月経周期の延長B滞り編

本日は「子宮への気血の運行が停滞して起こる月経周期の延長」(気滞・血オ・湿阻)について解説をしたいと思う。

 

●気滞による経遅

身体の循環力が低下した結果、血液の運行にも影響が及び、子宮へ血液が充満されることに時間がかかることで月経周期の遅れが生じる。

精神面が大きく関与するとされ、精神的な抑うつ状態が続くことや突発的な怒りの感情により生じることが多い。

(月経の特徴)1週間以上の月経の遅れ、経血の量は少なく、血塊を伴うこともある

(全身症状)胸の張り、ものを食べらがらないなど


●血オによる経遅

血液が凝滞してしまり、血流が悪くなってしまうために子宮へ経血が下らないことにより生じる。

血オ形成の原因としては、上記気滞(身体の巡りの低下)からの展開や冷えなどが挙げられる。

(月経の特徴)経量は少ない・経色は暗紅色・血塊を伴うことが多い・刺すような痛みがある。

(全身症状)胸の張り感・ものを食べたがらない…気滞によるもの

下腹部に冷えと痛みがあり温めると軽減・寒さを恐れる・四肢の冷え・顔面が真っ白…冷えによるもの

 

●痰湿阻滞による経遅

体内の水液物質の巡りが悪くなることにより生じる。同時に血液の運行も阻害されてしまい、血流が悪くなってしまうため子宮へ経血が下らずに生じる。

ジトジトと湿気の強い環境に長時間いること・油濃いもの味の濃いものアルコールの常飲などが血液運行の阻害要因となる。

(月経の特徴)経量は少ない・経色は淡く粘稠度がある

(全身症状)手足のむくみ・平素より白帯が多い・痰が多く出る・動悸・息切れ

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医症候鑑別診断学」 人民衛生出版社

「問診のすすめ」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《生理痛/生理不順》に収められています。