■さくら堂鍼灸治療と特徴■

さくら堂治療院は中国伝統医学(中医学)のスペシャリストにより鍼灸治療院です。 

特に問診を重視しております。 すべての患者さんに個別対応、誰一人として同じ治療をすることはありません。

中医問診.gif 

参照👇

院長金子による「問診のすすめ・東洋学術出版社」

 

問診の特徴(たとえば頸椎症のAさんの例)

 man1.gif

woman1.gif

Q.いつから痛みますか?

A.…半年前からです

Q.頸のどの辺が痛みますか?

A.…頸の後から背中にかけて痛みます

Q.どういう姿勢で痛みが悪化しますか?

A.…前に曲げるのはそれほど痛くありませんが、反るとかなり痛みます

Q.痛みを表現すると、どんな言葉が適当ですか?

A…普段はおもだるい感じで、反らすとズキッとした感じかな?うん、そんな感じです

Q.普段のだるさは天候に左右されますか?

A.…あまり意識したことがないのでよくわかりません

Q.疲労の度合いに左右されますか?

A.…疲れると頸から肩胛骨のあたりがおもだるくなります。最近とても疲れやすくて、息は切れるし、声も続かないです

Q.しびれはありますか?

A.…頸を反ると、右腕にしびれが走ります

このような対話がなされました。

この後、中国伝統医学(さくら堂)と西洋医学(病院)では診断(弁証)プロセスが違います。

中医学(さくら堂)

西洋医学(病院)

 myaku.jpg

脈を取ります
      
 ・中医学では重要な
  診断法のひとつです。
 ・脈には気血の流れや
  臓腑の状態が反映されます。

 

−結 果−
寸脈が弱い
(肺の弱さを反映)

 

 

 

X線の撮影やアドソンテストなどを行います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

−結 果−
骨棘の確認

舌を診ます
     shita.jpg

−結 果−
舌が普段よりも
膨張している
(気の不足の反映)

 

● 結 論 ●

肺気が不足したことで、頸周囲の筋肉の活動性が低下し、血の巡りが悪くなり、痛みを起こしたものです

椎間板の薄化 
頸部変形性脊椎症

この例では、西洋医学の所見を考慮しつつ、中医学的に肺気を補うツボをとり、5回の治療で痛みがなくなりました。

 

※西洋医学 :主訴⇒各種検査⇒診断⇒治療方針⇒治療

※伝統医学 :主訴⇒四診(舌診、脈診、腹診など)⇒証⇒治法⇒治療

中医学と西洋医学では視点の違いから、治療プロセスが異なってくることがご理解頂けましたでしょうか。

●どちらが正しいとか、優れているというものではなく、その特徴を理解し、上手にご利用されることを願います。

21世紀に生きて西洋医学の恩恵を受けないのはもったいないですし、2000年の歴史の中で進化した中医学のメリットも享受されるのが望ましいのではないでしょうか。

追記)この患者さんには5〜7ヶ所のつぼをとりました。治療時間は50分程。彼女はずっと寝ていました((^_^)) 
 

さくら堂で使用するお灸

image0.jpeg

(左下より、エタ灸知熱灸せんねん灸灸頭鍼イビ灸)

 

〇エタ灸

エタノール含綿花の上に、三角錐状のお灸をのせ点火。耐えられる熱感まで我慢してもらい発赤をつくる灸法。


●知熱灸

艾を皮膚の上に直接置き、患者様が熱感を訴えると同時に取り去る灸法。


〇せんねん灸

もぐさ下にテープつきの台座がついており、外れにくい・やけどしにくいためご自宅での使用もおすすめ。ソフトタイプ・レギュラータイプの2種類を使用。


●灸頭鍼

切りもぐさを鍼の柄に巻き付けて燃焼させる灸法。大・小の2種類を使用。

 

〇イビ灸 

院長知人揖斐先生考案の灸法。三角錐状のお灸を網に載せヒビスコールを噴射、その後火をつける。 煙りが上がったら蓋をかぶせて患部に置く。

ひとつの事象は孤立して存在しない

2o2o/6

ひとつの事象は孤立して存在しない。

これはチームさくら堂の共通認識です。

ひつの症状はひとつの原因(病理)で成り立つように見えても、その後ろに連なるある病理が存在すると言い換えても良いです。

 

ある病気になったとしますね。

かならずそこにはべるべくしてなる要素があります。

それも複数。

腰痛なら・・・偶発的発症ではなく、

長く歩いたことがトリガーである。

靴が合わなかったことが問題だ。

昨日徹夜をして体力を落としていたかなぁー。

その日は気温は低く雨も降っていたことが関係しているかも?

となるわけです。

ここを問診を主体により分けます。

 

縦につなげることも可能です。

長く歩いたことが直接の引き金であったとしても、それが後ろに体重をかけたことで痛みに拍車をかけた。後ろに体重が乗るようになったのは腹が少し出できたことによるがく〜(落胆した顔)

腹が出てきたのは毎日の晩酌のせいだ。

晩酌せずにおれないのは上司嫌味な態度の腹いせに飲んでいる。

腹いせが腹せり出しになってしまいました(おやじギャクは無視してくださいexclamation×2

 

このように原因は常に繋がってゆきます。

腰痛ひとつとってもそれまでのあらゆる事象の連続性の中のひとコマなのです。

何かの表現とも考えられるわけです。

 

最も効率良く治癒に向かうもの(病理)を拾いながらも、脈診などで再発防止の意味も含め、五臓の調和をはかってゆくというのが当院のスタイルです。

sakura3.jpg

※新着時期を過ぎると左サイドバー《治療スタイル》に収められています。

院内で使うホットパック

ヌカパック.JPG

上の写真が院内で使うホットパックです。

何と~、手作りです。

昔は自分たちで作っていました。

今は患者さんのご厚意で作っていただいております(もちろんお代はお支払いします(-_-;))

塩と入りヌカが主成分で、試作品を作ること30回 ふらふらがく〜(落胆した顔)

今の混合比率に落ち着きました。

これを電子レンジでチーンします爆弾

 

これが好評で気持ちが良い。

10分ほど熱刺激が続きます。

 

 

 

刮擦鍼でスッキリ爽快!!

image2.jpeg


風邪の時や体表面部の張りが強い時に用います。


以下は僕が非常勤講師を務める鍼灸学校の生徒さんの感想です。

普段より肩凝りがひどく、頭痛もしばしば起きる私… でも、刮擦鍼を受けたらスッキリ爽快!!
赤くなるのが難点だからしばらくはプールなど背中が出る事は避けてた方が良いかもしれないけど(゚o゚;;
でも、これはすごいっ!
なんと言っても痛みが全く、本当にないっ!
靴ベラの様な物で摩られてる位で、
擦る事も感じない♪
刮擦鍼とは、牛角もしくは真鍮のしゃもじの様な形をしたれっきとした鍼を擦るだけ。
でもちゃんと鍼なので、経絡に沿って擦るので均等の圧の強さなど術者の腕の見せ所ではあるが、気の停滞の方には効果抜群っ!
なので痛みに弱い方には是非体験してもらいたい治療です(^^) 

※開始2分ぐらいで赤みが出てきます。