅れがち

【月経前後の特徴】  
●月経前に足がむくむ●疲れて腰がだるい
●食欲がない
風邪を引きやすい
●下痢しやすい●
月経中体か冷える●とくにお腹が冷たい
排卵期に出血することも

【月経痛】  
●ほとんどない

【基礎体温】
●体温は全体的に低い(低体温)
●高温期の上昇が遅い

【その他の症状】
●切迫流産しやすい●着床してもすぐに流れる

【心理的特徴】  
●性欲が淡泊●消極的●おっくうに思う●根気がない

【元気になるには】t6.gif
●気は体のエネルギー
●消化の良い食事を●生理前は十分な休息を


Bt3.gif
【経血の状態】  
●くすんだ赤黒い
●色粘りがある 
●レバー状の塊あり
●量は多め
●1日目は少ない
1日目カス状のものが出る
●2〜3日目から多<なる

【日  数】  
●長めで7日以上●タラタラと続く●すっきりと終わらない

【月経周期】
●不安定で遅れぎみ●以前より少しずつ長くなる

 

 

 

【月経前後の特徴】  
●月経前腹部が硬い●月経前お腹が張る●月経前に便秘
「月経が来そう」と思ってもなかなか来ない
●月経前半は経血が茶褐色●タラタラした不正出血

【月経痛】  
●激しい痛み●月経が始まると痛くなる
●痛みは出血量と比例する●出産後痛みが軽くなる

【基礎体温】
●ケースバイケース 

【その他の症状】  
●子宮筋腫●子宮内膜症●卵巣腫
●子宮ポリーフ●卵管癒着●抗精子抗体陽性
●卵や子宮内膜の条件がよくても着床しにくい

【心理的特徴】
●ケースバイケース

【元気になるには】t7.gif
●血液をサラサラに
●適度な運動●体を冷やさない。
●尾骨や下腹部を暖かく●月経中に怒らない


Ct4.gif
【経血の状態】
 
●ごく普通の赤い色●量は普通
●1日目は少ない
●2〜3日目から多くなる

【日  数】
●一般的で4〜6日

【月経周期】  
●不安定●早まったり遅れたり
●不規則でいつ来るか見当がつかない

【月経前後の特徴】  
生理前はイライラ
●月経前落ち込みの激しい
●過食ぎみ、食欲不振●ゲップが出る
●おなかが張る
●肌荒れや二キピ
●便秘がさらに強くなる●軟便ぎみの人は下痢

【月経痛】
●月経前にお腹の張り●月経が始まると減痛

【基礎体温】  
排卵日が不明瞭
●排卵チェックは陽性でも、40時間以内に排卵しないこともある

 

【その他の症状】
月経前症候群

【心理的特徴】  
不妊治療にストレス感
●周囲の人への不満感●強いイライラ感

【元気になるには】t8.gif
●ストレスが元凶
●ストレッチ運動が効果的●なによりもリラックス 


−邱紅梅先生(中医師)監修−

ここまでの方はそうそういない

2019/11

◇症例◇

この方の主訴は子宮筋腫。

外側に出来た筋腫だから育ちやすいとはいえ10pは優に超える。

生理痛もひどく1週間は食欲減退。

 

食欲減退に伴い悪心、嘔吐が顕著になる。

体重が3~4s落ちる。

ここまで体重の落ちる方はそうそうはいない。

補気補血中心の組み立てなら、痩せたという結果に対しての治療になる。

そこで次回も同様な症状を繰り返す。

健脾主体なら、症状の緩和はかなり期待できるが、そこまで。

因となる子宮の血オにアプローチしないと繰り返す。

ここは胞宮血オをこれ以上に悪化させないことを主眼とする治療がメインとなる。

 

※治療の時期で最も大事なのは生理後半から排卵期までにいかに活血できるかにかかる。