眼の充血

県別の大会ではよくある事ですが、今日の選抜甲子園で私の生まれた福岡と育った神奈川の

対決となってしまい、複雑な気持ちで応援していた研修生の大久保です。高校生の野球は

元気をもらえますね!

 

さて、今日は目の充血についてお話ししたいと思います。

 

風熱タイプ

 症状 :急激に目やその周りが赤くなる、目の痒み、頭痛、発熱、鼻づまり

 原因 :風寒の邪気が化熱、または風熱の邪気が肺などに入り、そこから目に上がる。

 

湿熱タイプ

 症状 :少し黄色く充血する、目の乾燥や痒み、消化器系の症状

 原因 :乱れた食事により湿邪が生まれ、それが化熱され目に上がる。

 

肝火上炎タイプ

 症状 :目の脹痛や目ヤニ、頭痛、口の中が苦く喉が渇く、尿が黄色く便秘ぎみ。

 原因 :ストレスやショックにより肝気がうっ結してしまう。長期化すると化火となり

     目に上がる。

 

肝腎陰虚タイプ

 症状 :薄く赤い充血が出現したり、治ったりを数年単位で繰り返す、寝汗などの陰虚症状

 原因 :長期間の病気や不健康な生活により肝や腎の陰気が少なくなり、虚火が生まれ目に上がる。

 

いかがだったでしょうか。今回「目の充血」についてお話ししたきっかけですが、先日、

歯に衣着せぬ愛のある毒舌を言い、テレビでは引っ張りだこのデラックスなタレントさんを

テレビで見た時に『そういえば去年の10月あたり、出る番組全てで目が充血してたなぁ』と

思い出し、自分なりの診断を考えてみようとしたのがきっかけです。詳しい症状を聞いていない

ので、完全に推測になりますが、テレビ出演での疲労と、番組終了のストレスなどが重なった為に

肝火が上炎したのではないかと考えます。ただ、ネットでは『ビタミン不足』とも言っていた

ようで、それを加味すると湿熱タイプも頭に入れながら治療する時は確定できる症状を聞かなければ

ならないなと思いました。

 

全くの想像で話しが進んでおりますが(笑)良い診断トレーニングができた一日でした。

 

研修生 大久保昌哉

 

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《上記に記載のない症状》に収められています。