股関節痛

お疲れ様です。金澤です 

先月の臨床で、なぜか急性の股関節痛の患者さんが重なったことがありました。 

変形や先天性のものを除いては、普段そこまで重なることがなかったのに不思議だな〜と思いながら過ごしました。 

股関節痛を訴えていた方の共通していることは股関節を曲げる筋肉を酷使していたこと。

フィットネス、ゴルフ、クライミング、重たい物を持ち上げるなど…

受傷機転や患部の痛み方、背後にある臓腑の盛衰などを考えると一括りにはできない。それは、どの臨床でも同じですねー

 

各々の状態は横に置いて共通の部分を話すと、長期に患部に負荷がかかったことで気血の循環を妨げられ患部の虚実が生まれてしまったこと。その状態が急性の痛みを発症させるベースを作られてしまったのではないだろうかと考えた。

 

最終的に何が言いたいかというと、同じ動作もしくは関節の動きが続くと痛みが出現するベースになりますよーということです!

タイトルは股関節でなくてもよかったですが最近多かったので題材とて扱いました

素直な身体.jpg