■ 腰  痛 ■

鍼灸腰痛治療の特徴
  ●慢性疼痛の緩和
  ●
急性疼痛の除去
  ●運動制限の改善
  ●しびれの緩和

   などを目的に鍼灸治療を行います


西洋医学の分類
背、腰部の局所性疾患によるもの

 椎間板

 腰椎の構築
 
 脊椎の老化
   外傷
   
   炎症

   腫瘍
  その他

・腰椎椎間板変性・腰椎椎間板ヘルニア
・上記疾患による神経根性疼痛など
・脊椎分離、すべり症・側湾症
・腰仙移行椎など
・変形性腰椎症・骨粗鬆症など
・腰部挫傷・捻挫・圧迫骨折
・横突起骨折など
・背椎カリエス・化膿性背椎炎
・強直性背椎炎
・背椎腫瘍・脊髄腫瘍・転移性腫瘍など
・脊椎過敏症・筋筋膜性腰痛
内臓諸疾患による反射性腰痛(内臓体性反射)
 泌尿器疾患
婦人科系疾患
 消化器疾患

・尿路結石・尿路系悪性腫瘍・遊走腎など
・子宮筋腫・子宮位置異常・付属器痛など
・消化管悪性腫瘍など

全身性疾患の一症状として起こる場合



 心因性のもの

糖尿病・更年期障害・アルコール中毒
・ニコチン中毒・急性感染症
・神経症・抑ウツ状態・自律神経失調症など

 

中医鍼灸的な分類

気血
両虚

(きけつりょうきょ)
タイプ

●過労、消化能力の低下、睡眠不足などで、腰部の筋肉に行くべき気血が足りなくなるために起こる。
●胃潰瘍時のこの腰痛は少し時間がかかる。

《主な症状》
腰部鈍痛、疲労で悪化、起床時は比較的に痛みが少ない。夕方になるほど悪化する。

気滞
血お
(きたいけつお)
タイプ

●日頃から運動不足や精神的ストレスで筋肉が硬くなっている人が、ちょっとした動作や、 物を持ったことをきっかけにして起こる急性腰痛、慢性化して発作を繰り返す人も多い。
●背後に椎間板ヘルニアや分離すべり症をもつ人もかなりいる。また俗に言う内臓関連痛もこのタイプに多い。子宮筋腫などに多い。

《主な症状》
ズッキとした痛み、鍼で刺されるような痛み、痛む場所が同じ、押すとはっきりした圧痛がある。

腎精
不足
(じんせいふそく)
タイプ

●加齢、極度の過労、心労はどから腎精(気血を生む根元的なもの)が消耗して起こる。
●骨の変形を伴う人に多い。
●おおむね冷え性の人とほてり症の人に別れる。
《主な症状》
腰や膝がおもだるくてしょうがない、かかとが痛むこともある、耳鳴りやめまいを伴いやすい。眠りは浅く、軽い物忘れもある。

寒湿
(かんしつ)
タイプ

●冷たい空気に当たったり、雨に濡れたり、冷えたところでの労働をきっかけに起こる腰痛。
●痛みは激しいが治りやすい。神経痛を伴うことも少なくない。
《主な症状》
体勢を変えることが容易ではない、腰が抜けるように重い足腰が冷える、 温めると少しは痛みがとれる。

血お
化熱

●腰にかかる急な圧力のために起こる急性腰痛。いわゆるギックリ腰にこのタイプの人が多い。
《主な症状》
とにかく動くと激痛が走る。じっとしていると少しラク。患部に熱を持つ、夜中に激しくうずく。

少し専門的になりました

実際の臨床ではもっと細かく分類します。
あるいは混合型の人も多くいます。
あなたの腰痛はどのタイプにはいるでしょうか?