〒242-0021 神奈川県大和市中央3-8-26 杉中央ビル1階

営業時間
9:30~18:30
定休日
水曜日・金曜日・日曜日・祝日

夏になると気になるのは虫刺され。

特に、蚊に刺されると痒くて痒くて仕方ない!

今回は、そんな悩める肌の痒みについてのお話です。

 

痒みの原因は主に「内風」と呼ばれ、身体の中に風が吹いていると考えられてきました。

虫刺されも、乾燥肌も、身体の中で風が吹く要員があるのです。

 

 

血熱によるもの

温まった空気が対流を起こす様に、熱が篭ると風を生み出します

辛い物の食べ過ぎ、焦りなどの心因的な要因で血に熱が篭る事を起点に風が発生します

掻きむしると痒さは悪化し、熱がベースにある為に冷やすと楽になります。

夏になると痒くなる様な症状はこれがメインかもしれません。

 

血虚によるもの

血は身体に栄養を運びます。

この血が不足し皮膚を栄養できなくなると皮膚は乾燥し、風を産みます。乾燥しているので搔くたびに皮膚の屑が吹き、搔いた爪痕が残るのが特徴です。

年齢を重ねる、体質的に気血が少ない方に起こりやすいです。

 

風湿によるもの

痒みを伴う発疹のことです。水疱瘡(みずぼうそう)などをイメージしていただくと分かりやすいかと思います。

風の邪から来る痒みと、湿の水疱、両方の性質を持っているのが明らかで

水疱を掻いた後に組織液が流れ出ることもあります。

夏場から秋にかけて発症する事が多くなります。

 

風盛によるもの

痒みの原因である「風」の勢いが更に増したものです

これまでにあった皮膚の栄養不足や熱の亢進、外からの風の邪

これらが悪化する事で勢いを増します。

痒みは転々とし、一日中何処かが痒くなります。

風が強まる春によく見られます。

 

 

風寒によるもの

風の邪・寒さの邪が体内に侵入する事で発症し、顔や首・手に症状が現れます。

冬場に見られる乾燥肌の様なものでしょう。

温めたり、汗をかく事で症状が和らぎます。

 

 

 

この中で虫刺されはどこに分類されるでしょうか?

恐らくは血熱でしょう。それも刺された箇所の限定的な。

体内に入った毒を排除する炎症反応は熱症に分類出来るためです。

と、言うことは、痒さに我慢できない時は冷やすと良いのです。

是非やってみてください。

 

 

 

伊澤

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
046-260-0638

受付時間:9:30~18:30
休診日:水曜日・金曜日・日曜日・祝日

不妊症や生理痛、陰部神経痛、腰痛、坐骨神経痛などでお悩みの方は神奈川県大和市のさくら堂治療へ。ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、五十肩、膝痛、寝違えなど、急性期の治療も対応します。

診療日※(予約優先)                              

 
10:00~12:00 受付
15:00~18:30 受付

休     

 

※このホームページは鍼灸治療のほか医学、歴史、地域、時事、感情の動き、院内の出来事などを読み物風として仕上げております。雑誌を読む感覚でお使いくだされば楽しいかと存じます ~スタッフ一同より~

ご相談はこちらから

お電話でのお問合せ・相談予約

046-260-0638

<受付時間>
9:30~18:30
※水曜日・金曜日・日曜日・祝日は除く

鍼灸さくら堂治療院

住所

〒242-0021
神奈川県大和市中央3-8-26
杉中央ビル1階

アクセス

相鉄線・小田急線大和駅相鉄口下車、徒歩6分。
駐車場駐車場完備。
瀬谷、三ツ境、相模大野、さがみ野、鶴間、南林間、桜ヶ丘、高座渋谷からもお近くです。

営業時間

9:30~18:30

定休日

水曜日・金曜日・日曜日・祝日

友だち追加

新着記事一覧