便秘

こんにちは!研修生の大久保です。暑い日が続きますが皆さんバテてはいないでしょうか。私は先日、夕食の買い出しを兼ねて二時間程歩いていたのですが、夕方と言えど体力を奪われてしまったようで帰宅すると食欲が無くなり結局買ったものは食べられず、スポーツドリンクだけで夕飯を済ませてしまいました。いつまでも体力があると思ってはいけませんね(>_<)

 

さて、以前にもご紹介致しました便秘について、今回はもう少し掘り下げていこうと思います。

“便秘”と一口に言っても、様々な原因があります。昔の中医書「活人書」には<金・元王朝時代には便秘の事を“虚秘”“風秘”“気秘”“熱秘”“寒秘”“湿秘”“熱燥”“風燥”に分けた>と書かれています。元王朝時代と言うと、学校でも勉強しました元寇があった時です。日本で言うと鎌倉時代辺りですね。まだ電気も発明されていませんので、大幅な生活リズムの変化が無いであろうこの時代でも便秘というのは悩みの種だった事が分かります。それでは、今挙がりました八つのタイプを踏まえながら、現代でもよく見られる五つのタイプのご紹介を致します。

 

1【胃腸実熱便秘】(熱秘)

 熱邪や、身体の奥に入った寒邪が熱に変化して胃腸を傷つけ、大腸の伝導作用を傷害する。

 辛い物や脂っこいもの、味の濃いものを好んだり、お腹を押すと嫌がる事が特徴的。

 

2【肝脾気滞便秘】(気秘)

 長期間のストレスや悩み事、デスクワーク等による同じ姿勢の連続により、気が鬱滞し、

 消化物の流れが悪くなる。運動をする休日は快調という方はこのタイプかもしれません。

 

3【脾肺気虚便秘】(虚秘)

 食欲不振による体力低下や悩み事、疲労の蓄積などにより、消化物の流れが悪くなる。

 肝脾気滞型と似ているが、排便時に息切れや疲労感がある事が特徴的。重症化すると痔になる事がある。

 

4【脾腎陽虚便秘】(寒秘)

 疲労や長期間の病気、体力低下により気の作用の一つである温煦作用(温める作用)の働きが弱くなり、

 大腸の動きが悪くなる。小便の回数が多いことが特徴的。逆に明け方に下痢をすることもある。

 

5【血虚便秘】(虚秘)

 産後、生理、長期間の病気、熱病の回復期や悪性腫瘍により血や津液(水分)が損傷され、

 大腸の潤いが無くなった事で消化物の流れが悪くなる。女性はこのタイプが多い気がします。

 

当てはまるものはありましたでしょうか?理由が分かれば生活習慣の改善点も見えてくると思います。

また、せっかく出てきてくれた時には身体の便りだと思ってチェックして頂けると体調の変化にも気付きやすくなると思います^^

便秘の3タイプ

常習性の便秘には3つのパターンがあります。大腸の蠕動運動が弱い弛緩型便秘。これは比較的刺激に対応してくれるため、野菜をたくさん取る。水を一気に飲む。運動する。肛門〜直腸を刺激するなどで解決することが多いものです。

問題は蠕動運動が活発過ぎる痙攣型便秘です。過度の刺激で腸内バランスを崩し、便秘をさらに悪化させることも少なくありません。流行の●●●エネマで重度の便秘に陥った方もおられました。便秘と下利を繰り返す人もけいれん型に多くいます。かなりリッラックスした環境が整わないと排便は望めませんので、会社や駅、デパートのトイレに世話になることは余程でない限りないでしょう。内関、太衝、風池などのツボが効果的です。

もうひとつ直腸型便秘があります。主に便意がある際に、トイレに行かない(行けない)の繰り返しで、脳が指令しても肛門括約筋が開かない状態に陥ります。便意もなく、2週間以上放置している人も少なくありません。承山、委中、風池 などツボのほか、出なくてもよいですから《便意があったらすぐトイレ》の習慣だけは身に着けましょう。お願いします。