虚・実そして経

2020/12

少し専門的な話になります。

伝統医学では体に必要何かが足りない状態を「虚」といいます。気が足りなければ「気虚」、精が足りなければ「精虚」、血なら「血虚」です。これら必要なものを一括して「正気」と呼びますから、それが足りないものを「正虚」とも呼びます。

 

逆に不必要なものが過剰にある状態、または停滞している状態が「実」です。また体内で不要になった病理産物が体に残っていたり、外から有害物が入ったとし、その病理産物や有害物質を「邪」と呼びます。これをまとめて「邪実」といいます。

外から入った有害物を除けば、この虚と実は臓腑(五臓六腑)の機能失調から起こります。

 

しかしながら、病気はそれだけではありませんね。

例えば経絡が単独で起こす痛みとかもあります。

この場合は臓腑の機能失調が絡んでいないので、不虚不実(虚ではなく、実でもない)となります。

正確にはもうちょっと複雑で、外からの邪実が単独に経絡に留まり、臓腑失調まではいっていないケース、長時間の同一姿勢から来る痛みなどもあります。これらを総称して経証と呼びます。

 

経絡はグルグルとした循環で構成されます。したがって経証では経絡中の気血を適切に巡らすことを第一義とします。

 

仮に僕たちがあるツボに何かしらの手技(出し入れしたり、ひねったり、震顫させたり等々)しているとします。

経絡を意識しているか、その奥の内臓を意識しているかで手技や手の動き、かける圧が全然違うのです。

鍼灸というのは凄く繊細で絶妙な医術なのです。

 

 

image0.png

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《臨床のお話》に収められています。