〒242-0021 神奈川県大和市中央3-8-26 杉中央ビル1階

営業時間
9:30~18:30
定休日
水曜日・金曜日・日曜日・祝日

生理期間中にお腹や腰が痛くなる「生理痛」

皆さまもご自身やご家族、ご友人の中に生理痛や生理前症候群(PMS)で苦しむ方がいませんでしたか?

 

日本では「生理は痛いのが当たり前」とか、「みんな同じ」と軽く扱われる傾向にありますが

「生理痛は病気です!!」

 

邱紅梅(きゅうこうばい)先生が発売された図書のタイトルにもなっていますが、

生理痛があるのは異常な事なのです。

 

そもそも、異常があるからこそ痛みや体調不良が出るわけで

放っておくと将来的には不妊、子宮筋腫、子宮内膜症などの婦人科疾患に繋がったりもします。

 

 

そこでこの記事では生理痛が起こる原因を中医学的な観点から、見てゆきたいと思います。

 

 

 

①生理痛の原因とは?

 まず、生理というのは「卵子を育てて、卵子に最適な子宮環境を作る」目的があります。

 

その為に、気血が子宮や卵巣(中医学では総括して胞宮という)にそそがれていますが

 

この時、流れる気血が少ないと、卵子が育たなかったり子宮内膜が厚くならなかったりします。

 

また、気血の流れが悪いと

これもまた卵子や子宮内膜の妨げになります。

 

上手く卵子が育たない、子宮内膜が正常にならない。

こういった不調が生理痛として現れるのです。

 

 

では、気血の不足、流れの悪さはどう言った原因があるのでしょうか

 

 

1,肝鬱気滞

「気の流れ」を主な仕事とする「肝」の気が滞る為に胞宮の気も滞ったもの。

肝はストレスの影響を受けやすく、何かしらのストレスや怒りの感情の後に、下っ腹・胸・乳などに張った様な感じや痛みが現れます。

痛みを感じる時期としては月経の前が多く、排卵時にも痛みを感じるケースも。

 

2,胞宮瘀阻

胞宮内の血や、胞宮に注がれてる時の血の流れが悪くなっている状態です。

「切られるような」痛みが出る事が特徴で、程度も強く現れる事が多いです。

また生理血には、血の流れの悪さ故に血塊が混ざり、色も黒くなります。

この血塊を出すと流れは一時的に改善される為、痛みは軽減します。

強い生理痛がある方は、血瘀を疑ってみてください。

 

3,湿熱

このタイプのポイントは「湿」と「熱」

湿気の持つ「粘体性」により、子宮内の血の流れが悪くなり痛みを生じます。

これらが生じる原因は

ストレスによる肝気の失調は熱を産むこと、また、脾気を傷付けます

脾は水分を流す作用もありますから、失調により湿を身体に溜め込み、肝気から生じる熱を含む形となります。

 

このタイプの特徴は痛みよりも平常時にあり

低温期の体温の起伏が激しくなる

おりものの色が黄色っぽくなる

尿の色も黄色が濃くてトイレの回数が増える

などの傾向が現れます

 

原因としては、ストレスの他には辛いものの食べ過ぎや天気の影響によるものが多いです

 

 

④より先は多くなる為、前後編に分けたいと思います。

後編へ続く→http://www.sakuradou.biz/blog-post/373209

 

 

スタッフ伊澤

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
046-260-0638

受付時間:9:30~18:30
休診日:水曜日・金曜日・日曜日・祝日

不妊症や生理痛、陰部神経痛、腰痛、坐骨神経痛などでお悩みの方は神奈川県大和市のさくら堂治療へ。ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、五十肩、膝痛、寝違えなど、急性期の治療も対応します。

診療日※(予約優先)                              

 
10:00~12:00 受付
15:00~18:30 受付

休     

 

※このホームページは鍼灸治療のほか医学、歴史、地域、時事、感情の動き、院内の出来事などを読み物風として仕上げております。雑誌を読む感覚でお使いくだされば楽しいかと存じます ~スタッフ一同より~

ご相談はこちらから

お電話でのお問合せ・相談予約

046-260-0638

<受付時間>
9:30~18:30
※水曜日・金曜日・日曜日・祝日は除く

鍼灸さくら堂治療院

住所

〒242-0021
神奈川県大和市中央3-8-26
杉中央ビル1階

アクセス

相鉄線・小田急線大和駅相鉄口下車、徒歩6分。
駐車場駐車場完備。
瀬谷、三ツ境、相模大野、さがみ野、鶴間、南林間、桜ヶ丘、高座渋谷からもお近くです。

営業時間

9:30~18:30

定休日

水曜日・金曜日・日曜日・祝日

友だち追加

新着記事一覧