感染症対策

11月も終盤に入ろうとしております。

寒くなるとともに乾燥も強まる季節となりました。

 

当院では新型コロナウイルスに対して、アルコール消毒、室内換気、空気清浄機の稼働、待合室での待機時間をつくらない、フェイスシールド着用、黄耆(オウギ茶)の提供等の感染症対策を行いました。黄耆(おうぎ)には衛気(身体のバリア機能)を高める効果があるとされています。

 

最近では「寒さ」「乾燥」対策に力を注いでおります。

室内のいたるところに暖房器具・加湿器等を設置、満遍なくいきわたるようにサーキュレーターを随時稼働させております

 

そして、待合室には最先端のあの機械が登場。

 

 D3937668-CE67-4A72-AA72-41DFFF0E6151.jpeg

 

そうダイソンです!暖房・加湿双方の機能を搭載した優れもの。

待合室に設置しておりますので、寒い日に来院される方もご安心ください。

 

さくら堂では、引き続き感染症対策にも力を入れながら診療にあたって参ります。

 

スタッフ 杉本