ブログが消えた日

お疲れ様です。杉本です。

本日の出来事をブログにて記載していました。

1時間かけて作成しておりましたが、なぜか変なボタンを押したのか…。

全てが消え去ってしまった。しかもこの2回も…。なんとも言えない虚無感ですね。

 

本日は、月に2回の日曜診療。

当日予約のお電話もちらほら。少しずつですが患者様にも日曜診療を認知されているのかな?とホームページを主にした宣伝の効果を実感しております。

 

 

5月は電灯も取り換えた。院内掲示も変えた、ホームページも力を入れた、フェイスシールドも導入した。今だから力をいれてできることを最大限努めてまいりました!

6月まであと少し!カウントダウンに突入!頑張るぞ!!!

 

p.s.消えた投稿内容はまたの機会に…。

 

 

スタッフ 杉本

2系統の外界認識

 

アメブロに書いたものを書いたものを整理してみた。

 

外界認識には二系統ある。

※形としての認識。

※形がないものとしての認識。

視覚系、触覚系は形として認識する。
聴覚系、臭覚系は音や匂いの認識、形はない。

伝統医学の診断スキルである望、聞、問、切では望、切が形の認識。聞、問は不形の認識。
ただ、問は視覚・聴覚のどちらも大いに使うので統合認識。

問診でとくに大事なことは正しく聴くこと。
伝達された意味をその通り受けること。  これが実になかなか難しい。
事実→患者さんの頭で整理して変換→言語化→術者がそれを聞いて、頭で認識して→文字に起こす。 場合によっては伝言ゲームになることもある。 
ある患者さんから漢方薬とサプリを併用してはいけないんですか?というご質問を頂く。  同じ方向に効くものもあるし、相殺するものとありますから、専門のところで相談してください、と答える。無難な返答だろう。  漢方薬局さんから、金子先生から漢方薬とサプリは一緒に飲むな!と言われたそうですが、どうなんでしょう??という問い合わせがありました。 
???言ってないそんなことはって感じですが、これが主観の強い患者さんの真実になります。 
きっとそんなのダメだろうと僕の顔に書いてあったのでしょう(−_−;)

 

つまり、患者さんは言葉以外の表情などからもメッセージを受け取るというこことだ。


 

院長の呟き

ここより以下は院長の呟(つぶや)きとなります。

日常で感じたことを主体に綴った独り言です。

HP形式では左サイドバー上段のアメブロややFBも似た内容となっています。

主に電車の中で書いたものが多く、多少の誤字脱字があることもあります?????`?i???_???????j


完全オーダーメイドの世界観

2020/5

鍼灸治療の特徴は全面的個別対応である。

たとえ主訴が同じ疾患の人でも、

※そこまでの成り立ちが違う

※歴の長さが違う

※増悪因子、緩解因子が違う

※体質が違う

よって取るツボ、その角度や深度、あるいは組み合わせが個々で全く違ってくる。

要は完全オーダーメイドの世界なのだ。

よく健康系の雑誌とかで〇〇に効くツボを挙げてくださいと言われる。

実にこれが一番困るわけ。

仕方なく一番使う確率の高いツボだけ挙げる(それとで角度と深度が状態によって違うけど)、最近はお断りできるようになったので気が楽。

これが東洋医学の特徴のひとつである。

 

myaku.jpg