不正出血の東洋医学的分類(崩漏)

『崩漏(ほうろう)』学生時代に初めて覚えた中医用語と記憶している。

当時はそれ以上調べることも、問われることもなかったが最近の臨床における随伴症状としてよく遭遇するために今一度調べてみた。

 

●崩漏とは?

いわば『不正出血』であり、月経期以外に性器から出血する状態を指す。

出血量や出血の様子により、『崩(ほう)』と『漏(ろう)』と分類される。

『崩』は出血が突然起こり、かつ出血量が多いものを指し、これに対し「漏(ろう)』は腹腔から漏れるような出血であり、少量ずつ持続的な出血を指す。両者は相互に転化することもあるために、『崩漏』と言われる。


●不正出血が生じる東洋医学的な原因

子宮へ気血を運搬するルート(衝脈・任脈)の損傷により、血液を子宮内に留めておくことが出来ず外へ溢れることにより生じる。

@子宮内に熱が生じること・A子宮内に血液を留めておく力の低下・B月経時に血液がすべて排出されず残存していることが原因となることが多い。


〇熱タイプの不正出血(血熱崩漏)

もともとの身体を温める力が大きい(陽性)体質の方に多く生じる。加えて、高温な気候・食生活(辛い者などの食べ過ぎ)・ストレスなどによって子宮への気血を運搬するルートが損傷することにより生じる。

経血色は深紅であり、めまい、顔が真っ赤になる、入眠困難、口が乾き冷たい飲み物を欲しがるなど熱症状が身体出現する。

熱が生じる機序により、以下4パターンに分類される。

 

@高温な気候(外感風熱)による不正出血

もともとの陽盛な体質に加え、高温な気候により子宮内に熱が生じることで不正出血が生じる。

膣から高温な気候が侵入するイメージ。

(身体に出現する症状)悪寒や咳・ひどい場合は高温の発熱、鼻血などが見られる

 

A脾胃湿熱による不正出血

もともとの陽盛な体質に加え、飲食不摂生や多湿な環境により消化器に熱が生じる。生じた熱が子宮への気血供給ルートや子宮に影響を及ぼすことで不正出血が生じる。辛いもの・味の濃いもの・飲酒過多などが主な原因となる。

(身体に出現する症状)吐き気、体が重だるい、泥状便、小便が赤くて量が多い、皮膚の痒みなど

 

B肝火による不正出血

もともとの陽盛な体質に加え、突発的な感情の変化により生じる。怒ると身体が熱くなるように抑鬱された感情の爆発は体内に熱を生じさせ、生じた熱が子宮への気血供給ルートや子宮に影響を及ぼすことで不正出血が生じる。

(身体に出現する症状)目の充血、口が苦い、側胸部の張り感、便秘など

 

 

C腎陰虚火旺による不正出血

体内が保有する保湿物質が不足することで生じた熱が体内に熱が子宮・子宮への気血供給ルートへ影響をすることで不正出血が生じる

加齢・長期間病気を患うこと・出血過多・多産などが保湿物質を損傷する原因となる。

(身体に出現する症状)膝腰の重だるさ・頭部揺れ・耳鳴り・口が乾くが飲み物を欲さないなど

 

長くなってしまったので、別タイプについてはまたの機会に…。

 

スタッフ 杉本

 

◎参考文献◎

「中医基本用語辞典」 東洋学術出版

「漢方用語大辞典」 創医会学術部

「430種疾病鍼灸表解」 中医古籍出版社

「中医症状鑑別診断学」人民衛生出版社

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《不正出血》に収められています。