のどが痒い(喉痒)

咽喉が痒いことを「喉痒(こうよう)」という。

体内の保湿物質や栄養物質が不足した結果、火灼して咽喉が養われないことによるものが多い。

胃の熱が火が燻じて肺に達することでも生じるがことではここでは「肺」の失調によるものに焦点をあてて解説する。

 

@風寒(ふうかん)喉痒

気候や気圧の変化・寒冷刺激が肺に侵入し機能低下を招くことが原因となる。肺の機能低下は全身のエネルギー供給・水液を供給する力の減弱を招く。咽喉部では潤い物質が不足した結果、痒みとなる。さらさらとした痰や鼻水が出る・のどはかすかに痛むといった症状を併発する。全身症状としては汗が出ない・全身の発熱・寒がり・頭痛などが出現する。

 

A風熱(ふうねつ)喉痒

気候や気圧の変化・高温な外的環境が肺に作用することが原因となる。水液を供給する力が低下されることに加え、体内の潤い物質が熱によって焼却される。咽喉部においても潤い不足が生じ、痒みが生じる。のどの渇きも伴うことが特徴。咳が出る・声を出しにくい・咽が赤くはれるなどの呼吸器症状、発汗・発熱・頭痛を伴うことが多い。

 

B肺燥(はいそう)喉痒

乾燥した気候が肺に侵入することが原因となる。乾燥は体内における乾燥症状を招く。肺においては気道における潤い物質を損傷させることに加え、肺自体の機能低下(全身のエネルギー・水液物質の運搬・気道を清潔に保つなど)が生じてしまうことで痒みが生じる。乾いた咳が出る・痰は少ない・ネバネバした性質のため吐き出しにくい・鼻は乾燥するなどの乾燥症状が特徴。

 

C肺陰虚(はいいんきょ)喉痒

肺の保有する潤い成分・栄養成分の不足が原因となる。長期間病気を患うこと・発汗過多などに由来する。肺は気道に通じているため、肺の損傷(潤い・栄養不足)が気道までおよび痒みが生じる。痒みの程度はわずかであることが特徴。身体症状はのどや口が乾く・咳が出る・痰はネバネバとしている・息切れ・声に力ないなど。

 

スタッフ 杉本