治療6、語り1、そして聞くこと3

2020/6

「治療6分、語り1分、そして聞くこと3分」

これが僕のが理想形の治療スタイル。

でもこれも意識しないと、おしゃべりの僕は聞くと話すが逆転してしまう💦💦💦

 

聞くことで患者さんの隠れた問題点が見えることもある。

心をフラットにしてとにかく聞く。

症状を落とさないために聞くというというより、何気ないひと言や言葉の行間を聞く。

ここからいろいろな背景を推理する。

 

これからもこういう姿勢を「チームさくら堂」で共通してゆきたいと考えている。

 

※素直に聞く。

※聞く勉強を怠らない。

※肯定的に聞く。

の3要素が大事なように思う。

 

ときに男性脳というか直線的思考回路が邪魔になる。

患者さんはときに質問形式で語られる。

しかし、その実答えを求めていない、という場面が結構ある。

共感を求めたり、愚痴をもらしたりするだけ・・・・

男性脳はこれに気づかず、答えを考えてしまう。

その間、耳が隠れてしまうふらふら

いけませんなぁー、と反省する。

耳を大きく広げましょう。

 

 Sample2_6.gif

※新着時期を過ぎるても左サイドバー《臨床のお話》に収められています。