卒啄同時(そったくどうじ)

2020/7

卒啄同時(そったくどうじ。注;卒の字には本来は口へんがあります。)とは雛が殻を破ろうとする正にその時、親鳥が殻を突くことをいいます。転じて禅宗では解を得ようとする弟子に師が教示することを指すようになりました。

一般には絶妙のタイミングを指しますね。

 

しかし、これは言うは易し行うは難しです。

僕はいつも早まってしまいます💦💦💦

 

相手が知識を得るだけなら早くてもかまいません。得するだけで成長はしませんが(* ´艸`)クスクス

損得勘定の強い方は上手に解を引き出そうとします。そういう時は本当に大事なことは言いません(笑)。

なので逆に、これはexclamationと思うお弟子さんになると言いたいのを抑えるのが大変です💦💦💦

 

怒る、褒めるも実は啄同時が大切です。

相手が深く腑に落ちるタイミングがあるものです。

 

実は治療もそうなのです👇

◆体が望んでいる場所に望んでいる刺激を送り込めると、こちらの予想を超えた回復を見せてくれます。このタイミングが肌で分かるようになったら超がふたつ付く一流でしょう。これは分析力とはまた違うし、勘だけでもありません。うまく言葉に落とせませんが( ^ω^)・・・◆


sakura3.jpg

※新着時期を過ぎると左サイドバー《院長の呟き》に収められています。

代表的な症状

《左サイドバーの見方》

さくら堂治療院で良く診るな症状や疾患を順に列記しています。

婦人科疾患以下は上から順に頭面部、眼部、頚部ー肩、上肢ー背腰部ー股部、下肢ー腹部ー陰部の順になっております。

その他の症状、疾患も診ておりますので、お気軽にお問い合わせください。

cat.jpg