中医臨床『連載50回』

2022/7

久しぶりに中医臨床に原稿を書いた。

 

『コモンディジーズの中医治療ー浮腫ー』というテーマ。

コモンディジーズ企画の第一弾ということらしい。

 

こういう企画ものは分をわきまえながら、他の先生方の内容を推理しながら書くので疲れる。

どうも協調することが得意ではないのではないかふらふら(今頃気付いている((´∀`*))ヶラヶラ)。

 

どちらかというと思い通りに書きたい。

以前にも2回ほど連載をもたせてもらったことがある(これはこれで大変なのだが💦💦💦)。

計で70編ほど書いただろうか。

 

そのうち編集部から『仮免鍼灸からの脱皮』という企画を頂く。

これは教科書(日本の鍼灸の教科書というより中国の鍼灸の教科書)にはこう書いてあるけど、真意はこうだ!とか

内実はこういうことである!とか

日本の鍼灸臨床では、高温多湿を鑑みこう考えたほうが理に適う!

などなどを考えてゆこう!というもの。

 

僕も一度だけ書いたが、ほとんどうちの塾の先生方にお任せした。

怒ったり、激励したりしながら、連載が切れないように皆で続けてけて来た。

それが今号で50回目を迎えることが出来た。足かけ13年である。


『継続は力なり』

これが何より嬉しいし、有難い。

 

 

IMG_0795.JPGIMG_0796.JPG