このツボなんのツボ?(関元そのA)

土曜スタッフの蔵部です。
前回書いた関元という経穴(ツボ)の解説の続きを書いていこうと思います。
元気の関所という意味を持つ関元穴はどんなツボなのか、今回はその経穴のある任脈から探っていきましょう。

余談になりますが経穴(ツボ)は実はいくつかの種類に分けることが出来るのです。
一つは経脈と言われる大きな流れの上にある経穴(正穴と言われるツボ)、もう一つは単独で存在するもので独自の効果を持っている経穴(奇穴と言われるツボ)、もう一つは決まった場所ではないがその時に押して気持ちの良いところ(阿是穴と言われるツボ)。
これら様々な種類の経穴を使って鍼灸師は治療をしているのですね。

 

関元穴は任脈と呼ばれる経脈の上にある経穴となります。では任脈とはどういう経脈なのでしょう、どのような特徴があり、どのような流れをしているのでしょうか。

 

任脈は会陰部にある会陰という経穴から始まり、臍の中央の神闕穴を通り、アゴのくぼみ部分にある承漿という経穴で終わる体前面の真ん中を通る経絡です。


諸陰経(手・足の三陰経、計六本)を統括するため「陰経の海」と言われます。陰経とは例外もありますが、基本的には体の前面を走る経絡を指します。(ここを説明すると長くなるのでなんだか重要そうな経脈なのだなと思って頂けると助かります💦

 

 経絡がどのように流れていくかを流注といいます。実は経脈の実際の流れは経穴の並びのままではなく、奥に入ったり浅く流れたり別の支流を出したりと体の中でより大きく動いているのです。

では任脈の流注(流れ)がどのように流れているか、関元穴はどのように書かれているか、中国の古典を見てみましょう。


『難経』の二十八難を紐解くと「任脈者、起於中極之下、以上毛際、循腹裏、上関元、至咽喉」とあります。これは「任脈は中極穴の下に起こり、もって毛際に上がり、腹裏にそいて関元に上がり、咽喉に至る」と読み、任脈が中極という経穴の下から起こり、陰部の毛の際を上がって、お腹の裏側をめぐって関元の上に出て、咽喉に向かう流れなのだよということを表しています。

 

 上の文章で関元穴は下腹部の内側をぐるっとまわった任脈が体表に現れる部分として書かれています。まるで関所のようだとは思いませんか?
関元穴は体の表面にありがら、その深部にもアクセス出来る重要な経穴なのです。

 

下腹部は丹田とも言われ体を支える大本であり、元気の源である腎のある部分でもあります。この部分に影響を与えられる経穴としての関元穴、よく使われるのも納得ですね。

関元穴、いかがでしたでしょうか?
次回は中(ちゅうかん)穴をご説明出来ればと思います。

蔵部友子

__sozai__/0015904.jpg

新着記事の時期がすぎても、左サイドバー下段の「みんなでブログ」の中に収まっています。



今どき(9月初頭)のぎっくり腰の特徴

2020/9

先週初頭ぐらいから「ぎっくり腰」で飛び込んでくる患者さんがめっぽう増えている。

この時期のぎっくり腰には、通常のそれと違う特徴を見出すことが多い。

 

※圧痛点があいまい

※確かな発生起因がない(重いものを持った、靴下を履いた瞬間など)

これにより挫傷や急な負荷による筋膜炎でないことがわかる。

 

だいたいの病理機序はこうなる👇

強い湿気の影響で腰部の気血の動きが妨げられる。

とくに気の停滞を起こす。

最初は軽い腰の張りを感じ、そうこうしているうちに動けなくなり電話がかかってくる💦

つまり気滞から血オか気滞から熱化する。

 

湿邪⇒湿邪のより腰の気滞⇒軽度の気滞が熱化する、あるいは気滞から気滞血オに発展する⇒動けなくなるという機序である。

この湿邪の影響が強く現れるのは起床後~その後3時間くらいまでだから、皆さま一様に午前中に発症?????`?i???_???????jしている。

湿気が体に及ぼす影響を軽く見てはいけない。 とくにストレスをためているとき。 脂肪で体重が増える傾向にあるとき。 水はけが悪くお腹がプヨプヨ、チャポチャポしてきたときなどは要注意である。

 

 hari.jpg

※新着時期を過ぎると左サイドバー《ぎっくり背中(腰)》に収められています。


 

 

食卓を囲う

お疲れ様です。杉本です。

 

本日火曜日。午前中は金子院長、大久保先生、杉本の3人体制です。

少し早めに午前の診療を終えたため本日は差し入れでいただいた「うどん」を調理することに。

 

いつもは宅配弁当を注文し皆でおいしくいただいてます。(弁当業者の皆さまいつもありがとうございます。)

ただ男三人であれやこれやと協力して、昼食を準備する。

そして自分たちでつくったものを囲んで食することに穏やかな時間だな、を感じました。

 

今の時代なかなか人と会うことが出来ない、飲食店に出向くにも注意を払います。

食卓を囲うってなんだかアットホームでいいな、と感じる昼休憩でした。

写真を取り忘れてしまいました‥‥。

(もちろんディスタンス、消毒等の徹底してます!)

 

スタッフ 杉本


__sozai__/0012844.png

 

新着記事の時期がすぎても、左サイドバー下段の「みんなでブログ」の中に収まっています。