味覚の異常D「口甜」

味覚の異常について書いてきたが、「甘さ」を自覚するケースもあるらしい。

中医書には「口甜(こうてん)」と記載されている。

自身の経験を振り返ってもなかなか「甘さ」を感じることはないが、糖尿病患者や風邪症状の患った人にみられることがあるらしい。

以下、解説を行ってみたいと思う。

 

●口甜(こうてん)とは?

口甜(こうてん)とは、口内に甘味を自覚することである。口甘という。
古典上「脾疸(ひたん)」という記載があるが、脾疸は病名である。

甘いものを食べ過ぎて消化器に熱が生じ、熱が口まで上昇することで口の中が甘くネバネバする状態を指す。つまり口甜は脾疸の症状の一つなのである。

以下、解説に移る。脾胃の損傷によるものだが、「実熱」「虚熱」の違いがある。

@脾胃熱蒸口甜(ひいねつじょう)
辛い・脂濃い・甘いもののを過食は体内に熱を生じさせる。生じた熱が上に昇ることで口甜を生じさせる。
その他、高温多湿の環境が消化器に余剰水分や熱を生じさせ飲食物のエネルギーとともに上蒸することでも発生する。

口の中が甘い・口が乾き飲み物を欲する・多食・すぐお腹がすく・唇や下にできものが生じる・大便が乾燥などの身体症状を伴う。


A脾胃気陰両虚口甜(ひいきいんりょうきょ)
老化・長期間病気を患うことで脾胃(消化器)の機能減退が生じる。潤い物質の消耗は熱を生じさせ、消化器の水分は更に消耗した結果、口甜が発生する。

 口が甘い・飲食物を欲さない・口が乾き飲み物がほしいが多くは入らない・精神疲労・腹部の張り感などの身体症状を伴う。

 

スタッフ 杉本

 

 ※新着時期を過ぎると左サイドバー《上記に記載にない症状》に収められています。