湿邪をさばく

2022/7

今年の夏は例年にも増して湿気が強い。

湿気が身体に悪さすると、倦怠感や重さがことのほか顕著にあらわれる。

湿気が体内の気の巡りを妨げると気虚もしくは気滞を起す。

気虚なら先の倦怠が、気滞なら張りがあらわれる。

勿論、浮腫があらわれる方少なくはない。

 

代表的なツボとして曲池と陰陵泉の組み合わせがある(他にも様々な組み合わせはあるが・・・)。

曲池で発汗力をUP、陰陵泉で利尿力をUPさせると考えればわかりやすい。

 

この際は、人によっては舌が膨張気味になることもある。

 

22726630.jpg

 

一定期間を過ぎると『臨床のお話』に格納されています。