腸がグルグル鳴るA

「腸がグルグル鳴る」症状は、主に消化器系統のはたらきの低下・大腸のトラブルが原因であることを前回説明した。関与する臓腑としては、「大腸」・「脾・胃」・「腎」・「肝」を主とする。

今回はどの臓腑がどのようにして失調して、腸のグルグル音へと繋がっていくのか?解説を行っていきたい。

1410543.jpg

●「腸鳴」の東洋医学的分類●

@脾腎陽虚(ひじんようきょ)タイプ

消化活動をバックアップする五臓「腎(じん)」のはたらきが弱まることにより生じる。

はたらきの中でもからだを温める作用が特に低下する。

病気が長期間癒えない状況が続く・下痢が長期間続くなどが身体の温める力を消耗させ、その結果体内に「冷え」が生じてしまう。冷えは身体活動の低下させ、大腸においては糞塊を輸送する力が弱まり腸のグルグル音が出現する。

特徴としては、下痢傾向であることや温めると腸のグルグル音が落ち着くことか。


A中気不足(ちゅうきふそく)タイプ

消化器系統のはたらきが低下することにより出現。食べ過ぎ・食べなさすぎなどの飲食の不摂生や過労のため全身が疲弊してしまうことが原因として挙げられる。大腸においても糞塊を輸送する力が弱まり、腸のグルグル音が出現する。

特徴としては、パワー不足症状か。全身倦怠感が伴うこと・お腹の張り感や脱肛・子宮脱が伴うことが挙げられる。


B中焦寒湿(ちゅうしょうかんしつ)タイプ

消化器の冷えが原因となるのがこのタイプ。同じ冷えタイプである「@脾腎陽虚タイプ」の違いとしては、消化器をバックアップする「腎」の機能低下はみられず、消化器系単独の冷えである。普段の食生活から身体に冷えや余剰な水分が出現することが原因。体を冷やす食べ物とりすぎや味の濃いもの・甘いものの取りすぎなど。

特徴としてはおへそ上の冷えが顕著であること・腸の音がゴロゴロ雷のようであることが挙げられる。

471067.jpg


C痰湿中阻(たんしつちゅうそ)タイプ

消化器系統に余剰な水分がためこまれることが原因。日ごろからの飲食の不摂生により水液代謝が低下してしまった結果、消化器に水がため込まれることで出現することが多い。

特徴として、「ひゅうひゅう」・「ざーざー」という音が生じるということが記載されている。

 

D肝脾不和(かんひふわ)タイプ

腸のはたらきがスムーズでないことが原因である。多くは気持ちの部分が身体に影響を及ぼすことで生じる。特徴としてはグルグル音のほかに必ず痛みが伴い、用を足しても痛みが変わらないことが挙げられる。

 

E腸胃湿熱(ちゅういしつねつ)タイプ

腸のはたらきがスムーズでないことが原因である。梅雨から夏場にかけての高温多湿な気候が身体に影響することで生じる。「高温=熱」・「多湿=余剰水分」であり、これらが腸管へと波及することでグルグルという音が出現する。

特徴としては、余剰水分や熱が多いことから排便が済んだとしてもスッキリしない・肛門部に灼熱感を伴うことが多い。

 

スタッフ 杉本

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《胃腸の不調》に収められています。