頚椎症

頚椎症では

 

首の痛み

首の動かしづらさ(首が回らない)

肩のこりもしくは痛み

背中の張り・痛み、

腕にかけて痛みや痺れ、脱力感

手指に痺れ、痛みがある

などの症状が出てきます。状態に応じて症状の強さ頻度、症状の多い少ないがあります。

 

原因として

頚椎の加齢変化による骨の変形が起因になることが多いと言われております。

鍼灸院では、よく画像所見で骨の変形を伴わないこと方もいらっしゃいますが、画像所見だけが全てではないので動きや体表から観察できる皮膚の状態、筋肉の状態、体質をみて総合的に判断致します。また首から腕に伸びる神経が圧迫されることによって腕に痺れや痛みを誘発します。

 

※この時に首の動きで痛みや痺れを誘発する動きがあります。

ある特定の動き・動作・姿勢で痺れや痛みが強くなる方は首に負担がかかっている可能性が強いかと思われます。

 

治療としては

まず頚椎にかかる負担を減らします。

その負担がかかりやすいタイプ分けします。部分だけ行っても持続しにくいので首・肩・背中などの痛みを作る原因も並行しながら治療を行います。

 

タイプ別

・気虚(ききょ)…気の不足を指します。身体を支える力が落ちます。頭を支える力が落ち負荷がかかりやすい状態や背中が丸まりやすくなり首に負荷がかかりやすい状態になります。

 

・気滞(きたい)…気の滞りを指します。気の滞りは分かりやすくお伝えすると、筋肉の緊張が

強くなるイメージです。患部だけではなく肩から背中がパンパンに張るなどの表現が多いです。筋肉の緊張が全体的にあると首にかかる負荷を大きくなります。

 

・血オ(けつお)…血の滞りを指します。東洋医学では血の痛みはかなり強い症状を起こします。何もしなくても痛む、夜中に痛みが強くなる、画像所見であれば骨の変形がある方が多いです。血オの状態がとれてくると痛み安定してきます。

以前に血の頚椎症のブログを書きました。

https://www.sakuradou.biz/article/16105161.html

興味ある方は覗いてみてください。

 

各々タイプによって当てるツボが変わってきます。もちろん首の負荷を減らす目的でのツボの選択になります。

聞きなれない用語があるので難しく感じるかもしれません。お悩みや疑問に思うことがあればご相談ください。

    

気虚の強い頸椎症

2013/8

《症例・頚椎症》

この症例は、他院で全く良くならず2週間経た後での来院です。

重度の気虚(全身の疲労状態)が見えます。

気が足りずに首を支えることができないケースといえるでしょう。

こういうときは首をいじりません。

脚やお腹のツボを使い全身の気の増量を高めます。

2度の治療で60%ほど回復しました。

なかなか治らない頸椎症では患部以外に眼を向けることも大切ですね。

cat.jpg

※新着時期を過ぎると左サイドバー《頚椎症》の中に収めらています。 

頸椎症は再発前に

2013/3

この数年で頸椎に関わる難治性の高い例を2例診ました。

1例は医道の日本(たぶん?別かもしれない)にも発表しましたが、オペで頸椎の1番、2番を切除した例です。

論理的にそうせざるを得ないほど上肢の筋力低下などがあったと予想しますが、神経むき出し状態です。

ここに外傷が加わったら(たとえばちょっとした追突事故など)・・・想像しただけでお腹が痛くなってしまいます。

ご本人の首に対する気の遣いようは並ではありません。

もちろん日常生活でコルセットは外せません。体ごとでないと首を振る動作も適いません。

残念ながら痛みを2,3割減にするのがやっとでした。

 

もう1例の方は最近です。頸椎の極突起をすべて切除し、その後靭帯と繋いだそうです。

すぐに頭の中で絵を作ることができませんでした。

この例も筋力低下で物を落とすようになったので踏み切ったそうです。

上述の例よりは軽度ではありますが・・・・、5割減がやっとでした。

 

頸椎のオペ後、再度痛みが現れると本当に治りにくいという印象があります。

全体像、つまり私なら臓腑や気血と頸椎との関連を考えながらツボを選択してゆきます。

それでも2例とも好成績を治めることができませんでした。

内心忸怩たる思いです。

 

※頸椎に関わる症状は重症化したらなかなか難儀な治療となります。

腰椎などと比べ複雑な構造な点や頭部に近く殊更肝の疏泄失調を起こしやすい点が難治性を高める原因と思われます。

こうなる前に治療を開始できればと考えます。

     DSCN0903.JPG

※左サイドバー頸椎症に格納

血オの頚椎症

H31,4/6

◇症例分析◇

お疲れ様です。金澤です。

現在、頚椎症で腕に神経痛が出ている患者さんがいらしています。

夜、寝る時に痛みが強く座って寝ているみたいです。

それだけ症状が強いのか、と思いましたが治療院のベットでは仰向けに寝ておられます。

はて?どういうものか?

今現在考えられることとしては…

 

@家と治療院のベットと枕の違い

よくよく聞くと寝る行為で痛みが誘発されるのではなく、日中と比べると夜の方が痛みが強くなるみたいです。夜に痛みが出現する+仰向けで強く痛みが出現する。なのでベットと枕だけの違いでの因果は薄そうです。

 

A疲労悪化と痛みの連動によって寝る前に強く痛みが出現する

生活環境やその人の持つ素体によって変わるものではありますが、朝起きて活動している方だと概ね夕方くらいの時間帯が疲労を感じやすい傾向であります。人によって感じ方は違うのですが…

確定要素にはなりえないものなので保留になります。

 

B時間帯によって痛みが強く出現しやすい病態

 

東洋医学では時間帯によって痛みが強く出現することもあります。@でも記載しましたが日中より比較的、夜の方が痛みが強く出現します。病態として挙げられるものとして陰虚火旺(いんきょかおう)や血オ(けつお)という病態です。病態説明は省きますが痛み方や傾向性を聞いていくとBの可能性が今現在は高いかと思われます。

 

痛みの日内変動これも重要な所見になります。この場合、火旺や血オをまずは叩く!!これが治療上まず大事になりますパンチ

お辛いと思いますが一緒に頑張りましょう!

頸項痛(首の痛み)

伝統医学では首・肩を指す用語があります。

肩はそのまま「肩」といいますが、首は前後に分かれそれぞれの用語が存在します。

首の前側は「頚」、首の後ろ側を「項」と言います。

今回は頸項痛(=首の痛み)について少し調べてみました。

 

中医書の記載では、頸項痛の原因を大きく分けて二つ。

@気候・気温などの外的要因、A捻挫・寝違えなどによる物理的要因が挙げられております。

 

◆気温・気候などの外的要因

外的環境による症状であることから比較的病気の原因は体表面に位置すると考えられる。

湿気により(風湿在表)「重だるい痛み」として出現。重だるい他、痛みの場所が移動しないことも特徴的。動かないことで悪化することが多いため、動かして気を巡らせるようにする。

 

◆捻挫・寝違えなどによる物理的要因

外圧により体内のエネルギー物質・栄養物質(気血)の運行が停滞されることによって生じる。

気血の運行をスムーズにする治療を行う。

(寝違いに関しては、外因により生じることも考えられています。)

 

※調べた書物にはありませんでしたが、その他、冷気による首の痛みや内傷型(五臓六腑)由来の頚項痛も考えられます。

(冷気に触れることで筋肉が過剰収縮し痛みとして出現・気血の運行を円滑にコントロールする臓腑のトラブル・筋肉・骨・関節を養う物質の生成不足・輸送できるエネルギーが足りないetc…)

 

上記、一例の記載となりましたが、「首の痛み」ひとつでも伝統医学では多くの原因が考えられています。

その他につきましても、同カテゴリー「左サイドバー:頚椎症(首・肩・背中の痛み)」に各スタッフ記載しておりますので首の痛みにお困りの方はご参考ください。

 

スタッフ 杉本

 

__sozai__/0005339.png