中医臨床・針灸質問コーナー

2020/6

季刊誌「中医臨床」の名物コーナーに《針灸質問コーナー》があります。

このコーナーは僕が回答者落として書いた記憶がありませんでした。

 

ところが掃除をしていたらバックナンバーが出てきて通巻116号に証と病位、行気の重要性をろんじていました。

全く記憶が飛んでいたのでびっくりです。11年前のことでした。

 

今より複雑な理論体系を構築しています。

今はもう少し粗い((´∀`))ケラケラ

基本は変わりませんが、咀嚼の違いで広げたり、縮めたりします。

 

理論とは7割以上の事象の「過去のものが分析でき、現状を把握でき、未来を予測できるもの」だと思っています。

 

その理論の大半は臨床から生まれます。つまり患者さんに教えられるわけです。

有難い話です。

 

 sakura3.jpg

※新着時期を過ぎると左サイドバー《論文&講義》に収められています。