来週はご迷惑をおかけします

2018/1 関西での講演が続くため、今週の土曜日の治療後から、月曜一杯まで関西におります。 患者さんにはご迷惑をおかけします。 ただ以前と違いスタッフの先生方の力量が格段に上がっているので、代診を任せても遜色ない、それ以上の治療が出来るようになっています。 ありがたい話です。 心置きなく講演活動もできるようになりました。 でもつかれます疲れますから、ほどほどにします(笑)

レアな患者さん

2018/1 不妊症の患者さんでしたが、 とてもレアな弁証となりました。 固摂失調による不妊症でした。 珍しい、昨年はこのタイプの型はおりませんでした。 見た目では肝気鬱に見えます。確かにその徴候とあり、FSHから推定できるE2も低いと予想されますので、軽度の腎精不足もおありでしょう。 全体として腎気が弱く、直に子宮の活動力の弱さに繋がっています。その中でも封蔵が弱いという流れです。 患者さんにもちょっと運動してもらうことも加味すれば半年くらいでいけるでしょう。 お正月は、とある国の少数民族の幼稚園に寄りました。 背中にあん摩とかエアー鍼をやっていたらちょっとした人気者になりました。 可愛いですね。

つらい所以外のツボ

お疲れ様です。

患者さんから「なんで、つらい場所以外に鍼や灸をするの?」とよく聞かれます。

それはそうですよね…私も患者さんだったら意味が分かりません。

 

ツボは大きく分けて2つの顔を持ちます。

一つ目は「どのような性質の症状に効くか」です。

中医学では気血津液(水)の過不足や臓腑失調などによって症状が起こる考え方をします。

その性質を判断して対応するツボに鍼や灸をするのです。その対応するツボは手足、体幹、頭、いろんな場所にあります。

2つ目は「どこの場所に効くか」です。

例えば腰にはこのツボに反応が出やすい、肩にはこの反応が出やすいなどの、いわゆる特効穴のようなものです。肩には合谷、腰には委中という感じです

 

ツボの2つの特性を生かして、各々患者さんの状態を診ながら、その日その日の効果が出やすいツボを選択していくのです。

 

おわり__sozai__/0013768.jpg

乾燥の時期になりました

お疲れ様です。

 

寒くなってきて乾燥が気になる季節になってきました

乾燥を感じやすい皮膚は自覚しやすい場所でもありますね。

東洋医学では乾燥症状を起こす主因として、@体内の陰血不足、A外環境の湿度の2つに大きく分けられます。

体内の陰血不足は睡眠の不足もしくは質の問題、胃腸の消化吸収能力の低下、女性は女性ホルモンの低下などで皮膚の保湿する機能落ちる傾向になります。

また皮膚は外の湿度の影響も受けています。湿度低くなれば皮膚も乾燥傾向になり、湿度が高くなれば乾燥しにくくなります。

 

乾燥を自覚したら、外の環境も気にすることも大事ですが、身体の保湿する力が落ちているかもしれません。

身体チェックの一つになる__sozai__/0021726.jpgと思うので参考にしてみてください。

 

 

筋肉のつり

お疲れ様です。

今回は筋肉が攣るお話です。

筋肉がつるというのは自分の意識に関係なく起こる筋肉の収縮です。

本来、筋肉は伸びる、縮むの運動することで筋肉の柔軟性を保っていますが、この柔軟性が乏しくなってくると筋肉が攣りやすくなってきます。

簡単に言えば筋肉が固くなって伸びづらい状態です。

 

固く伸びづらくなってしまう要素は多くあります。対処法として、まずは気血を巡らせることをお勧めします。

ストレッチで筋肉を伸ばす、関節を大きく動かす、温めてみるなどが気血を巡らせます。

攣ってしまうのでは?という恐怖心もあるかもしれません。

無理のない範囲で気持ちよく行う様にしてみてください。__sozai__/0013768.jpg

 

 

生理の中休み

お疲れ様です。

時折、生理時に中休みをするという話を耳にします。

例えば、初日〜3日目まで出血し1、2日出血が止まり、また出血すると感じです。

伝統医学では子宮自体に血を貯める力、血を出す(生理)力があります。

子宮のサポート役として腎という臓腑が貯める、出すを手伝っています。

 

実は生理3日目、4日目辺りから次の生理の準備を始めていきます。

生理の血を出す期間に次の生理の準備する仕事が加わってきます。

一つの仕事で精一杯なところに2つ目の仕事が来ると経血を押し出す力がなくなってしまい1,2日お休みを作ってしまうのです。

 

このようなことが起きることとして概ね伝統医学でいう腎の力が弱い傾向性があります。    

治療では腎の力をつける補腎という方法をとります。

セルフケアをするのであれば足首を回すことや内ももを伸ばしてもらうことが効果的であります。

 

おしまい__sozai__/0016829.jpg

 

 

 

 

前橋合宿

お疲れ様です。

先週の10月8日(日)は臨時休診させて頂きました。

患者さんにはご不便おかけして申し訳ございませんもうやだ〜(悲しい顔)

 

8、9日で三旗塾という勉強会の合同合宿で前橋まで行って参りました。

三旗塾は大和クラスの他に前橋、大阪倶楽部があります。数年に一度交流を図る目的で合宿を行っています。

今回は眼科に特化した鍼灸、現役培養土による講義など普段の臨床や勉強会では聞かない内容で、とても充実した合宿になりましたわーい(嬉しい顔)榛名神社鳥居.jpg

 

毎月会う仲間との勉強も大切ですが、普段会わない先生方から刺激を頂く事も良いですね。

企画してくださった先生、前橋の先生方ありがとうございましたexclamation×2

 

写真は榛名神社の一の鳥居です

坂を登るのでかなり疲れました〜ふらふら

生理血塊 その2

お疲れ様です。

前回の続きで血の話です。

前回は血とは女性の生理でどのような症状に当たるかをお話ししてきました。

今回はどのようなことがあると子宮血に当てはまるかお話していきたいと思います。

 

伝統医学の血は2次病理のことが多く、何か他のことが起因して血が起こります。

例えば気の滞りや気が巡らす力がない場合など例を出すと色々あります。

 

ではどんな症候が当たるかです。

伝統医学の中で子宮内の血の柔軟度として考えてもらうとイメージがつきやすいかと思います。

子宮内膜が固くなり感じです。経中に塊、内膜が剥がれる時に伴う痛み、生理が始まってから経血になるまでの時間が長い、不妊症でいえば内膜の柔軟性がなく着床しない、育ちが悪いなど挙げられます。

 

治療は主訴に基づいて治療方針を立てていきます。

このような症状、症候があるから×なわけではありません。そういう傾向性があるくらいに留めてみてください。

 

もし気になるようでしたら前回ブログで挙げた、不妊の共通項ーうちももを参照してください。

婦人科、不妊どちらにも共通するものです。

生理血塊

お疲れ様です。

婦人科系もしくは不妊治療の際に生理の状態を聞くことがあります。

ほぼ100%聞きます。

生理時の血塊は伝統医学では血という部類に概ね当たります。

血のわかりやすいイメージとしては生理時の血塊、子宮内膜が固さの指標、痛みが強いことなどがあります。

西洋医学でいう内膜症、チョコレート嚢胞、筋腫など疾患、不妊症で内膜の厚さがあるにも関わらず着床しない、不育症、流産傾向などがあたります。

 

次回はどういう症候が血に当たるかを書いていきたいと思います。sakura.jpg

 

 

雑談

お疲れ様です。

治療とは全く関係のない話です…

 

治療中に中国、韓国、北朝鮮の人名が、なぜ現地読みになっているのか?という話になりました。

みなさんご存知でしたか?

私はそんな疑問考えたことがありませんでしたふらふら

後日、その患者さんが調べてきてくださいました。

 

・日中間

昭和47年、当時の田中角栄首相が訪中し周恩来首相との日中国交回復の会談で、日中両国の人名は互いに読む人の国の読み方で合意した。(従来通りの読み方をする)

・日韓間

昭和59年、全斗換大統領が来日し両国の名前をお互いに現地読みすることで合意した。

その結果、金大中氏が「キンダイチュウ」から「キムテジュン」に変わった。

※北朝鮮はこれに準拠している。

 

勉強になりました。

ありがとうございますexclamation×2

生理日数3日

お疲れ様です。

 

今回は生理日数と経血量について書いていきます。

簡単に生理の概要を書きますと一般的に生理周期としては28日±3日、生理日数としては5〜7日が理想的と言われています。

実際に生理日数の短縮や経血量の減少はどのような症候がでるか具体的な例として出してみます。

・生理日数が3日以内や以前より日数が短くなった

・低温層の延長もしくは生理周期の延長

・不妊治療でいえば内膜の薄い(10mm超えない) など

 

ではどんなことが原因で日数の短縮、経血量の減少に繋がるのか中医書や臨床を合わせて紹介していきます。

・睡眠時間が短くなった、もしくは眠りが浅くなった

・食事の量や質が落ちた、消化、吸収のレベルが落ちた

・過度の心労や過労が長期間続いている

 

このようなことで日数の短縮や経血量の減少を招きます。

また上記のことが起こっても今週期より次周期以降から症候として現れやすいと感じます。

 

女性はおおよそ1カ月に一度生理が来ます。ご自身の体調管理の目安として参考にしてみてください。

 

__sozai__/0002306.jpg

不妊治療のプレッシャー

お疲れ様です。

鍼灸院では比較的、痛みを主訴にいらっしゃる方が多いように思います。

痛みのレベルが落ちていくことで通院のモチベーションにも繋がります。

人にもよりますが不妊治療の患者さんはその他の主訴に比べて自覚的な指標が少ない気がします。

 

精神的なこと、肉体的なことで、色々なプレッシャーを抱えながら生活しています。

その生活が続くと不安、イライラや鬱々不落などネガティブな感情で日常生活が楽しくなくなってきてしまいます。視野が狭くなってきてしまいます。

伝統医学では、そういう状態が続くと気血の消耗や気血の停滞を呼び込みやすくなります。

 

精神、肉体的な緩和のために、ご自身の心が踊ることをしてあげてください。

現実的に難しいかもしれませんができる範囲で行動してみてください。

臨床日誌 陰部神経痛

お疲れ様です。金澤です。

久しぶりの更新になります。

 

当院では陰部神経痛の患者さん診ることが多いように思います。比較したことがありませんが…

人によって症状や経過、弁証が違うので参考程度に見て頂けたら幸いです。

 

・西洋医学の経過

その方は外痔核になってから陰部神経痛のような症状が出てきました。

外痔核の症状や所見がなく、痛みが続き肛門科→ペインクリニックで硬膜外ブロック等をしたが効果が持続しません。整形外科でレントゲンも撮ったが所見はありません。

某大学病院で陰部神経痛と診断。

その後当院に受診

・伝統医学所見

悪化因子は座位による患部の圧迫刺激++、腸管の張り感(おならが出そうなとき)+、陰天時後(湿度が強い日)+、午後疲れてくると+

緩解因子はお風呂に入った後、午前中は楽なことが多い(夕方になると症状強くなる)

 

患部は伝統医学で血といって循環障害系の部分にあたります。

では、なぜ血ができたのが問題になってきます。よくよく話を聞くと2年間で8キロほど体重の減少があったみたいです。

西洋医学でいう消化吸収系、伝統医学でいう脾胃の機能レベルが下がった結果下半身の血形成になったのかと考えられます。

治療はお腹から下半身の気を補う治療と患部の血をとる目的で行っています

 

まだ完治とまではいきませんが現在は徐々に軽快方向に向かい安定してきています。

頑張ります!!

次回研修先を探しての旅

2017/8

学校の授業も夏休みで休講、かつお盆休み。

次々回の塾の研修先を探してベトナムまで足を伸ばしました。

塾の初めて15年過ぎましたが、北京、ソウル、台北と回り、来年は香港です。

そろそろネタ(コネクション)が尽きました。後残っているのがニューヨークぐらいわーい(嬉しい顔)

ただ、ニューヨークへ3泊4日は行きたくありません。やっと着いてすぐに帰ってくる感じですから。

そういえば患者さんでニューヨーク日帰りの方がいたなぁ~恐ろしいがく〜(落胆した顔)

そこで伝統医学が比較的盛んであり、5時間内で行ける国となればベトナムしかありません。しかしコネがない。だから行くしかないとなったわけです。

ベトナムには伝統医学の国立研究センターがあります。

日本の鍼灸スタイルとどう違うのか?興味津々です。

残念ながらそこまで手が回りませんでした。

鍼灸学校もあるようです。日本より1年短い2年制。

ベトナムはまだまだ女性の鍼灸師さんが圧倒的に少ないようです。

聞いた話によれば、男性も触る仕事なので嫁に行けなくなるそうです。ビックリ仰天です。

お国柄ですね。

それにしてここの料理はうまい。とくにバインセオが・・・・

来年も行こうかなぁ

患者さんが許してくれるかなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

夏は休みがちになり申し訳ありません

2017/7

夏はいろいろ研究会の特別講座が多くなります。

今決まっているだけで4本。

そのため、院内を金澤先生に任せ、半日いないとか、1日休みとがちょくちょくあります。

申し訳なく思いますが、後継者が育ってきてくれているので安心して講義に出られるという面もあります。

さしあたり9日(日)は東京都栄養士会の講義で1日おりません。

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

再診

お疲れ様です。金澤です。

 

治療をしていく中で患者さん自身の目標や要望が叶えば卒業になります。

もちろん人生いろいろ、また治療させて頂くこともあります。

 

今回、久しぶりにいらした患者さんは前回と表情が違います。

表情が良くなった印象を受けました。

おそらく2、3回で良くなると思います。

 

世の中から痛みがなくなることを願っている立場としては、患者さんが来ることは悲しくもなります。その分、早く良くなるように努めます。

 

患者さんの近況報告を兼ねて治療することも、たまには良いのかなと思いましたかわいい

 

おしまい__sozai__/0021618.jpg

 

 

 

 

ペチュニア

昨日、お花を買って植えました。

見える所に置いておくので、いらした際には見て行ってください!

今回も大事に育てたいと思います。

 

金澤ペチュニア.JPG

卵巣早衰

おはようございます。金澤です。

雑誌を流し読みして、面白い記事があったので紹介しますダッシュ(走り出すさま)5月花壇1.JPG

 

近年では卵巣早衰ではなく卵巣反応低下という呼び方が主流になってきているそうです。

卵巣早衰はあくまで卵巣が衰える最終段階の状態を指します。

卵巣機能低下は様々なパターンがあり徐々に進行することが多く、半数以上には一時的あるいは予期しない卵巣機能の回復が見られることがわかっています。

 

一時的に卵巣が疲れているだけだよと、早く衰えてしまったとでは捉え方が全然違いますね。

言葉って難しいですね…

 

 

 

梅雨

おつかれさまです。__sozai__/0018543.jpg金澤です。

梅雨に入ってから初めての雨ですね雨

この時期は湿気が高く、身体の重さを訴える方が多いように思いますふらふらはい、私もその一人です…

漢方では自然界で起こりうることは身体の中でも起こるという概念があり、外の湿気と身体の中の湿気が結びつきやすく症状として現れやすくなります。

 

湿をさばくには水分代謝と循環よくすることが肝要だと思います。

発汗、お小水(利尿作用のある食品、飲み物)、身体の巡りをよくするためにストレッチや軽い運動なども良いです。

 

湿気に負けないような身体作っていきましょうわーい(嬉しい顔)

 

逆子

お疲れ様です。金澤です。

関東も梅雨に入りましたね曇り

 

当院では現在、数名の患者さんが逆子の治療でいらしています。

逆子の治療でくるというよりは不妊治療から、めでたく妊娠された方が継続治療の経過でみることが多いように思います。

 

一般的に30週前後で胎児は安定するといわれてますが、そうでないケースも多くみえます。

先日も逆子が治ったと報告を受けたのですが、また逆子に戻ってしまったと報告を受けましたふらふら

胎児にとってお腹の中で居心地の良い所があるのでしょうかね?

    

お腹の中で元気なのであれば、生まれたらもっと元気かもしれませんね。

楽しみです手(チョキ)

 

 

頂きました

おはようございます曇り

お花担当の金澤ですexclamation&question

今年に入ってから駐車場の花壇の手入れをこまめにしております。

先日、お向かいさんから名前のわからない(たぶんエケベリア??)植物を頂きました。

この仕事をしていると、よく物を頂きます。お土産や野菜、ケーキなどなどプレゼント

患者さんの頭の中に、ここのことが思い出してくれることに嬉しく思いますわーい(嬉しい顔)

 

こういう気持ちを大事にして、日々過ごしていきたいものですね手(チョキ)頂きもの2.JPG浅尾さん頂き物.JPG

暑くなってきました。

ご無沙汰しております。金澤です。

最近、スタッフブログの更新をサボっていました。院長のブログを書けというプレッシャーがかかってきたので書こうと思いますがく〜(落胆した顔)

 

近頃、日中はだいぶ暑くなってきまひたね!半袖でいらっしゃる患者さんも、少しずつ見かけます。

この時期は風邪をひく方もちらほら出てきてます。

 

伝統医学では衛気(えき)という気の作用が体表面を覆い、身体を守ってくれています。

汗をかいたままにすることは衛気が緩みやすくなり外邪(風邪のおおもと)の侵入を容易にしてしまいます。

 

予防には汗をこまめに拭く、羽織るもの常備しておくことが肝要です。

もちろん、おいしくご飯を食べることや睡眠も大切になりますわーい(嬉しい顔)

 

次回、風邪予防のお灸セルフケアを書いていこうと思います。忘れなければ…ふらふら

ちゃんと書きます!!

皆さまお大事にしてくださいね晴れ

 

新年度

4月から新年度です。

母校の湘南医療さんと東京衛生専攻科さんの授業が始まります。

このパターンは4年目になるでしょうか。

楽しい生徒さんが多く助かります。

今年は穴性論に時間を割きながら、現実の臨床に近い形で進めていこうと考えています。

今年の国家試験は、鍼師、きゅう師ともに67%という過去にないくらい低い合格率でした。

厚労省がレベルアップを要求しているかに思います。

授業内容のキモを『現場を意識したリアリティー』に置こうと考えました。

 

 

駐車場のお掃除

院長の金子です。

最近、何だかんだと忙しく、駐車場のお掃除を手抜きしていました。

忙しいは言い訳ですが・・・

駐車場にはパンの食べかす、たばこの投げ捨て、ときには自転車の不法投棄などがあったりして、

ときどきこめかみの血管が切れそうになります。

考えようによっては、人の修正は汚いところに汚いものを捨てる?という習性があるように思います。

ちょっとしたゴミを自分の住む場所ではないゴミ収集場所に捨てたことのある方は少なくなでしょふらふら

だから2時間かけてきれいに掃除したわけです。

さっぱりしたパンチ

 

花壇3.jpg

 

 

 

 

 

 

花壇2.jpg

精神構造

伝統医学には独特の精神構造体系がある。 治療中は患者さんがどこの部分で詰まっているかを考える。 霊枢によれば、まず有形の体に神〔しん〕が宿る。 あーしよう、こうこうしようと思案する気持ちを意という。 決断して、これで行こうとする気持ちを志という。 決断の後具体的な計画を練る心を思という。 そしてその結果を先取りして予想する気持ちを慮という。 結果予想に対して対策を練る気持ちを智という。 神、意、志、思、慮、智は、それぞれ臓腑と結びつく。 思考発露から実際の行動までのどこの段階で苦悩が現れるかをみれば、結びつく臓腑を治療することになる。

自転車専用道路

昨年から、ここ大和市では自転車専用道路を設けた。

歩道と車道の間にある1mほどの自転車専用道路である。

これが実に使い勝手が悪そうに見える。

車がこの自転車道路に駐輪しており、視界を遮ることもしばしばある。

また、車幅が狭いため、よろよろ運転なら車にひっかかる可能性も見逃せない。

~~~なぜ~~~

何故こういうことに???

推定するに人と自転車の接触を防ぐにはどうすれば良いか?という視点から生まれたものだと思う。(憶測だが…)

確かに自転車と人との接触は確実に減ると推察する。しかし、自転車と自動車の接触は確実に増えるのではないだろうか?〜心配だ〜

 

問題解決の視点を狭く取ると、一方が改善されても他方が悪化するという現象はよく見られることだ。

視点を大きくとらえる眼がない悲劇だろう。

治療も同様である。

視点を小さくとらえると、部分が治っても全体が増悪することもある。

全体のデザイン力が決め手となる。

 

 

 

 

2017年修了までラスト1day

本日の治療が終了しました。

明日が休診なので、今年もあと1日を残すのみとなりました。

いろいろな患者さんを接することができて本当に幸せでした。

臨床ってやっぱり楽しいですね。

学校の授業や薬局の経営も悪くはないですが、鍼灸の臨床の味わいには遠く及びません。

鍼灸で治すということは痛みや違和感を取ることはもちろんですが、そのためにも陰陽、気血を調和状態(中庸状態)にもっていかなければなりません。

微妙で繊細な鍼さばきが要求されます。

これがとてつもなく奥深いのですね。

弁証、技術、自身の体調、患者さんの心持ちなどが一点に決まったときは、それこそ感動的よくなります。

明日も頑張りましょう。

 

 

妊娠

おはようございます。金澤です。

先日嬉しいご報告を頂きました。

不妊治療でいらしている患者さんに妊娠反応がでました晴れ

今まで体外受精を3回トライして4回目たどり着けました。

この方は子宮内膜が薄く伝統医学では胞宮内の補気補血を中心に治療を行ってきました。

 

胎嚢も確認できましたが安定期まではしっかり気を補うこと中心に治療していきたいと思いますexclamation×2

おかげさまで三刷りに

2016/12

2年前に上梓した『問診のすすめ~中医診断力を高める』(東洋学術出版社)がおかげさまで三刷りになりました。

一刷りで終わる書籍が9割の中で、静かに売れています。

とくに鍼灸系より湯液系で売れており、ありがたいことだと思っています。

 

中医問診.gif

 

雑誌『中医臨床』の連載も終わり、1年くらい充電させて頂き、新たな執筆に取り掛かろうと思います。

 

 

感冒いろいろ

今月20日までに仕上げなければ原稿が5本溜まってしまい、仕事以外に身動きが取れない状態でした。

まずはブログ更新をしていない言い訳です。

これからぼちぼち更新をしてゆきます。お暇なとき目を通してください。

昨日面白いことがありました。

たまたまベッドが横並びになった患者さんの話。

お二人とも主訴は感冒。

引いた日も2日前。

おひとりは風熱感冒、つまり熱型の風邪。

もうひとりの方は風寒感冒、冷え型の風邪。

見事に真逆です。

一昨日は冬に入ろうかというこの時期にしては、かなり暑い日でした。

話を単純化しますが、個々の体質や生活状況を考慮しなければ、一昨日は昼間暑かったとはいえ、夕方から夜半にかけては相当に冷えました。

1日だけ暑い日があっても、その前後の日が寒ければ、グラフ的にいうと暑くなる途中では熱型の風邪を、寒くなる途中では冷え型の風邪を引きやすいのです。