五十肩は痛みから、それとも可動域の改善から

2014/11

《症例・五十肩》

かなり難治に見える関節周囲炎(五十肩)。

夜間痛がひどく、まだ急性期です。

全体を見ると筋肉繊維の発達しているところと、痩せているところのバランスが悪い。

頸椎処置をした後、肩から発汗させる。

その後、火針・・・・・。

初診の方なので何とか痛みだけは除去し、安眠できるようにして差し上げたい。

可動域の改善はその後に考えよう。

※五十肩の鍼灸治療は、痛みを先に取るか、可動域の改善から入るかのどちらかです。

今回は痛みの除去から入りました。

 

 

 

 

 

 

 

(注)この写真はご本人とは関係ありません。