月経量が多くなる@漏れ出る編

●「月経過多」とは?

生理は1カ月に1回おき、1回につき3〜5日間にわたって持続することものとされる。月経量が通常よりも多いものを「月経過多」という(周期は正常である)。

 

●月経量が多くなる原因について

月経量が多くなる原因は大きく二つに分類される。ひとつめは「子宮内に血液を留めておくことが出来なくて出血が持続すること(漏れ出るタイプ)」。二つ目は「熱により子宮が過活動状態になること(熱タイプ)が挙げられる。

 

●「漏れ出るタイプの月経過多」(東洋医学的分類)

「子宮内の血液」は五臓の役割によって保持されている(主には消化器(脾)・腎が担っている)。「脾」および「腎」の働きが弱くなることは、血液を子宮内に留めておく力の低下を意味する。漏れ出るような形となり、通常よりも経血量が増加してしまう。以下、代表的な2パターンについて解説する。


@脾虚弱月経過多(消化器虚弱・内臓下垂タイプ)

脾(消化器)のはたらきの低下に起因する。五臓の「脾」は脈管に血液を留めておく役割を有する。月経においては子宮内に血液を留めて力が低下することで月経過多が生じる。主に飲食の不摂生が続くこと・過度の労働や思い悩みなどが原因となる。

(特徴)経色は希薄か淡紅色・腹部の下垂感を伴う

(全身症状)疲労感・ボソボソ声で話す・顔色は黄色い・食欲不振・下痢・手足のむくみ

 

A衝任虚寒月経過多(冷えタイプ)

冷えは子宮の働きを低下させてしまう。子宮の働きである血液を子宮内に留めておく作用が低下し、月経量の増加が確認される。もともと身体の温める力が弱い体質であったり、若年の出産・出産過多などが原因となる。

(特徴)月経後半に下腹部の痛み(温めると痛みは軽減し、冷えると痛みは増強する)

(全身症状)下腹部の冷え・腰が冷えて重だるい・小便の量が多い・下痢など

 

「熱タイプの月経過多」はまた次の機会に・・・・。

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医症候鑑別診断学」 人民衛生出版社

「問診のすすめ」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《生理痛/生理不順》に収められています。