顔面神経麻痺

R1,6/18

タイプ別シリーズ顔面神経麻痺です。

 

東洋医学では顔面神経麻痺を面タンと言います。(変換できないのでカタカナで失礼します)

 

主に突然発症し一側の口、目が歪み、顔面部は麻痺し板のような表現をする。どの年齢でも発症する可能性があり、比較的男性が多いとされている。

 

大多数は顔面部に冷えを受けることや睡眠中に風寒の邪を受けるなどの病歴がある。

 

現代医学の中枢性と末梢性の顔面神経麻痺に分けられ、本章は末梢性の顔面神経麻痺について書いていきます。

 

顔面神経に支配されている顔にある筋肉の運動麻痺をベル麻痺と言います。

このベル麻痺の原因は明らかになっていませんがウイルスが関与しているといわれています。

 

顔の筋肉が動かなくなったら、現代では病院がファースト選択になるでしょう。

中枢性でなく末梢性であれば薬物療法(抗ウイルス、ステロイド、ビタミン剤等)が一般的かと思います。

 

その次の選択肢の一種として鍼灸が入ってくる方が多いように感じます。

 

主に急性期が多いので急性期症状に限定して今回は書きます。

 

突然発症し一側の顔面部の板のような感覚麻痺、目が閉じられず涙を流す、口角が落ち、頭痛、耳の後ろや耳の下の疼痛などが主な症状。他に冷たい風を受ける、発熱、歯痛、中耳炎、帯状疱疹などの病歴がある。

 

東洋医学では、顔面神経麻痺の急性期は原因は風寒の邪の侵入が一番病因になります。

そして治療としては風寒の邪を取り除く治療を行います。代表穴でいえば合谷や足三里などの顔面部にまで伸びる陽明経のツボを使って行います。

 

このような考え方で顔面神経麻痺を治療していきます。