突発性難聴

2020/11

難聴には大きく2種類があります。

腎に係わる難聴と肝に係わる難聴です。もちろん他の病理からくるケースもありますが、基本はこのふたつのどちらかです。

そして突発性難聴に関して言えば、初期なら肝との関連がかなり強いといえるでしょう

 

ストレス、不安、焦燥感などを因として、あるいは寒熱気血のバランスが崩れる更年期などに突然発症します。

耳の中で雑音があり、騒音と表現する人もいます。

『この雑音、先生に聞こえないんですか?』と言われたこともあります💦💦💦

・・・・(心の中で)聞こえませんが・・・・

まぁ〜それだけ大きい音だということでしょう(;^_^A。

 

ここは大和市で、厚木飛行場からほどなくです。

人によっては『ジェット機の音飛行機と表現された人もいます。

 

人の声、自分の声がこの耳ざわりな騒音の中で反響(あるいは埋没)し、声が聞こえにくい感じが突発性難聴の特徴といえるかも知れませんね。

肝のツボを中心に据え、体に聞きながら治療します。



sakura3.jpg

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《耳鳴り》に収められています。

耳鳴り

耳鳴りとは

 

耳鳴りとは周りの音ではなく、耳の中で音が鳴っていることを指します。

耳鳴り単体は病気ではなく「徴候(サイン)」です。日常生活での睡眠不足、慢性痛、薬の副作用、ストレス、ホルモンバランスの乱れなど関係のなさそうな所に耳鳴りを出す因子として存在します。

病気の随伴症状として起こることもあるので、おかしいなと感じるようでしたら、まず検査をお勧め致します。

 

一過性に耳鳴りを経験されたことがある方が大半だと思いますが、治療としていらっしゃる場合、

・ずっと耳鳴りが鳴り続ける

・耳鳴りの音が強くなった

・耳鳴りの質が変わった

・病院と併せて治療

・耳鳴りと同時に聞こえが悪くなった

などいつもと違う耳鳴りの感じ方をした場合に、治療を受ける方が多いです。

 

原因

耳鳴りの原因として言われていることは

・大きな音の影響

・加齢

・薬の副作用

・メニエール病

・原因不明

大半の耳鳴りは原因不明ということです。東洋医学では原因不明の耳鳴りを分類し治療することが出来ます。

 

治療として

西洋医学と異なる視点で東洋医学は身体を診ます。大きく分けると弱った事が影響している場合と興奮したことが影響したことに分けられます。

東洋医学的に診て以下に分類することが出来ます。

 

・ストレスタイプ:

ストレスが急激にかかった、ストレスの蓄積が耳鳴りとして現れたタイプ

このタイプは高音の音が聞こえやすい

 

・加齢タイプ:

耳の機能が衰えてきたことによって起こるタイプ。聞こえにくさや難聴を伴うことがある。このタイプは低音の音が聞こえやすい

 

・熱タイプ:

 のぼせ・ほてりなど熱が頭に上りやすいタイプ。更年期症状の一つとして耳鳴りがでる人もいる。このタイプは高音が聞こえやすい

 

・栄養不足タイプ:

 気血の不足が耳に影響すると起こるタイプ。睡眠不足や消化吸収能力が落ちている方などに多い傾向。このタイプは高音・低音どちらになるかは状態によって異なる

 

このような形で分類しタイプにあった治療、ツボの選択、養生法を伝えていきます。

何か気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

    

意外に多い症状 耳鳴り

  耳鳴り

鍼灸院で意外に多いのが耳鳴りです。
耳鳴りで病院に行くと「加齢現象ですね」とサラリと一言。

「歳?だっていうのか?」とちょっとガッカリ。

そこで鍼灸院へ ざっとこんな感じで皆様来院されます。 ※類似疾患として『脳鳴』があります。 たとえれば耳鳴りが脳の中で起こっている感じでしょうか。 これは過去10数例診ましたが、改善というか消失1例のみですごく難しい疾患です。 中医学では、この加齢現象を五臓六腑の腎の衰えと認識します。 とくに耳は腎精を栄養源とするため、腎精の枯渇は耳鳴り、難聴という形であらわれやすいのです。
「僕は若いのにしょっちゅう耳鳴りがあるぞ・・・」と自慢?反論?なさる方もおられるかもしれませんね。
この場合は五臓でも心に問題があります。
心は気血を全身各所に運ぶ役目を担当します。
これにより各器官はその器にしたがった役割を果たすことができるのです。
つまり心のトラブルは、耳に気血という栄養物を運べなくなるということです。
心は年齢と関係ありません。若くても心のトラブルは起こるのです。
どちらかというとメンタルな部分でトラブルを起こしやすいのです。
うちの患者さんで、天地療養で耳鳴りが消えた人がいました。

腎か心のいずれの臓腑のトラブルかは言うまでもないでしょう。

もちろん肝病理もありますよ。 専門家に非難される前に付け加えます((´∀`))ケラケラ ※教科書類ではよく耳鳴りの大きさや高低で弁証するとありますが、ほぼ無理です。 200例ほどの結果この分別法はあまり成り立ちませんでした。 緩解因子、増悪因子あたりから分析したほうが良いです。

 

 
 

 

 

耳鳴(耳鳴り)

中医書では耳鳴り聴力減退(耳聾)を一緒に論じられることが多い。

これは「耳」という共通の器官に生じたトラブルであり、発症の原因が似ていたり、同時また聴力低下の悪化に耳鳴りが伴うことが理由の一つとして考えられている。

今回述べる耳鳴りでは、キーンとした高い音・ボーっという低い音の音の高低音の大小など症状一つでも多種多様である。面白いことに中医書には「蝉の鳴き声のような耳鳴り」、「鐘の鳴るような耳鳴り」、「太鼓をうったような音の耳鳴り」などの表記も見受けられる。

ただ、音の高低、大小での鑑別は難しく、増悪・寛解因子をもとに分析をすることが良いそう。

お話や身体診察を通じて、大きく以下の内容に鑑別いたします。

 

◎「加齢型(腎)耳鳴り」

「年をとって耳が遠くなってきたぁ…」という悩みを持つ方はいらっしゃらないでしょうか?

年を重なるにつれて人間は生まれながらに有する栄養物資を消耗しています。特に耳はこの栄養物質を必要としており、加齢によって聴力減退(ひどければ難聴)・耳鳴りとして現れるのです。
睡眠不足や疲労、性行為で悪化することも。

 

◎「栄養不足(脾)耳鳴り」

「疲れた時にまた急に耳鳴りが…」というような耳鳴りです。「耳」という器官が正常に働くためには器官が滋養されていなければなりません。消化器のトラブルによって栄養が吸収されないため、耳が養われないことにより生じる耳鳴り。休息によって軽くなり、疲労や空腹時に悪化する。

 

◎「栄養供給力不足(心)耳鳴り」

上記同様に耳が養わないため生じる耳鳴り。消化・吸収ではなく、耳まで栄養を供給することができないことで生じる耳鳴り。

 

◎「ルート障害型(肝)耳鳴り」

耳まで栄養物質を運搬するルート(経絡)が滞ることによって生じる。「イライラしてたら耳鳴りが…」などストレスが発症のきっかけとなることが多い。ストレス・同一姿勢で悪化、リラックスすることで軽減する。

 

意外かもしれませんが「耳鳴り」が主な訴えで来院される患者様も多数いらっしゃいます。

冒頭でも述べましたが、耳鳴りは聴力減退の前段階として出現する場合もあります。

耳鳴りの段階で対策、聴力減退予防のお手伝いをできればと考えておりますので、ぜひ一度ご相談くださいませ。

(今回は五臓六腑の内的要因でお話しをさせていただきましたが、気候等の外的要因も耳鳴りの原因となります。長くなってしまいましたのでまたの機会に…。)

 

スタッフ 杉本

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《耳鳴り》に収められています。