おりものからわかることA「黄帯」

●おりものが黄色いということ

おりものが月経期・妊娠初期以外に量が多くなる、臭いを伴うような状態であれば体内に何かしらのトラブルが生じていると見なされる。

黄帯は大量の淡い黄色かつ粘稠性で異臭を伴うおりものを指す。現代医学でいうところのトリコモナス膣炎・慢性子宮頚炎に見られるおりものと非常に類似しており、黄体が見られる場合には様々な婦人科疾患が疑われる。


●黄帯についての東洋医学的解説

多くは月経の後や産後などに子宮の血液が空っぽになっている時期に、湿毒(しつどく)が悪さをするにより生じる。(湿毒は体内の湿気が増加し長期間わたり停滞することで醸成されたものを指す)。長期間身体内部にこもり湿熱が生まれ、この湿熱が汚物に変性し、子宮に注がれることで黄帯が生じる。

 

@湿熱黄帯(しつねつおうたい)

消化・吸収機能の低下により体内に余剰な水分が生じる。体内の水分量の増加や排出・循環されることなく長期間停滞することで水分が熱化し子宮に侵襲することで黄体が生じる。原虫(トリコモナス膣炎の原因)などの感染も湿熱を生じさせる原因となる。

(特徴)色は濃い黄緑色(膿のようとされる)・粘稠性があり臭いを伴う

(身体症状)陰部のかゆみ・小腹部の疼痛・小便に熱感があるなど


A気虚黄帯(ききょおうたい)

黄滞が長期間治らず「@湿熱黄帯」の発展したもの。@とは色・臭い・排出のされ方で違いが見られる。慢性化することで消化器のはたらきが低下することにより生じる。

(特徴)だらだらと排出が続く・量は多く色は希薄である・色は薄い黄色で臭気は少ない

(身体症状)月経の延長が見られる・膝腰が重だるい・顔や足のむくみなど

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献

「中医症状鑑別診断学」 人民衛生出版社

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版社

「漢方用語大辞典」 燎原出版社

「病気がみえる 第二版 H婦人科・乳腺外科」 メディックメディア社

「実用中医婦科学」  

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《帯下(おりもの)》に収められています。