不妊治療と中医学

不妊症で鍼灸治療を受けにくる患者さんの8〜9割ほどは、不妊クリニックと併用されています。

検査数値、基礎体温、月経周期・日数などから、患者さんの治療の方向性をつけていきます。

大きくではありますが、月経、基礎体温のタイプ別に分けてありますのでご参考にしてください。

妊症と治療の方向性

タイプ別・基礎体温

月経から体質分類する

婦人病あれこれ

※各ページ飛べます。クリックしてみてください。

早発閉経

2015/5

最近ちらほらと早発閉経の方が増えている。

正確にはゴナドドロピン異常による卵巣機能不全の方が増えている。

卵がなくなるのではなく、中枢系のトラブルで、卵巣が上手く働かないケースである。

 

不妊治療の経過でなる方も少なくない。

E2が低かったり、FSHが40を超えたり、PTHが低かったり、T3・T4が低かったりと様々である。

リウマチが関与することもあるらしい。

肝腎陰虚を基軸に考えることが多い。

ひとつひとつの絡まった糸を解す。時間はかかるが確実にである。

 

 

★塾長のブログより★