何もしていないのに汗が出る

天気の悪い日が続くので、生まれて初めて浴室乾燥を使って少しウキウキしている

研修生の大久保です。電気代と乾き具合によっては梅雨に大活躍しそうな予感です!

 

さて、今回は何もしていないのに勝手に全身から汗が出てくる『自汗』について

お話ししたいと思います。なぜ“全身”と書いたかと言いますと、中医書には“頭”“脇”

“手足”“胸”“寝ている時”など、一口に汗と言っても出ている場所によって証立てが

変わっていきます。なので、今回はその中の“全身”の汗についてご紹介いたします。

 

@衛気不足タイプ

 症状 :寒気、倦怠感、頭痛、鼻づまり、風邪にかかりやすく治りにくい

A風湿タイプ

 症状 :途切れ途切れに少量の汗、寒気、風に当たるのを嫌う、身体が重い、舌苔は薄い白

B寒邪が転化し熱になるタイプ

 症状 :多量の汗、下がらない熱、顔が赤い、喉が渇く、舌苔黄色

C暑邪タイプ

 症状 :多量の汗、喉が渇く、胸がムカムカする、舌赤く黄色い苔

D気虚タイプ

 症状 :常に汗が出る、動くと多量の汗、時々軽い寒気、顔が白い、風邪をひきやすい

E陽虚タイプ

 症状 :動くと汗が出る、冷え症、小食、熱いものを好む、軟便、顔色が黄色か白い

 

今回はタイプが多いですね(>_<)解説も一度書いたのですが、大作になり過ぎたので削除しました(笑)

 

簡単に説明しますと・・・

@AD 身体の表面を守ったり、汗が出る穴をコントロールをする“衛気”が何らかのトラブルで

    低下し、緩んだ穴から汗が出てしまう

BC  身体の中に入った邪が熱を出し、陰液(水分)が押し出されて汗が出てしまう

E   陰陽のバランスが崩れ、陰液があふれ出てします4

 

いかがですか?イメージがつかめると東洋医学は面白いですよね!

 

 

研修生 大久保昌哉

 

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《上記に記載のない症状》に収められています。