ぎっくり腰を回避する

ぎっくり腰は、様々な原因で起こります。
繰り返す人は背後に椎間板ヘルニアがあることも少なくありません。
外界の影響(冷えや湿気)を受ける人もいます。
ただ、きっかけになる動きが必ずあるのです。

ほとんどの人が。。。。。????、体を反らし、腰が入った瞬間にぎっくり腰が発生します。
例えば、不自然な姿勢で靴下を履き顔を上げた瞬間・・・。
洗顔後に鏡を見た瞬間・・・・。
目の前の荷物を腕だけで取ろうと、顔を上げ体を反った瞬間・・・。

顔を上げると体は反りますね。
その瞬間に腰が入り、痛みが発生します。

つまり瞬間的に反らなければぎっくり腰の8割くらいは回避できます。
それには顔を最後の最後まで上げない癖をつけることです。
顔を先に上げるから体が反ります。

ほんとうに重いものを持ち上げようとするときなどは、腰を落とし、下から支えるように持つので、顔は上がらないものです。意外にぎっくり腰にはなりません。

片手でショイ程度の物を持とうとすると、上から引っ張るようにします。このとき顔が先に上がり、腰が入り、ぎっくり腰になるわけです。

顔を洗った時にぎっくり腰になるのではなく、鏡を見た瞬間になるのです。