越国の名残り漂う街

 ベトナム・ホイアン

ベトナム.jpgベトナムは、越人が南下して建てた国である。当然、至る処に中国南方文化の香りが漂う。

ホイアンは南越風の建造物がそのまま残ったような街であり、貿易都市であるため、商家が多い。縦長の家で、塀を囲むように中庭がある。つまり、建物は間口が狭く、奥行きが広い、これも中国南方の商家を見るようだ。お寺も南方中国の道教寺院と変わらない。

家が川沿いに立ち並び、船で荷を運べる作りになっている船

16〜17世紀には日本人街も作られ、1000人を超す日本人が住んでいた。

街中の安宿で3日ほど、滞在したが、規模はが思った以上に小さく、1日あれば十分である。郊外にはミーソン遺跡があり、半日で往復できる。

食事をすると中国南方の味。 市場に出向いたが、かなり安く、おばちゃんは優しい。

ジーパンの裾上げをするミシンは、昔母親が使っていた足踏みタイプ。

ホイアンを含め、ベトナムは2度ほどお邪魔した。

ホーチミンは小回りがきき、食べ物もおいしい。意外にアイスクリームが絶妙の味である。

ハノイは大きすぎて動きづらい。

ハーロン湾は天気次第。 雨、霧ならガッカリ。

メコン.jpgメコン川はなかなか味がある。程よい大きさで、小船で繰り出すと気持ちが良い。中州の小島で初めてドラゴンフルーツを食べる。

ベトナムのどこの街でも同じだが、バイクがただただ多すぎる。50ccで、3列縦隊、3人乗りは当たり前。

よく見ると、皆バックミラーを外してある。ミラーが隣のバイクと接触し、事故るからである。