新たな対策

当院では新型コロナウイルス対策としてトップページに記載の対策を行っております。

 

そして先日より新たに新型コロナウイルス対策として、フェイスシールドを導入致しました。

 

当初はフェイスシールドが曇って視界不良になるなどの問題を感じたのですが、 慣れると問題ないですね。

ただ、本日は暑さが加わったこと、マスクの上にフェイスシールドとなるので、なかなか息苦しさを感じました。

これもおそらく慣れだと思うので、日を重ねて早く慣れていきたいですね。

 

 

 

感染防止にむけて、できる対策は徹底して努めてまいりたいと思っております。

 

 IMG_6084.jpg

 

 

果たして6月はできるかな?

昨年、一昨年は湘南医療さんに加え、常陽学園さんの専攻科の講義を受け持ちました。

今年は新たに新宿医療さんが入っております。

6月です。

なかなか微妙な時期ですね。

7月は東京栄養士会の薬膳部会。これも微妙????

後期は呉竹さんのOB会。これはなんとかなるでしょう。

ほかに特講が3つほど。

自身の塾の講義もはzoomでやるつもりですから、後期もなかなか難しいかも。

ただ、備えあれば憂いなしです。

得意分野などは眼をつぶってもできますが、そこまでルーティーンになると自分の為になりません。

臨床も同じですが、人が変われば「一期一会」

準備だけは怠らないようにしたいものです。


※地方の講義が減り、ご当地名産がたべられないので少し寂しい(オイオイ?????i?{???????jそこかょ?p???`


 

 

更年期前後の皆様へ

2020/5

 

更年期は医学的には閉経の前数年から始まるとされていますが、これはほぼエストロゲンの減少期と重なります。

現場の意見としては、患者さんを年代別に分けると、50歳前後の女性が最も来院頻度が高くなり、その症状を分析してみると、更年期は閉経前後5年程度はあるとみてよいでしょう。

教科書的には発汗過多とホットフラッシュを2大症状としておりますが、東洋医学の眼からならこれは熱の症状となります。

むしろ何故熱の症状が顕著になるのかといいますと、熱が出ないようにしている仕組みの崩壊にほかなりません。

崩壊とはおどろおどろしい表現をしましたが、年代的低下と言い直します。

熱を抑えるものは?考えればわかりますよね。そうです。熱に拮抗するのは水なのです。

この時期は体内の水分が貯留できなくなるのです。

つまり保湿力の低下こそが更年期の本体なわけです。その結果ホットフラッシュや熱さをコントロールするための発汗といった症状がでるわけです。

 

《本体は保湿力の低下》

BSなんかを見ているとお肌の潤いがなくなる話ばかりですが(今から30分以内オペレターを増員してどうたらこうたら・・・)、これは全身で起こります。

口の中が乾けば口渇、お肌もシワだけでなく痒みも出ます。

筋肉、靭帯から水分がなくなれば、ことさらに硬くなり、腱鞘炎、五十肩。

腸内の乾燥は便秘に、陰部の乾燥は膀胱炎を引き起こします。

本体の保湿力低下で、結果熱症状なら心悸亢進、不眠、頭痛、眩暈、寝汗も出るでしょう。

それゆえ「更年期は症状のデパート」と呼ばれるわけです。


専門家の私たちは、このような症状と毎日向き合います。

保湿(滋陰)と熱を取る(清熱)をツボを主体に治療していきます。

ご安心ください。