夢を多く見る

洗濯物を干しながらふと向かいのマンションを見ると、外階段を降りようとしたのに何度も

玄関まで戻り、鍵を閉め忘れていないか確認する住人の方がいたので、思わず「分かるわぁ」と

心の中で呟いてしまった研修生の大久保です。

ほんの数秒前の事なのに何で忘れてしまうんですかね。そして『「まいっか」で済ませたら

外出中に不安になるかもよぉ』とささやいてくるもう一人の自分(笑)

 

さて、長く続きました汗シリーズは休憩して、今回は私が治療中によく聞く『夢』について

お話ししていきたいと思います。

 

中医学では夢を多く見る事を『多夢』と呼んでいます。ただし、これに定義されるのは

「嫌な夢」や「怖い夢」などにより睡眠が妨害され、日中に支障をきたす事を指しますので、

起床後の状態も大切な判断材料となります。

 

@心脾両虚タイプ

 症状 :夢の内容のせいで眠れない、顔色が悪い、動悸、忘れっぽい、食欲不振、元気がない

     腹がはる、便がゆるい、舌質淡、苔薄白

 

A心腎不交タイプ

 症状 :内容は覚えていないが悪い夢だったようでザワザワして眠れない、眩暈、耳鳴り

     喉が渇く、舌質紅、苔少しor無い

 

B心胆気虚タイプ

 症状 :怖い夢で起きてしまう、驚きやすく疑い深い、心拍数が少し高い、舌質淡

 

C痰熱タイプ

 症状 :眩暈、動悸、怒りっぽい、胸が苦しい、痰が多い、口が苦く粘っこい、

     喉に何かつまった感じがする、舌質紅、苔黄で脂っぽい

 

と、大まかに四つのタイプに分かれます。

飲食や精神疲労、長患いなど原因は色々とありますが、背景には「気虚」「血虚」「陰虚」「陽実」

「気滞」などが隠れており、それが何らかの形で臓腑に影響を及ぼした結果だと考えられます。

 

ここまで掘り下げると最近よく聞く「在宅ワークになってから眠れない」というお悩みに対して

「運動不足ですねぇ」だけでなく「血虚や気滞がベースになるのでは」という可能性も頭の隅に

入れておかなければいけませんね。

 

 

研修生 大久保昌哉

 

IMG_5376.jpg

運動する気力を上げる為、新しい靴を買いました! 

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《上記に記載のない症状》に収められています。