胞宮血オの4視点

2020/6

胞宮とは東洋医学の名称で子宮及び卵巣を指す。オ血ともいう。

この胞宮が血オである状態が胞宮血オ(そのまんまわーい(嬉しい顔))という。

この状態はとても妊娠しにくい。

概念上は血オは血流障害、粘着度の高い血、鮮度の低い血などの総称である。

 

4つの視点でこれを判別する。

@月経の状態。ひとつ例を挙げると血塊と呼ばれる粒状、レバー状の血の出る。それが出ている間は強い痛みがある。

A診断名。不妊鍼灸の場合。不妊外来と併用なさる方が多数を占める。よって病院で何かしらの診断がなされているケースも少なくない。たとえば腺筋症、筋腫、卵巣嚢腫、癒着、不育症などなど。

Bお腹を触ると硬結か圧痛がある。とくに下腹部にその傾向があらわれやすい。

C舌診。とくに舌下動脈が太く、紫色を呈す。

脈にもあらわれることもありますが、かなり高度な診断なので割愛します。

 

この状態の方がこの10年くらいで凄く増える。

血オは2次病理なのでその原因となり1次病理が存在する。

これはまた追々書こうと思う。

 

t3.gif

※新着時期を過ぎると左サイドバー《不妊症》に収められています。