2011年1月 疾患別来院数

「鍼灸院にかかったことがありません。私の状態は治療の適応範囲でしょうか?」というご質問を数件頂きました。そこで2011年1月に実際に行った治療から、すべての主訴を割り出しました。ご参考にしてください。

○腰痛

1月全体の治療回数の1/4近くの22.1%が腰痛の治療でした。思った以上に多い気がします。そのうち3割が急性腰痛、7割が慢性の腰痛です。診断が確定しているケースでは脊柱管狭窄症が最も多く、ついで椎間板ヘルニア、変形性腰椎症でした。

 

○不妊症と妊娠後のアフターケーアー

妊娠前後を合わせ、1月全体の18.0%は妊娠に関わる治療でした。そのうち55.0%の方が不妊症で、残り45.0%の方がその後の安胎の治療です。安胎の治療とは過去に流産歴などがある方などに妊娠の安定状態を保持するために行う治療のことです。悪阻の処置なども含めました。また、不妊治療のうち90%以上の方が不妊外来(病院)と併用なさっています。

 

○病後のアフターケアー

体調管理の一環ですが、過去に何か大病を患い、その再発防止を目的とするケースが大半です。癌が最も多く、ついで脳梗塞、腰痛、潰瘍性大腸炎の順でした。全体の11.2%を占めます。癌は乳癌、大腸癌、胃癌でほぼ90%を超えています。

 

○膝痛

変形を中心に9.0%が膝の治療です。少数ですが急性の靭帯損傷の方もおられます。

 

○頚痛

ストレートネック、頚椎症、鞭打ち症などが主で、7.7%が頸にまつわるケースでした。近年ストレートネックの方が増えている感じがしています。

 

○関節周囲炎

いわゆる五十肩ですが、7.2%を占めます。大半の方が病院の紹介です。急性期は痛みを取ることに主眼を置きますが、慢性化したケースでの来院もあり、気長な治療が必要です。

 

2011年1月は上記の疾患で約75%です。以下複数(2〜9回)までの治療した疾患を多い順に列記します。

○足底痛

○坐骨神経痛

○腱鞘炎

○癲癇

○突発性難聴

○痩身

○更年期症状

○肩こり

○リウマチ様関節炎

○頭痛

○鬱病

○潰瘍性大腸炎

○動悸

○不眠

○胸痛

○腹痛

○手のしびれ

○外痔

○アトピー性皮膚炎

○下痢

○背部痛

○血糖値の下降依頼

 

このようなデーターは定期的に提示するつもりです。