悪露が長期間滴下する

〇悪露不絶(おろふぜつ)について

悪露とは出産後子宮内に残存している血液、粘稠質の液体を指す。通常2〜3週間ですべてが排出されるとされているが、産後2〜3週間を過ぎても悪露が残存し、血液・分泌物が点下するものを悪露不絶という。

 

〇悪露不絶の現代的解釈(子宮復古不全)と治療法

悪露不絶は子宮復古不全に類似している。分娩を終えた子宮はおよそ6週間をかけてもとの大きさに戻っていく。悪露は胎盤・卵巣膜剥離円からの血液や分泌物が主体とされており2週間以上血性の悪露が続く場合には子宮復古不全の可能性が考えられる。子宮復古不全となる原因としては、 @遺残物などの障害物が子宮の復古を阻害する器質的なもの、A子宮が収縮できない機能的なものが挙げられる。治療法としては子宮内容除去術、子宮収縮促進薬の投与が行われる。

 

〇東洋医学的解釈と分類

大きく子宮の「収縮力不足@・A」と「熱B」が挙げられる。理由は子宮の活動力低下・冷え・血流停滞などに及ぶ。以下、中医書に記載されている3分類を解説していきたい。


@気虚悪露不絶(ききょおろふぜつ)

子宮の収縮する力の不足が大きな原因となる。力不足は摂血不能にも及び身体各部の症状として出現する(主に気の作用である内臓を一定位置に留めておく作用・血液が子宮から漏れ出ないようにする作用な低下による)。もともと消化器が弱いこと・また出産により過度に体力を消耗したことなどが前述の症状を招く。

(特徴)3週間以上たっても出血が依然としてみられる。量も多い。色は淡い。

(身体症状)顔色は青白く黄色を帯びている・心身疲労・腰が重だるい・下腹部の下垂感など

 

A血オ悪露不絶(けつおおろふぜつ)

血液停滞に起因する。出産を通じた全身・子宮のエネルギー不足に乗じて、外的環境(冷え)が加わることで血液停滞が生じて子宮の活動力(収縮力)が低下する。

(特徴)出血量は少ないが暗紫色で血塊が混じる・排出もスムーズでなく痛みも伴う

(身体症状)顔色が暗紫色・下腹部の痛みなど

 

B血熱悪露不絶(けつねつおろふぜつ)

熱による過活動状態が原因となる。熱が生じる原因は出産時の気血不足に加え@もともと陰虚体質ゆえ保湿不足となる熱が生じること・A子宮内に外的環境(熱)が内攻することが挙げられる。その他、辛い物の食べ過ぎ・出産後の情緒不安定さなども原因となる。

(特徴)分泌物は紫赤色かつ粘稠性で異臭を放つ

身体症状)顔色が赤い(両頬が赤い)・口や舌の乾燥

 


スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「病気がみえる 産科」 メディックメディア

「中医病因病機学」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

「実用中医婦科学」

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《妊娠中/産後の諸症状》に収められています。

悪露が排出されない(悪露不下)

出産後、子宮内の血液や粘稠性の分泌物が子宮内に残留したまま排出されなかったり、あるいはごく少量しか排出されないものを指す。子宮の活動力低下・血液運行の低下に由来する。以下、中医書に記載されている3パターンについて解説していきたい。

 

@気滞悪露不化(きたいおろふか)

出産後子宮の活動力に滞りが生じることが原因となる。主にはストレスなどの精神面が子宮の活動の低下・血液運行停滞に作用することで生じる。

(特徴)血液や分泌物は排出されず残存・あるいは少量しか排出されない

(身体症状)胸肋部の張り感・お腹の張り感・痛みを伴うなど

 

A血オ(寒凝)悪露不化(けつおおろふか)

出産後の血液残存および血液運行の停滞が原因となる。出産時や出産後の不摂生から体内及び子宮に冷えが侵襲してしまい血液残存・血液運行の停滞を生じさせる。

(特徴)血液や分泌物は排出されず残存・あるいは少量しか排出さえない(暗紫色・紫黒色の出血をみる)

(身体症状)下腹部の痛み(押すとさらに痛む)・痛む場所は一定であり固い・舌に赤い点々が見られるなど

 

B気血両虚悪露不化(きけつりょうきょおろふか)

子宮の活動量低下や悪露の量自体が少ないことに由来する。もともとのエネルギー・栄養不足の体質に加えて、出産を通じたエネルギー・血液を損なうことが原因となる。排出する力もないし、悪露の量も少ない状態である。

(特徴)血液や分泌物が突然排出されなくなる

(身体症状)下腹部の下垂感や張り(痛みはない)・耳鳴り・めまい・動悸・心身の倦怠感など

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「病気がみえる 産科」 メディックメディア

「中医病因病機学」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

「実用中医婦科学」

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《妊娠中/産後の諸症状》に収められています。

喜び過ぎると心を病む

こんにちは!去年の七月より投稿させて頂いております私のブログも、早いもので今回で50回目

となりました。最近は当初の目標であった週一ペースがなかなか守れておりませんが、持久力のない

私が一年以上続けられている事は嬉しい限りです。

 

さて、今回はそんな「嬉しい」をテーマに書いていこうと思います。

タイトルにあります「喜び過ぎると心を病む」これは東洋医学を勉強しているとよく耳にする

言葉です。もちろん私も学生の頃に何度も耳にしましたが、『喜び過ぎて心臓をおかしくするなんて』

という位で、五行色体表でも“心”と“喜”は密接な関係にはありますが、実際には起こりえないと

思っておりました。

 

…が、二週間ほど前の大人気医療ドラマで出ていました!その名も「ハッピーハート症候群」

調べてみると、2011年にスイスの研究チームが9か国25か所の心臓関連の医療機関と

ネットワークして情報を収集した結果、485例ある精神的ショックによる危険な心臓疾患の中で

4%の20人は嬉しい出来事が原因によるものだと結論づけ、上記の病名を名付けたようです。

 

さらに、救急の仕事をしている知人によると「実際に居合わせてはいないが、パチンコ屋さんで

大当たりした直後に倒れた人を救急搬送したのは有名な話」と言っていました。(もっと早く

聞いておけば良かった〜)

 

東洋医学って調べれば調べるほど驚きがいっぱいですね!

 

研修生大久保

※新着時期を過ぎると左サイドバー《みんなでブログ》に収められています。

五行.jpg

妊娠中に足がつる

妊娠24週の患者さんから「夜寝ていて足をつる」という相談を頂いた。

中医学において「筋(筋膜や筋腱に相当)」は五臓の「肝」が密接に関係しており「肝」の機能失調が筋膜・筋腱の症状として出現することが多い。患者さんのもともとの体質(血液の貯蔵レベルが低い「肝血虚」)に妊娠が加わり、母体の筋腱が養われなくなったことで生じたものと推測する。

 

治療後改めて、中医書を引いてみる。「妊娠下肢抽筋(にんしんかしちゅうきん)」という表記が見受けられ、「妊娠後期にふくらはぎ・足部がつり、夜間とりわけ睡眠中につることが多い」と記載されていた。この妊娠下肢抽筋は大きく2種類に分類され、上記事例については「血虚下肢抽筋@」に該当し実際に患者さんが述べた症状と中医書に記載されている症状がまるまるリンクする面白い症例であった。(残念ながら身体症状までは一致せず。中医書には動悸・眠れないもしくは目が覚めやすく夢見が多いなどの記載あり)

 

勉強ついでにもうひと解説加える。もう1つの記載は「寒凝下肢抽筋A」いわば冷えによるものである。冷えに血流が滞ってしまい、四肢に血液が供給されないゆえに生じる。前述の血虚タイプによるものと比較すると、寒凝タイプは夜間や睡眠時などの時間は問わないが、外気温などの「冷え」により生じ「温める」ことで軽減することが特徴として挙げられる。身体症状としても寒がり・手足の冷えなどの症状が見受けられる。


解説をしてしまうと、特別な症状のように見られるかもしれないが妊娠後期にはよく見られる症状とされている。よく見られる症状ではあるが、母親にとっては心配な身体の変化かもしれない。胎児の出産に向けてのお手伝いはもちろん、妊娠中各段階に応じて出現する母体のケアもしっかり行っていきたい。



スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医病因病機学」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《妊娠中/産後の諸症状》に収められています。

妊娠中お腹が痛い

妊娠期間に反復して起こる下腹部痛を「妊娠腹痛(胞阻)」という。この妊娠腹痛は主に2つの原因に分類される。一つ目は子宮や子宮への気血の運行ルートに停滞が生じること・2つ目は血虚(栄養不足)ゆえ子宮が滋養されないことにより生じる。


T)停滞タイプ

血液運行が停滞する原因として主に「滞り」「パワー不足(推進力不足)」「冷え」が挙げられる。冷えに関しては体質によるものと・外的環境によるものに分類されているため、別にして解説していきたい。

@妊娠気滞腹痛(滞りタイプ)

滞りゆえに血液運行が停滞し下腹部から胸肋部にかけて張りや痛みが生じることが特徴である。全身の気の動きをコントロールする五臓「肝」の機能失調に由来する。「肝」は精神的な抑鬱状態が長期間停滞すること・「肝」自体の栄養物質レベルが低下すること正常に働かなくなることにより不調をきたすことが多い。全身においても滞り症状が見られ、イライラしやすい(沸々とした気分になる)・ゲップが多いなどが見られる。

 

A妊娠気虚腹痛(パワー不足タイプ)

血液を運行するパワーが不足しているため血液運行が停滞し、腹部においては痛みが出現する。パワー不足の原因は主に消化器が弱り飲食物から栄養素を十分に取り込めないことに由来する。@と比較すると痛みの他に腹部の下垂感を伴うことが特徴的である。疲れてしまうと痛みが出ることも特徴として挙げられる。

 

B妊娠虚寒腹痛(冷え体質タイプ)

冷えにより子宮の活動量が低下して血行が凝滞することで腹部の痛みが生じる。もともとの冷え体質に加えて、妊娠をきっかけに体を温める力が低下した結果痛みが生じる。下腹部の痛みに加え冷え(全身症状としても見られる)が伴うことが特徴として挙げられる。顔色は青白く排便は水っぽくなくなどの全身症状も確認される。

 

C妊娠風寒腹痛(冷え環境タイプ)

冷えにより子宮の活動量が低下し血行が凝滞することで腹部の痛みが生じる。ただ冷えの原因は外的環境(寒冷な気候)である。風邪の初期のような症状が出現することが鑑別ポイントとして挙げられる。具体的には寒気・発熱・頭痛・身体節々の痛みなど。


U)栄養不足タイプ

D妊娠血虚腹痛

栄養不足により子宮を養うことが出来ずに痛みが生じる。痛みは停滞タイプと比較して軽微である。もともとの栄養状態の低い体質に加えて、栄養が子宮(胎児)に供給されてしまい母体の滋養が失うことで腹痛が生じる。全身症状としても顔色は血色悪く・動悸・めまい・目がかすむなどの症状が見られる。


スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医病因病機学」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《妊娠中/産後の諸症状》に収められています。

妊娠中に胸やお腹が張って苦しい

妊娠中に胸やお腹が張る症状を中医学では「妊娠心腹脹満(しんぷくちょうまん)」という。

ひどいケースでは、呼吸がスムーズに行えない・両脇の痛みが生じる。

「胎水(羊水過多症)」も同様の脹り症状が生じる。ただ体内の水液物質の異常が原因である「胎水」に対して、「妊娠心腹脹満」は別問題とされている。主には「気の逆上現象(運行ルートが逆行すること)」が原因とされるが、詳細は以下の通り。

 

@胎熱(たいねつ)妊娠心腹脹満

熱により逆上して身体上部(胸部・腹部)に作用することが原因。妊娠中は陰分や血分は胎児に優先的に供給されてしまう。東洋医学では陰分は熱を冷ます・抑える作用があるとされており、陰分の不足は母体に熱を生じさせる。胸腹部の張り感ほか、呼吸が浅く早いといった症状が見られる。ほてりや口の渇き・動悸などの熱症状が身体においてみられる。

 

A肝鬱(かんうつ)妊娠心腹脹満

全身の気の運行を調整している五臓「肝」が機能失調を起すことで気の動きが逆上してしまうことが原因となる。栄養レベルが低く「肝」が十分養われていないこと・長期間ストレスフルな環境にさらされることなどが機能失調の原因として挙げられる。張り症状ほか、イライラしやすくなる・よくため息をつくなどの症状が見られる。

 

B気鬱(きうつ)心腹脹満

妊娠の後期に発育した胎児により母体の気の動き(巡り)が物理的に阻害されることで生じる。気が巡らずに末端(頭部・四肢)においては症状が出やすい(眩暈・頭が重い・手足に力が入らないなど)。胸部・腹部にも気が巡らないこと(ここでは停滞を指す)で脹感が出現する。

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医病因病機学」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《妊娠中/産後の諸症状》に収められています。


口内炎

こんにちは!新しく買った羽毛布団が暖かくて、なかなか布団から出られないので、

目覚ましをいつもより5分早めにセットする事にした研修生の大久保です。

この5分が幸せなひと時です。

 

さて、誰もが一度はなった事がある口内炎ですが昔の人も、もちろんあったようです。

現代では「口内炎」とひとくくりに言いますが、古来中国では症状の軽いものを「口瘡(こうそう)」

重いものを「口糜(こうび)」小児がなるものを「口疳(こうかん)」と呼んで区別していたようです。

 

1.脾胃熱タイプ

  飲食の乱れにより腹部の熱が口に上がって潰瘍や炎症を起こす。

 

2.陰虚タイプ

 心身のストレスや熱病後により津液が傷つき、陰陽バランスが崩れ虚火が生まれ口に症状が出る。

 

3.脾胃気虚タイプ

 疲労や慢性病、下痢などにより元気が消耗し、口内の栄養や防御が追い付かず炎症を起こす。

 

1と2は熱証で、2と3は虚証など、鑑別で選択に迷う場合は便の硬さやほてりなどの、

タイプ特有の症状をお聞きして最終判断をします。

ちなみに私は睡眠不足や疲れた時になる場合が多いので3の可能性が高いと思います。

 

研修生 大久保昌哉

※新着時期を過ぎると左サイドバー《みんなでブログ》に収められています。

妊娠中にむくんだ足を治す

妊娠症状として、「足のむくみ」が出現する方が多く見受けられる。

今回は「足のむくみ」を東洋医学的に解説をしてきたい。ただ前提の知識としてまずは妊娠中の母親の状態を説明からはじめていきたいと思う。

 

●妊娠中の母親の身体の状態について

母親の身体は赤ちゃんを育てるために、子宮へ多くのエネルギー・栄養を供給する。そして母親自身も健康でなければならないため、必要とするエネルギーや栄養素は著しい。五臓で考えると「腎」と「脾」と「肝」が胎児へエネルギー・栄養を生成・供給するもととなる。 

「腎」・・・生殖(胎児の成長・発育)に関連する臓腑

「脾」・・・飲食物を消化・吸収しエネルギー・栄養を生成する臓腑

「肝」・・・栄養物質を貯蔵している臓腑

またお腹が大きくなってくることによる物理的圧迫・活動量低下・出産へのプレッシャーで「気滞(流れの滞り)」が生じやすい。

 

●妊娠中のむくみについて

むくみについては主に「水液代謝異常タイプ」「滞りタイプ」に分類される。

1)水液代謝異常タイプについて

絶え間なくエネルギー・栄養を生成・供給していることより、生成供給する五臓は疲労しやすい。上述した五臓の中では「脾」・「肝」・「腎」が主に該当する。「脾」「腎」はエネルギー・栄養物質の生成・供給を行うほかに、水液代謝にも関与しており虚損することで水液代謝異常が出現する。その一つとして下肢のむくみ症状が出現することがある。「脾」・「腎」どちらが虚損するかによって出現する症状が異なる。

 

@脾虚タイプのむくみ

 消化器の消化・吸収機能が低下した結果、余剰な水分が身体に溜まることで生じる。むくみ方の特徴としては、押すと戻りにくく・皮膚に湿り気があることが挙げられる。食後に眠くなりやすくなったり、水分量の多い便が出るなどの


A腎虚タイプのむくみ

必要な水液を再吸収し不要な水液を尿へ変化させる機能を「腎」は担っている。機能失調により身体に余剰な水液物質が生じる。むくみの特徴としては、下半身(特に足首)からむくむことが多い。また押すともどりにくく・皮膚に湿り気があることが特徴である。小便の回数は多いが量は少ない・下半身の冷えなどの身体症状が出現する。


U)滞りタイプについて

お腹が大きくなることによる「物理的圧迫」や「活動量の低下」・出産に対する「プレッシャー」などは身体循環の停滞を出現させる。全体的に脹り症状が出現。むくみ方の特徴としては、パンパンであるために押してもすぐ戻り、足の甲からむくむことが多い。起床時や長時間同一姿勢であるなどで悪化する。その他、胸やお腹の張りが強く見られる。

 

Tタイプについては身体の水液代謝・循環をよくする治療・U)滞りタイプについては身体の巡りをよくする治療を行っています。

 

お悩みの方は一度ご相談ください。


スタッフ 杉本


◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医病因病機学」 東洋学術出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《妊娠中/産後の諸症状》に収められています。