暑邪

2015/8

『暑中お見舞い申し上げます』の

暑中は暑に中るという意味。つまり暑気に負けるということ。

暑気は湿気と熱の混合体で、熱の勢いが極めて強い。

病気のベクトルが下から上へ向く。

そこで頭痛、眩暈、嘔吐などが現れやすい。

また極端な発汗のため、気虚〜気陰両虚を起こしやすい。

要は体から水分と気が抜けるということ。

よくあるパターンは胃腸障害で悪心、嘔吐。その後疲労感が顕著で起き上がれなくなど、といった感じが多い。

この時期がら急に痩せだし、歩けなくなる方(萎証)も少なくない。

胃腸の活動力の確保が第一義の治療になる。