出産間際

2020/12

うちは不妊治療の方が割りに多い。

すると妊娠したら終わりというわけではなく、必然にその後のトラブルに対処することになる。

その流れで、出産間際まで関わることも少なくなく、今日も35週を過ぎた方をお二人診た。

中には子宮口の開きが悪く、予定日間際でも陣痛の気配のない方もいる。

概ね、三陰交、合谷、肩井、次リョウ辺りを使用すると良いと古典にはあるが、それだけでもないし、使う意味や周期も違う。


※産道をやわらかくするため。

※子宮周囲の衛気を益すため。

※出産時の勢い、つまり下方への気の動きを強化するため。

※子宮収縮を促すため等々、それぞれにツボごとに役割が違うわけである。

 

今日はある目的で至陰を使う。

比喩的な言い回しをすれば「胎児に、お〜いわーい(嬉しい顔)もう出ても良いのでは?」とお伺いを立てた感じだろうか?

 

image0.pngimage0.png

※新着時期を過ぎると左サイドバー《妊娠中/産後の諸症状》に収められています。