足の痛み

「足」というと部位はどこを指すのか?

足の裏なのか、はたまたなのか。くるぶしなのか・を指すのか。

中医書における「足」の範囲は足くび以下の部位を指し上記は全て該当します。

足首以下には片足28個の骨、19個の大きな筋肉、100個以上の靭帯など多くの組織が存在しています。現代医学的には、この複雑な構造にズレが生じることで痛みが生じることが多いとされ、足関節捻挫・足底腱膜炎・足根管症候群etc.といった名称がついております。


当院にもこの足の痛み」で治療に通われている方が多くいらっしゃいます。

以下、東洋医学における「足の痛み」の原因を解説いたします。

大きく分けて、3タイプ。「体質型」「体質+気候型」「気候型」になります。

 

●体質型

1)肝腎陰虚型(栄養+潤い不足)

骨や靭帯を構成する成分、身体の潤す成分等の不足によって足裏、踵に痛みが生じる。

・原因・・・歳を重ねていくことや、働きすぎること

・特徴・・・赤みや腫れはない・長い間立つことが難しいこと

・その他の症状・・・めまい耳鳴り・足膝の痛み・目のかすみなど

 

2)気血両虚型(体力低下+栄養不足)

体力低下や栄養不足により、足裏、踵に痛みが生じる。

・原因・・・長期間病気にかかること・大病を患うこと・出血過多

・特徴・・・踵が痛むが赤くはれない・日中の活動時よりも夜の方が痛む

・その他の症状・・・精神疲労・顔色の青白さ・自然としきりに汗がでること


●体質+気候型

身体に冷えや水分過多が生じることによって生じる。冷えと余剰水分が結託することでエネルギーや栄養物質の運行障害が生じて足痛(多くは指)が生じる。

原因・・・長時間寒い、湿気の多い地にいること

特徴・・・歩く時足が重だるい(ひどい時には足を引きずる)

その他の症状・・・皮膚は冷たく青白い

 

●気候型

気候によりエネルギー及び栄養成分の運行障害が生じて足首以下の広範囲に痛みが生じる。

・原因・・・台風などの気圧の上昇・湿気の高い環境にいること

・特徴・・・足に限らず全身の関節の痛み・腫れ、陰天時や冷えによって悪化・曲げ伸ばしがスムーズでない・下肢が重だるい

 

大きく3タイプに分けて説明しましたがいかがだったでしょうか?

ご自身の足の痛みの原因を理解する上での何かしらの参考になれば幸いです。

実際には3タイプの他にも、東洋医学的では多くの原因が考えられております。

お話や身体診察を通じて、皆様にあった治療を提案していきますので、ぜひお悩みの方はご相談下さいませ。

 

スタッフ 杉本

 

 ※新着時期を過ぎると左サイドバー《足首/足底》に収められています。

足底痛

カガトをつけた途端に痛み出す。カガトの骨が変形し、棘が出てきたり、凹凸が出たりすることを原因とします。中医学では腎虚によるケースが多く見られます。

腎虚のほかは寒湿が多いですね。

 腎は下半身を司るとされており、腎が弱ることで、下半身の骨の老化もあらわれやすくなります。
 1.足首を回す
腎 が衰えてくると、大半の人は足を返して歩かず、カガトからドテドテとした感じで歩くようになります。日頃から足首を手で持って回すように心掛けて下さい。
taikei.gif 
2.太谿の灸
腎を強めるツボとして太谿をお勧めします。日に2壮ぐらい灸を据えて下さい。なるべくお腹の空いたときが効果的です。
 3.ふくらはぎのストレッチ
仰向けに寝た状態で、膝の裏を地面に接触させます(腎の弱い人は地面と膝裏に隙間ができます)。その状態で足の趾先を自分の方に反り返します。10秒ほど我慢して戻します。3〜5セットぐらいから始めましょう。

  

足底痛

2014/11

《症例・足底痛》

見た目にも老化が著しいご婦人。

年より10歳は老けて見えます。

 

主訴は足底が痛く歩けないということ。

胃下垂もひどく、骨盤内に入り込んでいます。

ちょっと圧が加われば、脊椎の圧迫骨折でもしそうな気配。

右尺脈がかなり重度の軟脈

これは命門の衰微といって、かなりの生命活動能力の低下時に見られる脈です。

 

証なら腎陽虚から陰陽陽虚に入っています。

治療後の痛みは少し良くなりましたが、

その後の治療計画は滋陰のツボに鍼し、お灸も多用し、命門の衰退に対処していきます。

2209_5681.jpg