振り返る《2020》

2020/12

有難いことに大和の地で開業して28年が経つ。

しかもどんな職種も成功しないと言われた現在の場所でよくやってきたと思う。

これには今まで勤務してくれたスタッフの力が大きと思う。

全勤してくれた人、週に1、2日来てくれた人を合わせると23程人いる。

これに半年以上在籍した研修生を15名ほど加えると40人近くになる。

〇学校の謝恩会を蹴って来てくれた人。

〇群馬から通ってくれた人。

〇こっそり駐車場の雪かきをしてくれた人。

〇お休みの日に花に水をあげに来てくれた人。

〇誰一人として中文の読めない人はいない。

 

うち現在開業しそれぞれの地域で立派に活躍している人が17名、研修生を入れると30名を超える。

※業界紙に論を展開する人。

※東京都下ではほぼ一番の患者数を誇るもの(患者数の多さを誇ることは僕の意に反するが・・・)。

※近接異業種で立派な講師として活躍する。

まぁ〜、そんな誰にでも分かる活躍基準より、患者さんに愛される臨床家として立っている人がほとんど。これが僕の誇りであり、一つの目標でもあった。

ちゃんと教えられたか否かは甚だ心許ないが、背中だけ見てもらえたよう気がしている。あるいは反面教師💦💦💦

 

自分自身も学校の仕事や薬局の仕事が入り、途中営業日を縮小せざるを得ない状況に追い込まれる。

 

人は地位に応じた器ができるという(人によるが)。

来年からは僕がいない時間帯での営業も視野に入れる。

内にスタッフは他に行くとエース級だから。

学問的水準は言うに及ばず、患者さんを迎える心が出来ている。

ポジティブに反省しながら、前進する思考形態を持っている。

ココが大きいのだ。

 

コロナで始まり、コロナで終わる2020年でしたが、その都度その都度に色々考えることがありました。疫病と人類、行政の対応、各国の対応、経済の有り様などなど、ただ自分自身としては粛々と目の前に患者さんと向き合うのが役割であります。

 

今年も後4営業日を残すのみexclamation?~2

緩めず、締めず務め上げるつもりです。

 

 

 

image0.jpeg

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《院長の呟き》に収められています。

 

 

虚・実そして経

2020/12

少し専門的な話になります。

伝統医学では体に必要何かが足りない状態を「虚」といいます。気が足りなければ「気虚」、精が足りなければ「精虚」、血なら「血虚」です。これら必要なものを一括して「正気」と呼びますから、それが足りないものを「正虚」とも呼びます。

 

逆に不必要なものが過剰にある状態、または停滞している状態が「実」です。また体内で不要になった病理産物が体に残っていたり、外から有害物が入ったとし、その病理産物や有害物質を「邪」と呼びます。これをまとめて「邪実」といいます。

外から入った有害物を除けば、この虚と実は臓腑(五臓六腑)の機能失調から起こります。

 

しかしながら、病気はそれだけではありませんね。

例えば経絡が単独で起こす痛みとかもあります。

この場合は臓腑の機能失調が絡んでいないので、不虚不実(虚ではなく、実でもない)となります。

正確にはもうちょっと複雑で、外からの邪実が単独に経絡に留まり、臓腑失調まではいっていないケース、長時間の同一姿勢から来る痛みなどもあります。これらを総称して経証と呼びます。

 

経絡はグルグルとした循環で構成されます。したがって経証では経絡中の気血を適切に巡らすことを第一義とします。

 

仮に僕たちがあるツボに何かしらの手技(出し入れしたり、ひねったり、震顫させたり等々)しているとします。

経絡を意識しているか、その奥の内臓を意識しているかで手技や手の動き、かける圧が全然違うのです。

鍼灸というのは凄く繊細で絶妙な医術なのです。

 

 

image0.png

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《臨床のお話》に収められています。