月経量が少なくなるA滞り編

先日の続き。本日は「滞りタイプの月経過小」について説明したいと思う。


●「滞りタイプの月経過小」(東洋医学的分類)

体内へきちんと血液を作りだすことができたとしても、子宮へ血液を供給するルートに何かしらの滞る物質が生じることでルートの運行に障害が出来る。血液の運搬を阻害する原因としては、冷えや余剰な水液物質(ベタベタしており他の物質の運行を邪魔する)などが挙げられる。多くは五臓六腑の失調・外的環境要因(寒冷・多湿・長時間の同一姿勢・ストレス)などにより生じることが多い。以下、代表的3パターンの解説に移りたい。


B痰湿阻滞月経過小(水液ベタベタタイプ)

体内に生じた余剰水分が血液の運行を阻害すること・また子宮内に入り子宮の活動を停滞されるため生じる。余剰水分は食事の不摂生により消化・吸収機能が低下することや多湿な環境により生じることが多い。

(特徴)経量が少なく色は淡い・ネバネバしている・白帯を排出することが見られる。

(全身症状)手足や陰部、全身の湿り気を伴う・肥満体形であることが多い・食欲不振・全身倦怠感・むくみ・下痢など

 

C血オ月経過小(血液凝固タイプ)

血液凝固した結果、血液運行が阻害されることにより生じる。長時間の同一姿勢やストレスフルな環境・精神抑鬱状況にさらされることにより全身の循環力の低下が低下することが原因となる。はなはだしければ出血はほとんど見られない。

(特徴)月経血量は顕著に減少・紫黒色で血塊を伴う・小腹部に張りや痛み(血塊排出後に痛みは軽減する)など

(全身症状)月経前に胸部が脹る・皮膚がカサカサする・舌に赤い点々が見られるなど


D寒凝胞宮月経過小(冷えタイプ)

体内に生じた冷えが子宮および子宮の活動低下をもたらし生じる。冷たいものや身体を冷やすものの食べ過ぎ・飲みすぎ・寒冷な環境や雨に濡れて身体をそのままの状態にし身体を冷やすことが原因となる。

(特徴)経血色は暗紅色〜暗黒色、血塊が混ざる・腹部は痛むがあたためると軽減することが多い。

(全身症状)顔色白い・手足は冷える・さむがるなど

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医症候鑑別診断学」 人民衛生出版社

「問診のすすめ」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《生理痛/生理不順》に収められています。