今どき(9月初頭)のぎっくり腰の特徴

2020/9

先週初頭ぐらいから「ぎっくり腰」で飛び込んでくる患者さんがめっぽう増えている。

この時期のぎっくり腰には、通常のそれと違う特徴を見出すことが多い。

 

※圧痛点があいまい

※確かな発生起因がない(重いものを持った、靴下を履いた瞬間など)

これにより挫傷や急な負荷による筋膜炎でないことがわかる。

 

だいたいの病理機序はこうなる👇

強い湿気の影響で腰部の気血の動きが妨げられる。

とくに気の停滞を起こす。

最初は軽い腰の張りを感じ、そうこうしているうちに動けなくなり電話がかかってくる💦

つまり気滞から血オか気滞から熱化する。

 

湿邪⇒湿邪のより腰の気滞⇒軽度の気滞が熱化する、あるいは気滞から気滞血オに発展する⇒動けなくなるという機序である。

この湿邪の影響が強く現れるのは起床後~その後3時間くらいまでだから、皆さま一様に午前中に発症がく〜(落胆した顔)している。

湿気が体に及ぼす影響を軽く見てはいけない。 とくにストレスをためているとき。 脂肪で体重が増える傾向にあるとき。 水はけが悪くお腹がプヨプヨ、チャポチャポしてきたときなどは要注意である。

 

 hari.jpg

※新着時期を過ぎると左サイドバー《ぎっくり背中(腰)》に収められています。


 

 

ぎっくり腰はなぜ起きる???

20120/5

トータルで患者数が最も多い疾患はなっていっても腰痛。

その中で一番はぎっくり腰。

婦人科疾患と同じくらい多い。

腎不全や卵巣破裂から起こったもの急性腰痛もあったが(急性腹痛を併発)、大概は筋膜炎などが主体。

ほとんどが反った瞬間に発症爆弾

朝などはちょっと反っただけで起こす。

朝、顔を洗っている時、靴下を履いた時ーぎっくり腰は起こさない。

鏡を見ようと体を起こした時、履き終わって体を起こした時に起こす。

 

条件がある。

同じ反りをした時でも筋肉が硬い時の方が起こしやすい。

※起床時まもない時間帯

※寒い日

※気持ち緊張状態の時

※肉体疲労が溜まっている時

これらはいづれも筋肉が硬くなりやすい。

よってこういう状態の時は極力反りするときはゆっくり注意深くする。

 

腰部から末端に気血を誘導するような方策を立てる。

「背後に椎間板ヘルニアあり」の時は少しお時間を頂くが、それ以外なら比較的早めに良くなる。

さくら堂.jpg

 

ぎっくり背中

背中に急激に痛みが走り、特定の動作、もしくは何もしなくても痛みが続く肩甲骨の間から腰の上あたりに出る急性の痛みのことを指すのであろう。 

痛み方、発症のしかたからみて、ぎっくり腰と似ていることからぎっくり背中と名前がついたのでと考える。ぎっくり腰の兄弟ということだ。 

 

臨床から診た、ぎっくり背中の多い症状

・呼吸すると痛む

・背中を伸ばす・丸めると痛む

・寝返りで痛む

・首の動きで痛む

・何もしなくても痛む

 

急性かつ痛みが激しい症状が主体になると思います。

 

治療としては

・炎症があると判断した場合

 炎症を抑えるツボ、痛みの緩和を主体として行っていきます。

 

・炎症がないと判断した場合

 対象となる筋肉を柔らかくすることを主体として行います。

 

※ここが重要

急激な痛みが出た場合、患部に負荷をかける原因が存在します。患部に負荷をかけさせている原因の除去が急性の痛みのレベルを早く下げるポイントになってきます。

ご参照ください。