梅雨は身体が重だるい

お疲れ様です、杉本です。

 

大和市もついに梅雨に突入しましたね。今日も昼頃急に雨が降ってきました。

私は今の「ジメジメした気候」が非常に苦手です。

最近テレビでも「気候病」という言葉が流行しているみたいですが、湿度が高い環境は私たちの体調に影響を及ぼします。梅雨時期になんだか身体が重だるい経験をしているのは私だけではないのでししょうか?

以下、東洋医学的にどうして身体が重だるくなるのかを解説致します。

 

●身体が重だるい=「身重」

身体が重だるいこと・身体が重だるくて動かしづらいことを中医学では「身重」といいます。

この身重が生じる原因としては、主に「湿」が関与しているとされている。

 

●「湿」とは?

湿は、体内の正常な水液物質(津液)が停滞することで生じる。

粘稠性が高く粘々したイメージ。特徴としては、ネバネバしている・粘稠性が高いため停滞する・重いといった点が挙げられる。ゆえに体内に「湿」が生じることは体の重だるさとして現れる。

体内に湿が生じる原因としては、「五臓六腑のトラブル」・「気候を感受すること」が原因とされる。


●梅雨時期の身重について

@風水における身重

多湿な環境が主な原因となります。人間には気候の影響を受けないように体表面にバリアをまとっていると漢方的には考えられています。しかし、体表面の気の量が少ないこと・体表面の気の巡りが悪いこと・そもそもの気の総量が少ないことが原因で、気候の影響を受けやすくなってしまうことがあります。つまり気候由来の「湿」を安易に体内に取り込んでしまうのです。

陰天時に悪化することが特徴として挙げられます。その他、頭を包み込むような痛みや重だるさ・鼻が塞がる・風を嫌がるなどの身体的な症状を見られることが多い。

 

A脾虚湿困による身重

消化器の機能失調に由来する。身体の水液代謝と輸送に密接にかかわっている消化器の機能が低下することで、水液が停滞し「湿」が生み出される。主な原因としては食生活の乱れ、疲労、考えすぎが挙げられる。身体の重だるさは比較的長く続くことが特徴。その他、心身疲労・食欲不振・口の中の粘り感・下痢・むくみなどの身体症状を見られることが多い。

 

さらにこの体内の湿(A)と気候の湿(@)は結びつきやすいという性質がある。

つまり、消化器が弱く体内に「湿」を生み出している人は気候に存在する「湿」を取り込みやすい。

反対も成り立ち、「湿」が多く存在する気候では消化器の機能低下をもたらす。

 

上記が解説となりますが、いかがだったでしょうか?

私は梅雨時期以外にも長時間水を使ったお風呂掃除を行ったことで同様の身重感に見舞われたことがございます。(ちなみに消化器は弱い体質です)。

このような病気ではない身体の不調も鍼灸治療の治療対象です。

私のように梅雨時期に体調がすぐれない方、是非一度ご相談くださいませ。一緒につらい時期を乗り越えていきましょう!

 

スタッフ 杉本

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《上記に記載のない症状》に収められています。