切れ痔(裂肛・肛裂)

肛門菅の皮膚に亀裂が生じる症状を「肛裂」という。

俗にいう「切れ痔」であるが、主な原因は体内に存在する熱が長時間存在することで体内の潤い物質が損傷され、腸菅が乾燥して便が硬くなり、排便時に力んで皮膚が引き裂かれるか、あるいは肛門周囲の皮下の潰瘍がやぶれることよって発病する。

東洋医学的な解説は大きく分けて3パターンであり、以下解説を行う。


@乾燥+熱型
乾燥や温度の高い気候の影響・辛い味・味が濃いものなどを過剰に摂取したために生じる。
辛い味・油の濃いものは体内に熱を生む作用があり、胃腸に熱が生じさせる。

気候・飲食物によって生じた乾燥と熱が、身体の水液物質を消耗させられた結果、便と肛門部の水分も損傷されてしまう。結果、便が渇き硬くなり排出時力むことによって肛裂が形成される。

(特徴)排便時に激しく痛み出血を伴う・排便後痛みは軽減するが継続する・鮮血が混じる
その他の症状)口の苦さ・のどの乾き


A湿気+熱型
高温多湿な環境や脂っこいもの、甘いもの、酒などの過剰摂取により生じる。
甘い物や酒は、粘着度が高い性質を有する。体内に長期間停滞することで胃腸に湿熱が生じてしまいその湿熱が下降して肛門に至る。その結果、粘着度の高い便が形成され、排出がスムーズに行うことができず、力み排出しようとすることで肛門が傷つき、出血や腫れが生じ、裂肛となる。

(特徴)便状はべドべドと粘着度が高い・出血を伴う・肛門周囲に湿り気がある

(その他の症状)身体が重だるい・食欲不振

B血・水分不足型(体内の血や水分の不足による病症)
血は栄養作用があり、津液は潤い作用を有している。栄養・潤いが失われることで硬い便が生じ、肛門粘膜を擦過することで裂肛となる。
出血などで血が体外に排出されてしまう・加齢により保湿能力が低下することことなどが血不足・水分不足の原因として挙げられる。

この血や津液は体内を冷ます作用を有するために不足することで相対的な熱を体内に生じさせてしまい、乾燥したさらに硬い便を形成することもある。

(特徴)便が硬く排出しにくい・排便時の痛み・便秘傾向
(その他の症状)口や舌の乾燥・不眠

 

上記のように原因を考えて治療を行っております。

痔についても鍼灸治療は対応しております。

お悩みの方は、ぜひ一度当院までご相談くださいませ。

 

スタッフ 杉本

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《痔》に収められています。