鍼灸治療を通して、皆様の心身と対話したいと考えています。当院は整形的疾患のほか婦人科(とくに不妊症、不育症、無月経など)と陰部陰茎痛に力を入れています。

ソフト面の3つの特徴 

不妊治療:不妊外来へ通院中の方へのサポート体制   

 婦人科外来と鍼灸治療を併用することで子宮力を上げ、妊娠率を高めることができます。

とくに着床率を上げるためには、気血の旺盛な厚くて柔らかな子宮内膜が必要です。また、採卵時にもできるだけ質の良い卵子が取れるに越したことはありません。 鍼灸と併用しながら、子宮や全身の状態を良好に変化させましょう。詳細はHP内の各章をご参考にして下さい。

 難治性の高いと思われる方の場合、邱紅梅先生 (北京中医薬大学・医学部・中医学科卒、中国では婦人科医、現恵比寿・桑楡薬局店主)とカンファレンスいたします。

 

〇さくら堂治療院からのご報告

最近の不妊治療で来院される方の傾向としては、子宮内膜の感受性低下の方が増えたように感じています。中医学の見地から内膜の厚さだけではなく、固さに着目しています。月経が体温が下がってもなかなか始まらない方、月経出血の前にオリモノ状の分泌物が2日以上続く方、塊り状の血が出る方はとくにご留意して下さい。

                                              

 開院以来20年間以上一貫とした中医鍼灸  

現代中医学の特徴は『弁証論治』というシステム論です。このシステムにより的確に病態把握して治癒率を高めることができます。また同システムを使えば、鍼灸のみならず、食事指導や運動指導も行え、再発防止に役立ちます。  

 

情報を発信する  

初めての患者さんに聞くと、鍼灸治療がどのようなものかわからないケースも少なくありません。身近で経験した人がいなければなおさらでしょう。努めてHPでなど情報を発信に努めてまいります。

 

 ハード面の2つの特徴

「待ち時間を作らない 

忙しい時間を無駄にしないというのが当院のポリシーです。そのため予約の方を優先させていただきます。呼吸を整えるため、5分ほど前に来院してください。(呼吸が乱れていると正確な脈診を取れないことがあります)。院内には決明子、鳩麦などを焙じたお茶を用意しております。               

  

 111108_1648~01.jpg

開業以来、待合室用に集めた書籍が500冊を超えました。小説、旅行記、健康本、人生論などなど、私自身の論文や書籍も100編ほどあります。専門家向きで読みにくいかも知れませんが、手に取って考え方を探ってください(笑)。貸し出し図書として使われております。ご自由にお読みくださいませ。

 

 ★助成券のお知らせ★  ???i?p?[?j詳細はこちら  

※平成28年度末で海老名市の助成券は廃止になりました。

※平成29年度より厚木市の助成券が使用できるようになりました。