おりものからわかることB(赤白帯)

●おりものが白くかつ赤いということ

「白帯」・「赤帯」両方が混在しているおりもののことを「赤白帯」という。血液のように見られるが血液ではなく、紅色の粘稠性の液体に白色のものが混ざっている。


●赤白帯についての東洋医学的解説

白帯・赤帯の双方が作り出される原因に起因することが多い。白帯の原因は「体内の水液代謝異常」・「帯脈の異常」の二つを述べた(詳細は「おりものからわかること(白帯)」を参照)。

赤帯の原因としては、「体内に生み出された熱」であるよう記載されている。これらを考えると双方の「体内に余剰な水分に熱が加わること」・「子宮に関わる経絡(エネルギー・栄養供給ルート)のトラブル(帯脈等の失調)」が赤白帯の生成要因となると思われる。水液代謝異常や熱がどのようにして生み出されるかにより診断方法が異なってくる。ここでは中医書に記載されている3パターンについて解説する。

 

@湿熱(しつねつ)赤白帯

体内の余剰水分が長期間体内に存在することが原因。循環・排出されることなく長時間体内に底流したり湿気など外的環境も身体に作用することで余剰水分が熱化し子宮へ流入、帯脈を損傷することで生じる。

(特徴)多量で粘稠である・だらだら排出され止まらない

(身体症状)外陰部の湿り感・痒み・頻尿あるいは色は濃くすっきり排出できない・口が乾き口が苦いなど

 

A肝鬱湿火(かんうつしつか)赤白帯

ストレスによる消化機能の低下・体内の熱が生まれることによる。ストレスにより消化器の機能の低下が生じ水液物質が吸収されず体内に余剰水分が生じる。またストレスや急激な感情の変動は体内に熱を生じやすい。この余剰水分と熱が結合し、子宮へと流入されることで赤白帯が生み出される。

(特徴)白帯の量が多い・時に血液状のものが加わる・粘稠性強く臭いが伴う

(身体症状)お腹の張り感・眩暈・怒りっぽくなるなど

 

B虚熱(きょねつ)赤白帯

「熱」を生じる原因が体内の潤い不足である(潤いの不足は体n内に微弱な熱を生じさせることが多い)。出血過多・出産過多・飲酒過多などが体内の潤いを不足させる原因となる。熱が子宮および子宮への気血供給ルートに影響を及ぼし、赤白帯を生じされる。

(特徴)薄く・多量の白帯に血液状の物質が混じる

(身体症状)陰部の灼熱感ないし掻痒感・眩暈耳鳴り・動悸・口が苦く咽が乾く・腰の重だるさなど

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

「実用中医婦人科学」

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《帯下(おりもの)》に収められています。